シボレー

ベルエアの中でも非常に希少な4ドアスポーツセダン

3M7A1237-1

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1950-1960年代

戦後の好景気によってアメリカ車の生産台数は増加し、ラインナップが拡大していった時代。テールフィンなどアメリカ車のイメージが確立されたのも大きなトピック。

4ドアスポーツセダンという超希少なベルエア
1957y CHEVROLET BELAIR【シボレー・ベルエア】

1950年代を象徴するアメ車の1台がシボレー・ベルエア。メジャーな2ドアモデルとコンバーチブル、さらにレアだが、認知度が高いステーションワゴンのノマドベルエア。そしてもうひとつのボディバリエーションが、実に希少な4ドアスポーツセダン。サッシュレスの4枚ドアを持つベルエアである。

3M7A1237-1

First Impression
仕上げ途中ながら
すでに見事な色艶を見せる

マッドネスモータースの井上代表から「まだ仕上げ途中です」と伝えられた57年式のベルエア。とはいえ、真紅の塗装やメッキ類は良好な状態にあり、このままでも十分という高いクオリティを確保している。また、経年劣化で透明度を失うことが多い前後の合わせガラスは、すでに新品のものへと交換されている。よって前後の視界は非常に良い。さらにリアのアイアンバンパーも新品へと交換されており、状態の良いメッキパーツと相まって、よりスタイリッシュなリアビューとなっている。

そして何より注目なのが、ベルエアなのに4ドアというボディだ。これは4ドアスポーツセダンというグレードで、ベルエアの中でも非常に希少なモデルだ。サッシュレスの4枚ドアを開ければ、新品に張り替えられたレザーシートが現れ、強烈な個性を放っている。

3M7A1296-1

テールフィンはこの年代のアメ車を象徴するリアビュー。メッキパーツも良好な状態を保っている。

Topic!

3M7A1257-1

1950年代のアメ車を代表する1台であるベルエア。それゆえ、かつては数多くの個体が日本にも存在していたが、ここに紹介する4ドアモデルは非常に希少な個体。4ドアスポーツセダンというグレード。

3M7A1315-1

エクステリアカラーと同じレッドカラーのインパネは割れなどもなく、非常に良い状態。細身の赤いステアリングはオリジナルで、ミッションはコラムシフトの3速AT。ゆえにフロントシートはベンチタイプとなる。

 

3M7A1261-1

ホワイト×レッドのツートンカラーのレザーシート。前後ともに張り替えを実施している。

 

仕上げ途中の個体なのだが、前後のウィンドーとリアバンパーは新品パーツへと交換済みだ。

 

エンジンは、オリジナルの289CIDエンジンのV8を積むナンバーマッチング。ラジエターはノーマルで、これにパワステとエアコン、大容量のオルタネータを装備し、快適かつ日常的に乗れる仕様へとカスタマイズされている。まだ仕上げ途中なので、追加の要望に対応することも可能だ。

Profile of the car
豪華な装備と
多彩なボディバリエーション

1955年、シボレーのパッセンジャーカーは大規模なフルモデルチェンジを実施した。そこでのコンセプトの一つだったのは、同じGMの最上級ブランドだったキャデラックにも負けないルックスをベーシックブランドにも与えるというものだった。

とくに最上級グレードだったベルエアには下級グレードの150や210ではメインモデルだった2/4ドアセダンに加えて、2ドアハードトップや2ドアコンバーチブル、さらには4ドアハードトップセダンまで用意されていたという充実ぶりだった。クロームメッキを多用した内外装トリム、充実したオプションの数々、さらにはベーシックな直列6気筒エンジンからV型8気筒もラインナップされ、その中には本来はコルベット様に開発されたメカニカルフューエルインジェクション仕様もあった。

1955年から1957年までのシボレーは一般にはトライ・シェビーと呼ばれ、シボレーの歴史の中でも特に人気が高いシリーズとして広く認識されている。

3M7A1252-1

「KELLY CHARGER」のホワイトレターが目立つ USブランドのタイヤを履く。トレッドパターンもクラシカルなデザインである。

取材協力
マッドネスモータース
所在地:埼玉県川口市本郷1-4-26
TEL:048-229-8396
http://madnessmotors.jp/

_F8A0364-1

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン

アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

  1. 2017 Lincoln Continental フラッグシップセダンのネーミングとして「コンチネンタル」が復活!…
  2. IMG_8993 GROOVY70’s ニッチでレアな過渡期にあった「…
  3. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  4. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  5. RSF_4598 アメリカを代表するスポーツカー「コルベット」を、大人っぽく、でも…
  6. _DSC1738 1967y Pontiac FIREBIRD ヴィンテージファイ…
  7. 0S7A0134_opt ビッグマスタングの愛称を持つファースト後期型【オートレイド】
  8. _B0V0908 クライスラー300用GIMMICフルエアロ!自由自在なオンリーワ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP