メーカーポンティアック

  1. DSC_9594

    丸目四灯モデルとして生産された最終型の1962年式ボンネビル。

    1960年代初頭における、アメ車の頂点とも言える存在

  2. 030-033邨ゆコ・337T5343譛€譁_opt

    入手困難になりつつあるポンティアック ファイアーバード トランザム【エフパフォーマンス】

    トランザムやカマロを20年以上専門に取り扱う東京都江戸川区のエフパフォーマンス。その他、マッスルカーをメインにアメリカ車を全般的にも扱い「クルマは飾りじゃない。乗って楽しむもの…」というスタンスで、機関系や足回り、ボディなどに手を入れ普段使いをこなせるコンディションへと仕上げている。

  3. DSC_1553

    ソルスティスの出会いは映画「トランスフォーマー」ポンティアック ソルスティス YUUKA ☆ アメマガガール

    名前は知っていたとしても実物を目にした人はそう多くない「ポンティアック・ソルスティス」。オーナーである彼女も納車するまでは実物を見たことがなかったらしい。しかし、そんなことはまったく気にならないほどゾッコンにさせたニクイ奴。

  4. _DSC1721

    優美なルックスを持つマッスルカーのパイオニア 1967y ポンティアックGTO【S&S】

    日本において、ポンティアックと言えばファイアーバード一色という印象が強いが、ブランド消滅寸前までG8などのハイパフォーマンスなモデルを積極的にリリースするなど、モダンマッスル系も含め本国にはその絶対数で劣るも、シボレー以上に熱狂的なファンが多い。

  5. 337T5386

    乗って楽しんでこそマッスルカーの魅力が分かる【F-PERFORMANCE】

    トランザムやカマロを20年以上専門に取り扱うF-Performance。その他、マッスルカーをメインにアメリカ車を全般的にも扱い、「クルマは飾りじゃない。乗って楽しむもの…」というスタンスで、機関系や足回り、ボディなどに手を入れ普段使いをこなせるコンディションへと仕上げている。

Recomendation

  1. K5でなく、あえてのGMCジミー【1987 GMC JIMMY】 DSC_4459
  2. ビンテージマスタング専門店の「ガレージK&M」に出入りするアメ車女子 0S7A3619_00001
  3. 映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア” 1967年 フォード・マスタング エノレア
  4. 風合い豊かな味が醸し出すテイストはまさにヴィンテージデニムのごとく Chevrolet C-10【HOT SPOT】 _B0V9436
  5. エスカレードにCTSを加えオーナーたちが全国から集結して最高の休日を過した DSC_0954
PAGE TOP