アメマガガールズ

使い勝手に優れるマグナムを愛車に子育てを満喫。ダッジマグナム MIKI ☆ アメマガガール

DSC_2882

WOMAN'S AMERICAN CAR LIFE AMEMAG GIRL
使い勝手の良さはもちろんブサカワなお尻も大好き

「16歳の時にクルマに目覚めました♪」というミキさんだけど、よくよく話を聞けば、それよりもさらに前の幼少期の遊びによって、現在に至る流れが形成されている様に思う。そして二児のママとなった今は使い勝手に優れるマグナムを愛車に子育てを満喫。

DSC_2934

幼い子を持つママには最適なステーションワゴン

DSC_2925

二児のママであるミキさんの愛車はダッジ・マグナム。早速話を伺ってみると、ご主人もアメ車乗りでH2を所有しているとのこと。購入したのもH2が先と聞けば、当然ながらご主人の影響を受けて購入したという流れだろうと勝手に推測し、真意を確認してみたのだが「それは違うかなぁ…」と。彼女がクルマに興味を抱き始めたのは16歳。まだ免許を取得できる年齢に達してはいなかったにも関わらず「クルマ馬鹿」と自負するほど。最初は国産スポーツカーに惹かれ、その後はVIPセダン、そしてアメ車という順番。強烈なインパクトはやはりアメ車でしか醸し出せないと。だが、さらに話を深掘りしていくと、彼女にはお兄さんがいることで小さい頃の遊び相手は男の子ばかり。となれば当然遊ぶオモチャも男の子向けの物ばかり。中でも当時ミニ四駆が大ブームだったこともあってそれを一緒になって組み立てて遊んでいたとかで、スカイラインGTRを知ったのもこの時だったと振り返る。今に至る流れは幼き頃より形成されたものだったのかもしれない。そんなミキさんの愛車は冒頭でも述べているとおりマグナム。「子供が二人いるので、ラゲッジの広いマグナムは使い勝手が良いです♪」とのこと。確かにステーションワゴンは使い勝手が良い。なのに現在では3メーカーのカタログからは姿を消してしまっている。その理由はSUVで代用してってことだと思うけれど、女性からすれば荷物を載せる際には車高の高いSUVよりも、ステーションワゴンの方が断然載せやすい。それとマグナムを選んだ理由はもう一つ。「先輩が乗るマグナムのブサカワなお尻に惚れちゃいました♥」とも。ボリューミーなヒップがたまらないみたい。そんなお気に入りのマグナムだが、スタイルは今年の2月に購入した時のままだという。しかし、レッドのセンターストライプを入れて、これに合わせてホイールもスポークのインナーだけをレッドにして、インテリアも色を合わせて仕上げたいというのが理想なんだって。でも本当はマッスルカーが好きらしく、カマロのコンバーチブルに乗りたいとも。それはもう少し子供が大きくなってからでも実現できそうだよね。

まだまだ二人の子供たちは幼いため手が掛かるとあって、マグナムは購入した時のままの状態。しかし、クルマ好きと自負するだけにカスタムには積極的で、もう少し手を掛けてあげたいと。

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

2018年アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. ダッジチャレンジャー、チャレンジャー、CHALLENGER カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ
  2. DSC_4517 ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】
  3. _N6I9096 ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C…
  4. _N6I4467 ノンターボで楽しむ チャレンジャー392 正統派モダンマッスル。…
  5. DSC_5340 旦那さんからサプライズプレゼント!GMCユーコンXLデナリ YU…
  6. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  7. _HMP8585 カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由
  8. チャレンジャーSRTデーモン、WORKマイスターM1R 世界を狙うラグジとWORKのチャレンジャーSRTデーモンカスタム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP