SUV

28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエスカレード

01_23A1487

EXTREME AMERICAN
2007 CADILLAC ESCALADE

世間のエコを真に受けて、大排気量と特大ボディを誇るアメ車に背を向けてはいないか? そんな甘ちゃんに喝を入れるべく、28インチ履き&内装フル張り替えのエスカで通勤から買い物までをこなす、自由な男を直撃した。

総張り替えの室内に爆音オーディオも完備

「乗りたくて買ったクルマだから、通勤のときでもいつでも乗ってます」。そう話してくれたオーナーの砂賀さんの言葉は、正論であると同時にインパクトが特大だった。なぜなら28インチ履きの外装にフルで張り替えた内装、ラゲッジを覆い尽くすオーディオと、いわゆるショーカーと言ってもいいくらいのカスタムを加えながらも、毎日の足に使うなんて、ちょっと常識的じゃない。さらに踏み込んで話を聞くと、「新車で発売されたときから、実はエスカレードが欲しかったんです。でも、さすがに高価で手が出せずにいました。それで何年か前の円高のとき、アメリカでベースカーを購入し、自分好みの内装やホイールのカスタムまで仕上げてしまったんです。エスカレードは実は見た目ほど取り回しが大変ではないので、足として十分使えますよ。お世話になったショップ『ジュンズクラブ』の社長さんとは、友人の紹介で知り合い、かれこれ20年来のお付き合いをさせてもらってます。だから、遠慮なく自分好みのカスタムをリクエストしました」と、お金が掛かるからとか、大きいからとか、何かと理由をつけてアメ車から遠ざかってしまった人たちには耳の痛い話題が続く。そう、大事なことは乗りたいクルマに乗ること。世間体よりも自分の気持ちを大事にするほうが、どれだけカッコいいことか、砂賀さんは行動で示してくれたのだ。憧れを憧れのままで終わらせないよう、2018年は自分の我を貫き通せ!

01_23A1487

ブラックのボディカラーだけではおとなしいので、お世話になっているショップやブランドのロゴを全身に貼って印象を強めている。マフラーは中間からリアまでギブソン製とし、迫力あるサウンドも演出。

02_23A1520

リアゲートを開けると、JBLのオーディオシステムとサインボードがラゲッジルームを覆っているのに遭遇。このシステムでヒップホップの音楽を鳴らしまくっているそうだ。

05_23A1557

エクステリアとの調和を図り、インテリアもブラックのレザー&アルカンターラでまとめ上げることに。赤のパイピングが、差し色としてかなり効く。アルカンターラの猛威はシーリングにも及び、高級SUVの風格を盤石のものとしてくれるのだ。

ホイールはレクサーニの28インチを装着。このサイズならインナーフェンダーを少し加工するだけで済み、足回りの加工が必要なかったことが選択の決め手になった。

06_23A1496

年齢が40の大台に乗ったとは思えぬほど、自由にアメ車のあるライフスタイルを満喫する砂賀さん。最近はイベントに参加することも楽しみの1つとしている。

07_23A1578

■ Thanks:JUN’S CLUB

Tel.0276-86-2012

写真◆佐藤亮太

文◆佐藤アキオ

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. _N6I0644 愛車のアピールポイントは、レアなサンルーフが付いているところです…
  2. 2018 Lincoln Navigator Black Label 新たなデザインテーマで復活した リンカーンのフラッグシップSUV…
  3. mets ローマイレージ車をベースに メッツ流カスタマイズを施したハマーH…
  4. DSC_1039_opt コンパクトJeepが今こそ注目なのです。ジープコンパス/ジープパ…
  5. DSC_4459 K5でなく、あえてのGMCジミー【1987 GMC JIMMY】…
  6. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  7. _8MA5477 すべて呑み込むブラック体躯 完成された洗練の「魅せる技術」シボレ…
  8. _N6I6334 ダークチェリーレッドのジープチェロキーに一目惚れ NAMI ☆ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP