マッスル

WE ♥ FORD!!ボクらのフォード愛はいつまでも!! FORD MUSTANG【owner/ エルドレッジ・ジェフリーさん】

_B0V7593

マスタングはボクのファミリー
大好きな日本で乗るのが夢だったんだ

_B0V7593

来日して 12 年。某学校で英語教師を務めるジェフリーさん。アメリカではフォード LOVE の家庭で育ち、愛車はマスタング以外手にしたことはない。そして日本でも、やはり手にした愛車はマスタングだ。

父がフォードの工場で働いていた影響で家族はみなフォードが大好きだったんだ

苦手な英語でどこまでインタビューできるか不安だったのだが 「今日はよろしくお願いします」と、流ちょうな日本語で挨拶をしてくれたジェフリー(通称ジェフ)さんにホッとする。日本に来て12年、関西のとある学校で英語教師として指導にあたっているだけに、会話は不自由ないようだ。

しかし愛車である15年型マスタング・50周年記念モデルの話になると、興奮するのか、あれほど流ちょうだった日本語が次第に英語に変わっていく…。それほど、マスタングのことが大好きなのだ。

ジェフさんのマスタングとの出会いは、もちろん故郷であるアメリカでのこと。父がフォードのデトロイト工場で働いていて、物心ついた頃から家には必ずフォードのクルマが並び、中でも父が一番のお気に入りというマスタングは、家族の誰もが大好きだった。「マスタングは家族みたいで大切な存在だったよ」というジェフさん。当然ジェフさんも愛車に選んだのはマスタング。73年型のマスタング・マッハ1に始まり、現在もアメリカの自宅にはマッハ1と15年型エコブーストが置かれている。 さらにマスタング愛は過熱し、友人とチームを作り別なマスタングでラリーに参戦。当初は遊び程度の草レースで楽しんでいたのだが、次第にエスカレートして最終的にはチームにスポンサーが付くまでに成長してしまったとか。

そんなマスタングライフを送っている頃、日本人の知人と出会い日本にショートステイ。 「鎌倉や京都など日本の古風な景色に感激し、秋葉原などホットなエリアも興奮したね。それで日本に住むことを決めたんだ」 。

それから12年、数年前に初めて日本で購入したクルマもやはりマスタング(11年型) 。そして今年、アメリカでも所有する同じ15年型を購入。 「家族をアメリカから連れてきたみたいで嬉しいね。日本の街並みを、このマスタングで走るのが夢だったんだ」 。

今回の撮影時には、ラリーで使っていたマスタングのホイールを取り寄せ、色もボディに合うようにブラックにペイントして装着。オリジナルのカタチが好きということで、カスタムはボディラインを崩さないやり方を検討中。

マスタングのこと、アメリカの家族のこと、そして日本のことが大好きなジェフさんは、本当にナイスガイだ。現在彼女募集中!?大好きな食べ物はカレーライス(笑) 。カレーが得意料理なアメマガガールいませんかね~。

_B0V7639

アメリカで愛車として乗っている 2015 年型マスタングと同じく 15 年型を購入。違う部分は、日本のモデルが 50 周年記念の特別仕様ということ。エコブーストで 50 周年記念モデルというのが決め手だったらしい。

_B0V7655

アメリカよりも、日本の道路でマスタングを走らせる方が楽しいというジェフさん。ラリードライバーの経験もあるため、運転テクニックはかなりのもの。

_B0V7684

下の写真にある、ラリーで使っていたマスタングのFORGESTARパフォーマンスの19インチホイールをアメリカから取り寄せ装着。それをブラックにペイント。

ジェフさんがアメリカで乗っていたマスタングたち。右下の 73 年型マッハ1と、15 年型エコブーストは現在もアメリカの自宅に保管されている。左下の強烈なペイントのマスタングは、知人と作ったラリーチームで活躍したモデル。

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. RSF_94571 2010y Dodge Challenger SRT8 オーバー…
  2. CA4R0005 初めてのクルマがチャレンジャーまさに“ 挑戦者” だ! 2010…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP