クライスラー

“悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライスラー300C【ジェットシティ】

_DSC77677

ラメ入りブラウンが神々しく輝く
CHRYSLER 300C CUSTOMIZE

同系のLXプラットフォームを持つチャージャーやチャレンジャーと比べ300Cはジェントルなイメージが高く、ボディカラーは黒・白のモノトーンが鉄板だ。そうした点から見ても、ラメ入りブラウンというボディカラーのチョイスは勇気の要る選択といえる。しかしこの選択は大成功。光の明暗でボディはゴールドにもなり、神々しく輝く。今後オールペンを検討するユーザーには、候補に入れたいボディカラーだろう。

_DSC77677

グリルはE&Gを装着しボディ同色にせずブラックを残したことでフェイスにコントラストを与えている。他にはクロスマフラー、ルーフ&トランクスポイラーを装着。ジェットシティで施されたカスタム車両に入るリアのピンストも隠れたアクセント。エアサスはユニバーサルエアだ。

ホイールはゴールドにも変化するボディに合わせヒプノティック24インチ。ブラックとゴールドにカラーコーディネートされている。

_DSC7727

インテリアも大きく変化。シートはブラックレザーを基調にオレンジのパイピング仕上げ。そしてヘビ革を大胆にバックシートに使い、アルカンターラで張り替えたルーフにもヘビ革が入る。シートベルトもオレンジになるなど、ワンポイントのカラーリングが非常に効果的に映る。

_DSC7752

【OWNER/内田勇馬さん】

_DSC7784

近寄りがたいオーラを放つブラウンボディ。300Cが持つ「悪さ」を最大限に引き出すスタイルは、300Cならではのカスタマイズとなっている。徹底的にアウトローを目指す!これが300Cの永遠のテーマだ!

■問合せ:JETCITY 【http://carshop-jetcity.com/】

■Photos/高原義卓 ■Text/相馬一丈


関連記事

  1. RSF_3242 初のアメ車は一目惚れで手に入れたキャデラックブロアム Nextc…
  2. DSC_3977 セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモ…
  3. AL3O06951 CHALLENGER NEW PARTS.1 チャレンジャー用新…
  4. CA4R003999 話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ …
  5. DSC_5361 ミニバン大国の日本市場 本場流で差別化を図る クライスラーパシフ…
  6. _N6I1950 かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。…
  7. 1962年 リンカーン コンチネンタル 大統領専用車に採用されたリンカーン・コンチネンタルの4代目モデル…
  8. Chevrolet Malibu、シボレーマリブ 当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP