SUV

グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バーニーズ】

0S7A0117_opt

ラグジーなだけじゃないカチッとした走りが魅力
2015 CADILLAC ESCALADE

優美なスタイリングと最新鋭のメカニズムによってキャデラックならではのスティタスが際立つ現行型エスカレード。三重県に店を構える「バーニーズ」がオススメするのは最上級グレードのプラチナムだ。このスーパープレミアムなSUVの魅力をお伝えしよう。

0S7A0117_opt

グローバルスペックの最高級SUV

三重県内では、唯一のGM認定サービスショップである「バーニーズ」は、GMを中心とする人気のSUVから、趣味性に富んだクラシックなモデルまで、幅広いラインナップでユーザーのニーズに対応している。広い敷地には、ショールームが完備され、プレミアムな現行モデルや、コレクタブルなビンテージモデルをラインナップ。設備の行き届いた自社工場では、GMジャパンでトレーニングを受けた高い知識と技術を持ったメカニックがメンテナンスからアップグレードやカスタムにも対応しおり、メインのGM車の他、Ford、Mopar、逆輸入車まで、フォローしている。

コレクタブルなビンテージモデルも、気になるところだが、今回は現行型(2015年型)キャデラック・エスカレードをフィーチャーする。スタンダード、ラグジュアリー、プレミアム、プラチナムの4つのグレード中でも最高峰となるプラチナムグレードが今回の撮影車両となる。高級SUVの頂点として常に進化を遂げていエスカレードだが、4世代目となる2015年型では、歴代モデルと比べても、内外装、メカニズムにおいても、よりキャデラックらしいアイデンティティーが色濃く反映されており、SUVというカテゴリーに関係なく、1台のラグジュアリーカーとしても、世界基準で頂点的な存在といえるだけのファクターを兼備えている。

また、黒や白といった無難な車体色に集中しがちな日本において、こちらの個体は“シルバーコーストメタリック”というスペシャルカラーなだけに、よりステイタス性に富む存在。ルックス、コンディションともに、工場出荷状態をキープした希少な個体なのである。

0S7A0210_opt

4thとしてアップグレードされた2015年型では、エッジの効いたシャープなスタイリングに磨きがかかったことで、よりキャデラックらしさが高まっている。目力のあるヘッドライトや、Cピラー全体をカバーしながら張り出すテールランプのデザインも秀逸。ミラーやドアハンドルなど、様々な所にもLEDを駆使したイルミネーションが盛り込まれ、アミューズメント的な楽しさを味わえるのだ。

0S7A0349_opt

搭載される6.2ℓエンジンは、420hpを誇りながらもクリーンガス&低燃費なEco Tec3。トランスミッションは6速オートマチックの6L80。最新では8L90の8速ATが導入されているが、6速車でも全くといってもいいくらいに変速ショックはなく、スムースなドライバビリティを味わうことができる。

0S7A0310_opt

一体感あるダッシュからセンターコンソールまでのデザインや、スポーティなアプローチのセパレートシートのデザインからは、ツーリングカー的なアプローチが感じられ、単なるラグジュアリーを超えた質の高さを感じる。シート、ペダルなどは電動アジャスト式(マッサージ機能付き)でポジションは自由自在。コンソールにはクーラー機能を完備、グローブボックスの開閉や、サードシートの折り畳みに至っても、全て電動式という豪華仕様となる。

ステアリング、シート、ペダルのいずれも、電動アシストによるボタン操作によって、ドライバーに完璧にマッチする運転姿勢を確保できる。さらに操作の全てに関係するタッチも絶妙なため、サイズ/車重を意識せずにイージーなドライブを楽しむことができるエスカレード。SUVならではのゆとりのある居住空間は、これまでよりもデザイン面でツーリングカー的なアプローチが強調されていることもあり、ポテンシャルの高さも相まって、実際の体感的にはツーリングカー的な良い意味でのタイトさを味わうことができた。

0S7A0379_opt

BERNESE【バーニーズ】
住所:三重県津市藤方530番地
Tel:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp/

サバーバン、エスカレードなどのプレミアムSUVをメインとしながらも、ユーザーニーズに合わせて新旧様々なモデルに幅広く対応するプロショップ。三重県内では唯一のGMジャパン認定工場として、メンテナンスからアップグレードまで、質の高いサービスを提供してくれる。また独自の保証も用意されているため、アメ車ビギナーの人でも安心なのだ。

PHOTO■能勢博史 TEXT■石橋秀樹

アメ車マガジン 2018年1月号掲載


関連記事

  1. DSC_5915 DIYで仕上げたハイリフトに 14.0Jの刺激的なボトムスで攻め…
  2. 01_23A1487 28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエ…
  3. DSC_6128 エスカレードに引けを取らないラグジュアリーさがウリ GMCユーコ…
  4. _8MP5761 正規ディーラーのカスタムハマー ノウハウをたっぷり注いだハマーH…
  5. 2018 Jeep Wrangler Unlimited Sahara 2018年モデルで次世代JLへ 最新技術を搭載したオフロード王 …
  6. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  7. DSC_1039_opt コンパクトJeepが今こそ注目なのです。ジープコンパス/ジープパ…
  8. IMG_8198 センスが光るタホのパネル仕様【1999 Chevy Tahoe】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP