SUV

二桁万円から狙える本格派アメリカンSUVを1ナンバー登録でお得に!シボレートレイルブレイザー【ACデルコ滋賀東】

DSC_2164_opt

近畿運輸局認証工場であり、ACデルコの正規サービスセンターとして、確実な知識と整備力でアメ車乗りたちをサポートする琵琶湖湖畔の駆け込み寺。その同社が今もっともオススメする車両がトレイルブレイザーだ!

CHEVROLET TRAIL BLAZER LOW DOWN STYLE(右)
CHEVROLET TRAIL BLAZER LIFT UP STYLE(左)

DSC_2164_opt

日本の道路事情に適したサイズ感が魅力

全長4.89m、全幅1.9mで狭い路地も気負いすることなく走れて、市街地コインパーキングでも困ることのない手頃なサイズ感。それでいてアメリカンSUVとしての風格は十分と言えるトレイルブレイザー。扱いやすくて燃費も上々、さらに正規ディーラーから販売されていたこともあって、初めてのアメ車にトレイルブレイザーを指名買いする人も多く人気を博した。5人乗りのほか、全長を延長して7人乗りを確保したEXTやV8モデルの登場もあって、選択肢が広いのも人気の理由である。そんなトレイルブレイザーも15年の時を経て、新車価格400万円前後だったのが今や中古車市場では100万円前後から店頭に並ぶ時代…。この価格差だけを見てもお得であるが、本質はそこではない。今回もっとも声を大にして言いたいのは1ナンバー登録が可能になったことだ。大排気量車のデメリットである税金。V6と言えども排気量が4ℓ超えともなれば毎年かなりの出費である。その税金を年間1万6千円程度で済ませられるのが1ナンバー最大のメリット。高速料金の割り増しや毎年車検のデメリットもあるが、10年以上経過したクルマにとってみれば毎年整備士に診てもらう方が安心。乗車定員は4名となるが大家族でもない限りここでネックになるオーナーもそう多くない。さらに言えば、ライバル車であるデュランゴに比べてディーラーモデルが数多く、履歴のハッキリした程度の良い個体がまだまだ多数存在しているため、それらを安く購入して取り上げた車両の様にローダウン、リフトアップスタイルへとカスタム費用に回すのも手。もっとインパクトのあるカスタムももちろん不可能ではないが、リーズナブル且つ安全に、普段乗りでマイナスにならないレベルでカスタムを楽しむのならこれ位がベスト。上げ過ぎ、下げ過ぎは乗り心地の悪化や車検対策など手間や費用がかさむもの。リーズナブルにゲットできてもランニングコストが掛かり過ぎては本末転倒。そこまで見据えてオススメしてくれるあたりが一般的な販売店と認証工場の差。整備士がオススメするコストパフォーマンスに優れた本格派アメリカンSUV。大いにアリと言えるだろう。

プロジェクターヘッドライト、スピードグリル、カーボンボンネットラッピング施工などでスタイリッシュなフェイス回りに一新。眼力をアップするだけでも格段に印象がアップするものだ。

アイバッハのダウンサスペンションにマットブラックペイントされた22インチ履きでクールに仕立てたボトムス。デュアルステンレスマフラーによる程よい音量のエギゾーストノイズも特筆物。

コイルマウントスペーサーでフロント2インチ、リア1.5インチのリフトアップ。タホの黒塗り純正ホイール×マキシスビッグホーンのMTタイヤでワイルドに一新。

IMG_5568_opt

同社では認証工場における整備やカスタムのほか、デルコ製品をはじめとする消耗品パーツからレアグッズまで幅広く販売している。中でも最近人気急上昇中なのが本国生まれのケミカル用品リスロン。そして本格的な冬到来前に注文が殺到するという半ツヤ透明の錆び防止スプレー。どちらも店頭販売のほか、ネットショップからでも購入可能だ。

ACデルコ滋賀東サービスセンター
ADDRESS:滋賀県守山市今浜町2573-6
TEL:077-585-1999 FAX:077-585-1991
OPEN:10:00 ~ 19:00
CLOSED:第一火曜日・毎週水曜日
URL:http://acdelco-shigahigashi.com

DSC_2252_opt

Photo&Text◆石井秋良

アメ車マガジン 2018年1月号掲載


関連記事

  1. mets ローマイレージ車をベースに メッツ流カスタマイズを施したハマーH…
  2. The new 2017 Chevrolet Corvette Grand Sport combines a lightweight architecture, a track-honed aerodynamics package, Michelin tires and a naturally aspirated engine to deliver exceptional performance. The Grand Sport Collector Edition features an exclusive Watkins Glen Gray Metallic exterior with Tension Blue hash-mark graphics, satin black full-length stripes and black wheels. the new Grand Sport combines a lightweight architecture, a track-honed aerodynamics package, Michelin tires and a naturally aspirated engine. レースカーとしても通用する最高峰!! 2017y CHEVROL…
  3. _B0V1010-1 休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrole…
  4. 2018 Chevrolet Tahoe RST 前期フルサイズSUVブームの 主役となったGMの兄弟車たち シボ…
  5. CA4R0004 C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C…
  6. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  7. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  8. _N6I5951 IROC-Zをカリカリチューンした快速仕様【1989 Chevy…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP