シボレー

オフロード性能を強化し、フェイスも特別仕様となるシボレーシルバラードLT Z71【ファントム】

11

USED CAR
THE PICK UP TEST DRIVE
ショップがイチオシする
アメ車中古車を徹底試乗紹介
2017y CHEVROLET SILVERADO LT Z71

特別グレードの最新GMトラックを扱う埼玉県のファントムに、新たなモデルが入庫した。それが2017年型シルバラード・LT・Z71だ。オフロード性能を強化した装備と、フェイス周りのブラッシュアップなど、かなりそそられる一台。早速試乗して、その能力を見てみよう!

276

IMPRESSIONS
3人乗りという制限があるが
趣味クルマとしてはかなり使える

5.3L エコテック3 V8を搭載しているためエンジン始動は静かだが、このモデルには社外マフラーが装着しているため迫力あるサウンドを奏でる。が、このマフラーでは車検には通らないため、納車時には変更する必要がある。出だしの加速はゆったりとした反応になるが、踏み込めば一気に加速する。サスがオフロード用ということもあり柔らかめな印象もあるが、オンロードで気になるレベルではない。下り坂で速度を自動で抑えるヒルデセントコントロールなど、通常シーンで使えるシステムが備わっているのが嬉しいポイント。これにデフロックまで搭載しているのだから、アクティブな趣味を持つユーザーにはZ71はオススメだ。

271

最新のGM系トラックが続々入庫
こだわりのグレードも要注目!

日本のアメ車業界で「コレが一番売れている」というクルマが見当たらないなか、各アメ車ショップは独自のルートで様々な車種を展開し、販売する車両にも個性を出そうとしている。そうしたなか、埼玉県春日部市のファントムは、最新のGM系トラックや、フルサイズバンに特化した車種を展開する。特に一番力を入れているのがトラックで、モデルバリエーションが豊富なGM系のみを扱っている。過去にこの企画で同ショップのトラックを複数台紹介してきたが、それらはいずれも特別グレード。「車両に付加価値を与える」というショップの方針から、最新モデルというだけではなく、他とは違うグレードを選べるというのがファントムのやり方だ。今回紹介する2017年型シルバラード・LT・Z71もそんな一台で、ベーシックグレードのLTをベースとしてオフロード性能を高めたのがZ71だ。フェイスなども通常モデルとは大きく違うなど変更点もあり、同じ17年型シルバラードに乗るにしても差別化が狙えるモデルだ。現在ファントムにはこのシルバラードの他に、レッド&ブラックのカラーリングがインパクトのあるGMC・シエラ・ラリーパッケージも在庫中。低走行で程度の高い特別グレードモデルは中々巡りあうチャンスが少ないので、気になる方は早めにショップへ問い合わせるのがベスト。では、シルバラード・LT・Z71の詳細を見ていこう!

ボディ同色化されたフェイスと
強化されたオフ装備は大きな魅力!

シルバラード・LTをベースとして、オフロード性能強化装備、フェイスなどをボディ同色化するなど、ベースモデルとは大きく変更されているのがシルバラード・LT・Z71だ。この違いは購入の大きなアドバンテージとなるだろう。

11

充実のオフ装備は
オンロードでも役立つ

シルバラードはレギュラーキャブ/ダブルキャブ/クルーキャブの3つのキャビンから選べ、ベッドもショート/スタンダード/ロングがある(キャビンによって設定されないベッドもあり)。グレードはハイカントリー/LTZ/LT/LS/WTの5つ。紹介するシルバラードLT・Z71は、LTをベースとする、オフロードパッケージだ。特筆する追加装備は、ランチョモノチューブショック、トランスファーケースカバー、急坂で自動に速度を落とすヒルデセントコントロール、タイヤの空転を制御するデフロックが加わっているところ。本格的な悪路を走る場面がなくても、これらの装備は雪道や未舗装道路などを走る際には大きな武器となる。四駆というだけでこれらのシステムが無いモデルが一般的なので、これだけでも購入する価値は大きい。見た目ではグリルからヘッドライトにあるセンターバーがボディ同色化され、クロームロアバンパー、LEDフォグが追加。タイヤはZ71では18インチとなるが、この車両にはオプションの20インチが装着されている。インテリアも、専用トリムプレートやメータパネルトリムが変更されている。走行距離は約300マイル。隅々まで見ても新車状態。充実の装備が備わるZ71、間違いなく遊べるトラックである。

59

ベースグレードではグリルバーとヘッドライトベゼルはクロームとなるが、Z71ではボディ同色化される。他にクロームロアバンパー、LEDフォグが追加される。

172

レギュラーキャブ×スタンダードボックスの組み合わせ。ベッドはモデルの中で一番コンパクトだが、それでも2m弱の長さを誇る。純正オプションのロッカーサイドレールも装着。

エンジンはGMのエコエンジンである5.3L エコテック3 V8。巡航走行時に一部シリンダーを止める気筒休止システムを採用するなど、低燃費を実現する。355hpを発揮するなどポテンシャルも高い。

192

Z71の特徴は見た目だけではなく、オフロード走行に特化した装備も加わっている。前後にランチョモノチューブショックを装備し、トランスファーケースカバー装着、急坂で自動的に速度を落とすヒルデセントコントロール、デフロックが搭載される。

70

レギュラーキャブということで、センター可倒式シートの3人乗り。シートのホールド性も高く、安定したドライビングができる。ドア足元にはZ71専用のプレートが備わる

中間グレードのLTなのでヒートシーターなどの快適装備はないが、通常のLTよりもメーターパネルやドアパネルがブラッシュアップされて高級感が感じられる。トランスファーは現在のスタンダードになったダイヤル式、ヒルデセントコントロールのスイッチはセンターに配置されている。

■SPEC 2017y CHEVROLET SILVERADO LT Z71
全長×全幅×全高 5221×2032×1882㎜
ホイールベース 3022㎜
エンジン エコテック3・V8
排気量 5.3ℓ
最高出力 355hp/5600rpm
最大トルク 52.9㎏-m/4100rpm
トランスミッション 6AT

試乗SHOP
PHANTOM(ファントム)

埼玉県春日部市の国道16号沿いにあるファントム。エクスプレスやサバナの高年式モデルに加え、近年ではハイエースにもチカラを入れている。フルサイズバンのほかにもGM系トラックも多くそろえ、多様なグレード展開を行なっているのがポイントだ。豊富なパーツ販売も行なっているので、そちらも注目!

IMG_7012

2015年型GMC・シエラ・ラリーパッケージ

SHOP DATA

●所在地/埼玉県春日部市金崎656-1
●TEL/048-745-4446
●URL/http://www.phantom.co.jp
●営業時間/10:00~20:00
●定休日/年中無休


関連記事

  1. DSC_2095 異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコ…
  2. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】
  3. IMG_0861 人気上昇中の旧マスク・アストロを レトロポップに乗りこなす!【ピ…
  4. 2017 Chevrolet Silverado 1500 LTZ Z71 兄弟車も含めて豊富な選択肢がある GMの定番フルサイズトラック …
  5. DSC_6328 圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラ…
  6. _B0V0056 ランチェロを毎日乗り回せる、その秘密とは FORD RANCHE…
  7. 01 2012年のDUBショーで会場を賑わせたモデル シボレー カマロ…
  8. 2016 GMC Sierra All Terrain X 人気のフォードF-150ラプターへGMが放つ刺客となるのか? G…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP