ローライダー

ストリートで抜群に映えるロー&ワイドフォルムの威力 TOYOTA TUNDRA 【Honey D】

DSC_6167

SEMA SHOW2015でひと際異彩を放つ!!

DSC_6167

昨今のトラッキンカスタムシーンはリフトアップスタイルが主流である。そのスタイルもマイルドリフトからリハイリフトまで年々多様化しており、昨年開催されたセマショーでも上げ幅で注目を集める車両が数多く出展されていた。もちろん往年のスラムドスタイルも人気のスタイルとして不動の地位を確立しているが、ボディドロップやチャネリングなど、その手法は普段乗りを犠牲にしたカーショー目的のものが多い。

その図式を覆すべく、ロワードスタイルをターゲットにハイクォリティーなジャパンメイドでアメリカ向けに開発されたボディキットがハニーDだ。

注目すべきは車幅2・3m超えのワイドオーバーフェンダーである。現在市販されているフェンダーの大半はリフトアップを視野に入れたデザインであるが、それとは一線を画すロワードスタイルで映えるフォルム作りに着手した。また、トータルフォルムを考慮してフェンダーからフロントアンダーにかけてのシルエットをアグレッシブに演出するアンダースポイラーも同時にリリース!

異彩を放つニューカマーは、タンドラカスタムシーンの可能性をより一層深める存在であり、今期もっともHOTな一台といえるだろう。

ベースは高価なサスペンションが装備されているTRD PRO。その足を取っ払っての大胆なロワードカスタムに本国ビルダーたちも唖然。一目で分かる限定車専用ボディカラーの甲斐もあって、セマショーでは声を掛けられる度に「Why Japanese People!?」といった声も(笑)。 しかしその大胆かつ思い切ったスタイルは会場で注目の的となった。

DSC_6220

リム幅の深いフォージド2ピースのGRID 20インチ+ワイドトレッドスペーサーで総幅2.3m超えとなったボトムス。295/55R20サイズの極太タイヤでも超ワイドなHoney Dオーバーフェンダーならサラリと履きこなせてしまう。

LEDバーがセットされたT-REX製のグリルや、LEDスポットライトの追加などでアグレッシブかつワイルドな印象を強調。TRD PRO純正のインナーブラックヘッドライトとの相性も良く、オレンジ×ブラックのカラーバランスも抜群。

■取材協力:honeyD  PHONE#310-787-9500
■Text &Photo:石井秋良


関連記事

  1. _B0V522222 ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP