オープン

新車当時の生産台数が167台だけというレア車のダッジチャレンジャー・コンバーチブル

1971y ダッジ・チャレンジャー コンバーチブル、1971y DODGE CHALLENGER convertible

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1970-1980年代

オイルショックやマスキー法の成立など、時代の流れに翻弄されたのが、この時代。クルマ作りにおいても大きな変革期を迎えることになる。

わずか167台生産されたうちの1台という超レア物
1971y DODGE CHALLENGER convertible
【ダッジ・チャレンジャー コンバーチブル】

頻繁に渡米し、現地で実車を見てビンテージ・アメリカンを仕入れている愛知県の「KG ベース」。同店の車両は高品質なものばかりだが、その上、驚くほど希少な1台が入荷することもある。例えばこのチャレンジャー・コンバーチブルは、新車当時の生産台数が167台だけというレア車だ。

1971y ダッジ・チャレンジャー コンバーチブル、1971y DODGE CHALLENGER convertible

First Impression
「おそらくこれっきり」な
希少&上質なコンバーチブル

ビンテージ・チャレンジャーは高い人気を維持しているが、満足できるカーライフを送るためには、上質なコンディションが残っているものを選ばなければならない。

その点で、KGベースというショップは非常に頼もしい。2ヶ月に1度以上もの頻度で渡米し、現地で現車を確認してからでしか仕入れないというスタイルを徹底している。そのため、本当に良いものだけを見つけられるし、ときには希少な1台を見つけることもできる。このコンバーチブルは新車当時の生産台数が少ないという希少性に加えて、それが美しく残されているという、まさに「お宝」と呼ぶにふさわしい存在だ。

頻繁に渡米する同店代表が「これほどのクルマは、おそらくもう2度と入らないでしょう」と言うほどの掘り出し物である。

ボディカラーは伝統のプラムクレイジー。

ボディカラーは伝統のプラムクレイジー。美しい色合いが残り、ヤレや傷みは見当たらない。

Topic!

ブラックレザーでオリジナルのテイストが感じられる。

最低でも1度は張り替えられていると見えるインテリアは、ブラックレザーでオリジナルのテイストが感じられる。オープンカーはインテリアが見える機会も多いため、この自然な仕上がりとコンディションの良さは自慢できるポイントだ。

幌のカラーはブラック。幌は電動開閉が可能で、その可動もバッチリ。せっかくだから基本的には開けて走りたいが、閉めてもクール!

搭載されるエンジンは、440エンジンに3つの2バレル キャブレターを追加した 「シックスパック」

搭載されるエンジンは、440エンジンに3つの2バレルキャブレターを追加した「シックスパック」。撮影時もスムーズに始動して快音を鳴らしており、コンディションの良さが感じられる。このオリジナルを残しているのも貴重な証と言える。

2ヶ月に1度以上の頻度で渡米するKGベースが見ても「おそらく2度と入らない」と表現する希少な1台。

ガングリップのシフトレバーはオリジナル。ステアリングやインパネまわりは各部がウッドとレザーで飾られており、オリジナルテイストが残っている。年式と希少性から考えれば、破格のグッドコンディションである。

Profile of the car
ブームに遅れて登場した対抗馬
しかし高い人気を誇った名車

1960年代中盤~後半にかけて隆盛を極めたポニーカーブームの波に、遅ればせながら参戦したモデルがチャレンジャーだ。そのデビューは1970年モデルからで、1974年までに生産されたものが第一世代に相当する。なお、ライバルのマスタングやカマロは、同時期には第二世代に移行している。チャレンジャーは登場が遅かったため、ブームの波に乗り切れなかったと分析される傾向が強い。

初代チャレンジャーのシャシーは、クライスラーのBプラットホームを採用した、プリムス・バラクーダのEボディをベースとしているが、ホイールベースの延長など大胆な変更を施してある。

ボディタイプは2ドアクーペと2ドアコンバーチブルの2種類が設定され、さらにレース用のホモロゲーションモデルも登場した。

エンジンは3.7L直6、5.2LのV8、5.6LのV8、6.3LのV8、7LのV8、7.2LのV8が用意されていたが、生産年によってラインナップにバラつきがある。

BFグッドリッチのタイヤサイズは245/60R14 98Sがインストールされている。

ホイールもオリジナルテイストが残されている14インチ。BFグッドリッチのタイヤサイズは245/60R14 98Sがインストールされている。

■取材協力:K.G. BASE
所在地:愛知県春日井市味美町1-55-1 A棟
TEL:0568-29-9929
http://kg-base.com/

K.G. BASE、愛知県春日井市

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン

アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

  1. 1968 プリマス バラクーダ 360ストローカーの408ci搭載のストリートフレンドリーなバラ…
  2. 1996y DODGE RAM VAN 遠出からサーフトリップまでラムバンが大活躍!
  3. 2020 DODGE CHARGER SRT Hellcat Widebody DAYTONA 世界限定のデイトナ ヘルキャットよりも10hpアップの717hp…
  4. 華麗なるプリマス 一度乗ると虜になってしまう魅力を持つ「プリマス」車
  5. SEMAショーで見た同じスタイルの タコマを見てダコタでチャレン…
  6. IMG_0743 まさにマッシブなパワーがマッスルカーの真髄だ!
  7. アメマガガール、アメ車女子 近代モパーに魅せられた二人の美女、行き着く先はヘルキャット!
  8. 1975y Mercury Marquis、1975年マーキュリー・マーキー フォードとリンカーンの間に位置するマーキュリーブランド。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×