ビンテージ

ストリートロッドのベース車として、ダントツ人気のデュースこと32年型Ford

IMG_1559

コスパに優れたピックアップという選択

STREET ROD ECSTASY
1932 Ford Pickup

ステイタスの高い“デュース”において、フレンドリーなコマーシャル(商業車)をベースにしたストリートロッドは、コストパフォーマンスに優れ、カジュアルに付き合える魅力的な存在なのだ。

ストリートロッドのベース車として、ダントツ人気の“デュース”こと32年型Fordは、社外製パーツを駆使して、新車として構築するケースが主流。オリジナル品となると希少なだけでなく、ボディ単体でも数万ドルを超えるケースもあるほどバリューが高いため、ファクトリーのスチールボディ車にこだわると、手の届かないほどの高額になってしまう…。それでも、コマーシャル(商業車)であるピックアップがベースであれば、この個体のように、パッセンジャー用のグリルを採用し、ストリートロッドとしてそつなくアレンジした状態でも、400万円~で乗り出すことが可能なのだ。ピックアップは最もアメリカらしいカッコ良さを備えているし、ホビーとして割り切れば、室内の狭さも問題なし。高い理想を掲げても、入手できずにいるならば、コスパに優れるピックアップを入手して、HOT RODライフを満喫する方が遥かにスマートだろう。何はともあれ、実際に乗って楽しむことこそが、ロッダーの流儀なだけに、コスパに優れるピックアップでフレンドリーに楽しむのがオススメ!

IMG_1565

本来縦長なキャビンは、絶妙なチョップトップによって、スタイリッシュなシルエットを獲得。ピックアップなどの商業車では、チープで武骨な専用グリルが採用されているが、パッセッンジャー用のいわゆる“ デュースグリル” にアレンジ済み。

IMG_1559

 

ストックに準じたドロップチューブは、理想的なプロポーションを構築するうえではワイドトレッドは不向き。そのため日本のFF車用のオフセットのホイールを採用することで、足回りの変更をせずしてクールなルックスを確保。FORDのハブキャップをアレンジすることで、違和感なくまとめたトリッキーかつスマートな手法。

IMG_1562

 

この個体は351クリーブランド&C4と、FORDの血統でアップグレード! マッスルカーとしては誇れなくとも、軽量なストリートロッドにおいては、必要にして充分なポテンシャルを発揮する。

IMG_1586

 

スチールむき出しで簡素なドアパネルは、コマーシャル・ビークルならでは。ダッシュは、本来ゲージが収まる中央部分をスムーシング。そのためなのか、ゲージ類はファイヤーウォールに設置というイレギュラーなスタイル。

IMG_1581

Special Thanks ◆ Deuce Factory
Phone ◆ 045-333-4877

Photo & Text ◆ Hideki Ishibashi

アメ車マガジン 2018年 9月号掲載


関連記事

  1. 1970 DODGE CHALLENGER ダッジの象徴的なモデルの70年型チャレンジャー
  2. 2015 FORD MUSTANG EcoBoost Convertible WIDE BODY このマスタングのオーナーさんが出した答えはコンバー×ワイドボディ…
  3. 2020 FORD EXPLORER ST、2020 FORD EXPLORER PLATINUM 遂にパフォーマンスグレードが登場!400hpを発揮するエクスプロ…
  4. B0V8232 何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC…
  5. 1957 CHEVROLET 210WAGON AZRはカスタムだけにあらずビンテージも熱い!
  6. マスタングシェルビーGT350 大排気量NAエンジンを6速マニュアルで思いのままに!マスタングシ…
  7. 2003y FORD THUNDERBIRD サンダーバードだけが放つ唯一無二の存在感
  8. 1969 Chevrolet Camaro RS、1969 Chevrolet Camaro Convertible 【1969年型 シボレーカマロ】絶品コンディションのベビーカマロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×