ピックアップトラック

アメリカはもちろん日本でも「スクエアトラック」がキテる!!!

1970 Chevrolet C20(1968 Look)、シボレーC20

SQUARE TRUCKS
AWESOME & BADASS AMERICAN TRUCKS
スクエアトラック、コイツは相当ワルだぜ!!!

アメリカはもちろん、ここ日本でも「スクエアトラック」の人気が急上昇! アメ車=トラックと言えるほどにアメ車の中では人気カテゴリーのピックアップトラックだが、今回フィーチャーするスクエアトラックとは、50~80年代のフリートサイド(厳密にはフリートサイドとはシボレーの呼称だが、他メーカーでも総称してそう呼ぶことが多い)仕様の、まさにスクエアなトラックのことを指す。この人気っぷりはマッスルカーブーム以上の加速度となっており、本来安価だったはずのトラックの価格が高騰しているのだ。その存在そのものがワイルドで「BADASS」なスクエアトラックムーブメントに乗り遅れるな!

1970 Chevrolet C20 (1968 Look)

1970 Chevrolet C20(1968 Look)、シボレーC20

 

1966 CHEVROLET C10

1966 CHEVROLET C10、シボレーC10

 

1961 GMC

1961 GMC

 

1972 GMC C1500

1972 GMC C1500

アメリカではピックアップトラックがとりわけ人気があるのはご承知の通り。様々なボディスタイルが存在する現在でも、販売台数でNo.1 といえばピックアップトラックだし、それだけに、日本車メーカーも北米マーケット専用にピックアップトラックをラインナップしているほど。荷物をどれだけ積むかに関わらず、通勤の足としてピックアップを選ぶケースも珍しくないほど、一般的に生活に浸透しているのだ。

また、シンプルでタフな構造ゆえに、50年代のモデルが現役で活躍するなど、ビンテージカーの現存率が高いのもポイント。近年のマッスルカーブームが定着し、旧車全体の人気が高まる中、クラシックなフルサイズ・ピックアップの人気が急上昇しているのだ。モデルイヤーが古いほど、希少でバリューも高額となるのだが、クーペなどに比べれば安価なうえ、整備やカスタムにおいての扱いやすさも相まって、若い世代の間でもカジュアルに楽しまれている。

そうした状況は、今に始まったことではないのだが、近年の人気の上昇っぷりは極端で、クルマが集まる所に行くとピックアップの圧倒的な多さを目の当たりにすることができる。趣味のフィールドにおいての人気モデルは定着しており、そこから外れたモデルは過去にはスルーされていたのだが、近年ではむしろニッチなモデルにこそ魅力を見出す傾向が高まっている。それまで人気だった車種に加えてニッチなモデルのニーズも高まっているため、クラシックなピックアップのバリューは全般的に上がっているのだ。

そんな中でも、今回はとりわけ人気となっているフリートサイドなどのボディシェイプが「スクエア」なモデルをフィーチャーする。ベースモデルやスタイルなど、アメリカでのトレンドを反映する4台(上の写真)をチェックしていこう!昔からピックアップトラックの人気は高かったが、最近の「スクエアトラック」の人気はハンパない! 日本でもブームがキテいるが、本国アメリカでの人気沸騰っぷりは尋常ではなく、カーショーやミーティングにおけるスクエアトラックの割合がかなり高くなっているのだ。

アメ車マガジン 2018年 12月号掲載


関連記事

  1. _N6I1950 かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。…
  2. DODGE RAM、ダッジラム アウトローな雰囲気で独特の存在感を放つラムトラック。
  3. 1973 Pontiac Firebird Trans-Am、1973 ポンティアックファイアーバードトランザム 入手困難になりつつあるポンティアック ファイアーバード トランザ…
  4. _N6I2636 映画「グリーン・ホーネット」の劇中で実際に使用されたインペリアル…
  5. IMG_3212 ストリートロッド界きっての、激レアでマニアックなスポーツクーペ
  6. DSC_9882 セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 197…
  7. GMC SIERRA、CHEVROLET TAHOE SUVからバン、パッセンジャーまで幅広いラインアップを誇る、札幌…
  8. 華麗なるプリマス 一度乗ると虜になってしまう魅力を持つ「プリマス」車

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP