セダン

チャージャーを選んだ理由は「周りにクーペが多いから被りたくない」から

2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー

2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー

2013 DODGE CHARGER

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

 

カスタムの原動力は誰にも負けたくないという思い

広島のジェットシティに訪れると、若者のクルマ離れという問題が感じられないほど、若い世代のオーナーが多く集まる。そして誰もが、自分だけの個性を出したいとカスタムを楽しんでいる。13年型チャージャーに乗る甲斐さんもまた、誰にも負けたくないという志からカスタムに没頭する一人だ。

 

周りに影響されてアメ車デビュー

カマロチャレンジャーなどをベースに、誰もが目を奪われるカスタムモデルを製作してきた広島のジェットシティ。それにより同ショップには、カマロチャレンジャーマスタングといったクーペモデルを手にしてカスタムに励むオーナーが多く集まってきている。そしてその多くが、とにかく若い世代。代表である萩原氏は「俺の気持ちが若いからかな」と冗談ぽく笑うが、クルマの事はスタッフに任せ、代表はオーナーと一緒に楽しく遊ぶことだけを年中考えている(スタッフ談)から、あながち間違いではないようだ。

そんなジェットシティには、アメ車だけではなく国産車に乗るオーナーも集まる。そこにはアメ車が偉いという空気はなく、同じクルマ好きとしてオーナー同士は接しているが、どうしても多数派はアメ車。そうすると、おのずと「俺もアメ車に乗ろうかな」というオーナーも出てくるのだ。

今回紹介する甲斐さんもまた、以前は国産車に乗って同ショップに足を運んでいたが、アメ車に乗る周りのオーナーに影響されてチャージャーを手にした一人。チャージャーを選んだ理由は「周りにクーペが多いから被りたくない」ということから。当然ながらノーマルで乗るつもりは一切なく、購入と同時にカスタム着手。見応えたっぷりの姿を見せているが「まだ未完成です」と、甲斐さんの求める姿はこんなもんじゃないようだ。その披露はまたいずれということで、まずは現状のスタイルを見ていこう。

カスタムの最終段階はREX CUSTOMSHOWで披露!

JET CITY × DODGE CHARGER

2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー

OWNER:TOMOYA KAI

人と被らないカスタムを目指す!

甲斐さんの13年型チャージャーは元々はブラックボディで、そこにユニバーサルエアのエアサス、BCフォージド・HCS05SのF22×10J、R22×10.5Jのホイール(ディスク・ローズゴールド、リム・ポリッシュ)を装着し、マフラーはボーラを組み込んだ仕様に仕上げた。しかし、ジェットシティに訪れる周りのオーナーと見比べると、まだまだインパクトが弱いと感じて、そこからさらにオリジナルのシャンパンゴールドにオールペンし、ボンネットやCピラー部分にピンストを入れて大胆にリニューアル。

ジェットシティが主催するカスタムショー「REXカスタムショー」が2019年4月21日に開催することが決まり、現在はそれに向けてBIGキャリパー、エアサスバルブシステム、ヘッドライトの交換を予定。周りに影響されてアメ車を購入した経緯はあるが、購入した今となっては皆がライバル。誰にも負けたくないという思いが、甲斐さんのカスタム魂を熱くさせているようだ。

2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー

2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー

ホイールはBCフォージド・HCS05S・F22×10J、R2210.5Jを装着

2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー

ボディはシャンパンゴールドにオールペンし、ボンネットやCピラー部分にピンストが描かれている。ホイールはBCフォージド・HCS05S・F22×10J、R2210.5Jを装着。ジェットシティが現在積極的に行なう着地仕様にするため、マル秘加工を行なってユニバーサルエアのエアサスを組みこむ。マフラーはボーラ。

JET CITY【ジェットシティ】
TEL:082-820-0377
http://carshop-jetcity.com

■写真/高原義卓
■文/相馬一丈


関連記事

  1. EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」エッジ…
  2. 2018ダッジデュランゴSRT、2018 DODGE DURANGO SRT 2018年型ダッジ・デュランゴは3列シートを備えた世界最速モデル…
  3. 1968 Chevrolet Elcamino、1968 シボレー エルカミーノ もっとも人気の高いセダンピックアップのエルカミーノ、スタイルよし…
  4. 1979 DODGE VAN B-200 バンのカスタマイズを語る上で、絶対に外せない“バニング”を現代に…
  5. AM3I0150 高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 …
  6. DODGE CHALLENGER 白黒基調で往年の旧車らしさが際立つチャレンジャー
  7. _HMP1058 淑女のフリをした魔性の化け物 チャレンジャーその究極形【フェアラ…
  8. DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、ダッジチャレンジャー R/T シェイカー 60’s、70’sのモパー系を色濃く感じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×