SUV

漂う新時代の予感、グランドチェロキーカスタム

ジープグランドチェロキーSRT、JEEP GRAND CHEROKEE SRT

2016y ジープグランドチェロキーSRT、2016y JEEP GRAND CHEROKEE SRT

JEEP GRAND CHEROKEE SRT

EXTREME AMERICAN

ラングラーによってジープの人気は絶好調だが、実はフラッグシップのグランドチェロキーの人気も上昇中。様々な車種の販売、カスタムを行なう埼玉のオールインポートでもグランドチェロキーの問い合わせが多く、カスタム依頼も増加。完成したばかりのエアロをまとった2台を紹介しよう!

欧州車と比較して、グラチェロを選択が増加

今、アメ車の中でもっとも安定した人気を誇るのがジープだ。その中心となるのがラングラーだが、フラッグシップであるグランドチェロキーの人気も上昇中だ。埼玉県のオールインポートでは、ポルシェ・カイエンなど欧州車SUVと比較してグランドチェロキー・SRTを検討するユーザーの来店が多く、装備内容、エンジンに対して金額のコスパがよく、6.4ℓHEMIの走りにも十分納得して購入にいたるとか。加えて同ショップの強みであるカスタムもグラチェロに取り入れているため、続々とユーザーが増えている。

今回紹介する2台は、アメリカニューヨークのパーツブランド「SARONA」のエアロキット(フロントスポイラー・サイドスカート・リアディフューザー)をまとったグラチェロ・カスタム。ブライトホワイトボディのモデルは、FERRADA・FR FR33マットブラック・22インチ×10.5Jの特注オフセットホイールを履き、ベルベッドレッドパールボディのモデルは同じくFERRADA・FR4ブロンズカラーの同サイズを履く。アイバッハローダウンサスも2台共に装着済み。

ジープグランドチェロキーSRT、JEEP GRAND CHEROKEE SRT

2014y ジープグランドチェロキーSRT、2014y JEEP GRAND CHEROKEE SRT

2台とも同じSARONAエアロキットを装着するが、サイドスカートの形が違い、カラーリングもボディに合わせてホワイトマッチペイント、マットブラックペイントという違いを用いている。

充実な装備がそろうグランドチェロキー・SRTをベースにカスタムすれば、満足度はかなり高くなるのは間違いない。今後絶対にグラチェロカスタムは熱い!

2016y JEEP GRAND CHEROKEE SRT

2016 ジープグランドチェロキーSRT、2016 JEEP GRAND CHEROKEE SRT

マットブラックのSARONAエアロキットを装着

マットブラックのSARONAエアロキットを装着

マットブラックのSARONAエアロキットを装着

FERRADA・FR4・ブロンズカラーの22×10.5J

ディーラー車のグランドチェロキー・SRTナイトエディションをベースに、マットブラックのSARONAエアロキットを装着する。ホイールはFERRADA・FR4・ブロンズカラーの22×10.5J、特注オフセット。タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ(305/35R22)。アイバッハローダウンサス、コルサエアインテーク。本国仕様のナイトエディションのように、ルーフとルーフスポイラーをグロスブラックに変更しているのも、知る人ぞ知る変更点だ。撮影には間に合わなかったが、GThausの爆音可変マフラーを今後装着予定。

 

2014y JEEP GRAND CHEROKEE SRT

2014 ジープグランドチェロキーSRT、2014 JEEP GRAND CHEROKEE SRT

SARONAエアロキットを装着

SARONAエアロキットを装着

SARONAエアロキットを装着

FERRADA・FR3マットブラックの22×10.5J

オーナーは2019年春にチャージャーから乗り換え。SARONAエアロキットを装着し、マッチペイントを施す。ホイールはFERRADA・FR3マットブラックの22×10.5J、特注オフセット。タイヤはライオンハート(305/35R22)。アイバッハローダウンサス、コルサ・キャットバックエキゾーストキット、 コルサエアインテーク。

Produe:ALL IMPORT
TEL:048-959-9419
HP:http://www.allimport.jp

写真:古閑章郎
文:相馬一丈


関連記事

  1. アメマガガール、ジープレネゲード デザートホーク、JEEP RENEGADE DESERTHAWK 愛車はジープレネゲード、通常のラインナップにはないグレードのデザ…
  2. _HMP8585 カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由
  3. 01_23A1487 28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエ…
  4. FORD BRONCO、フォードブロンコ 大人の男性をも虜にしてしまうアーリーブロンコの魅力とは
  5. 2019 ALL-NEW CHEVROLET BLAZER RS 『シボレーブレイザーRS』次世代型クロスオーバーSUVとして登場…
  6. JEEP JL WRANGLER、ジープJLラングラー 新発想のワイドボディキット JLラングラーのデザインを高める新パ…
  7. DSC_2721 オフロードシーンに重点を置く、ワイルド&タフなカスタム…
  8. 2018 Jeep WRANGLER RUBICON、2018ジープラングラールビコン どうしてもショート+MTのJLルビコンが欲しかった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×