アメマガガールズ

アメ車が好きというよりは、とにかくチャレンジャーが大好き

アメマガガール、アメ車女子

DODGE CHALLENGER SRT8、ダッジ チャレンジャーSRT8、アメマガガール

DODGE CHALLENGER SRT8
owner : RINA

彼女たち流のアメ車との付き合い方

ーアメ車を乗りこなす女性たちの素顔ー
#アメ車女子のライフスタイル
今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。しかし、SNSで分かることはごく一部。そこで本誌特集「AMEMAG GIRL」では、彼女たちがどういった経緯でアメ車と関わる様になったのか、愛車を選んだ理由にはどんな思いがあったのか、そしてどんなライフスタイルを送っているのかなどを掘り下げて、アメ車ライフを謳歌する女性オーナーたちの素顔を覗いちゃいます!

映画「ワイルドスピード」を見てチャレンジャーに憧れを抱いたリナさん。2019年の2月に念願をかなえた彼女だけど、よくよく話を聞くとヘルキャット、もしくはデーモンが欲しかったとも。まさにチャレンジャーにご執心な彼女のチャレンジャーライフとは…。

欲を言えばヘルキャット、デーモンが欲しかった

ワイルドスピードが好きで、その影響を受けてチャレンジャーを好きになったリナさん。シリーズ5作目のメガマックスで、ブライアン(GT‐R)とドミニク(チャレンジャー)が最後のレースに挑む最終シーンがとにかく印象的だったと話す彼女。しかし、映画公開当時は免許を取得することができない年齢だったにもかかわらず、「将来必ずチャレンジャーを買う!!」と決意させたのだから余程の衝撃を与えたことは確かだ。

そして18歳で免許を取得し、その2年後には自身初となる愛車を手にするわけだけど、それはチャレンジャーではなくY33グロリア。まさかのVIP系。これを聞いて思わず笑ってしまったけれど、話を聞けば「その当時は厳ついセダンも好きでチェイサーもいいかもと思ってました。何しろ価格が手頃だったのでまずはコッチにしました」と。もちろんこの時点でもチャレンジャーが欲しかったことは言うまでもない。

DODGE CHALLENGER SRT8、ダッジ チャレンジャーSRT8

DODGE CHALLENGER SRT8、ダッジ チャレンジャーSRT8

それからチャレンジャーを購入するための資金をコツコツと貯め、3年が経過した2019年の2月に晴れてチャレンジャーオーナーになった。ちなみにチャレンジャーはグレードのバリエーションが豊富だったりするのだが、彼女の狙いはSRT8一択。しかもプラムクレイジーカラーが販売されていることを目にした彼女は即座に現車確認に訪れるとともに、その場で契約書にサインしており、一切迷うことなく決めている。しかし「チャレンジャーを買う」と両親に話した際には大反対されたそうだが、この現状からするとリナさんの熱意に根負けしたのだろう。

アメマガガール、アメ車女子

アメマガガール、アメ車女子

DODGE CHALLENGER SRT8、ダッジ チャレンジャーSRT8、アメマガガール

念願をかなえたのだからさぞかし嬉しいのかと思いきや「不満ではないけれど、欲を言えばヘルキャット、もっと言えばデーモンが欲しかったんです(笑)」と。これには聞いているこちらの口もあんぐり。そしたらほかに興味のあるアメ車はある? と聞いてみると「アメ車はチャレンジャーだけです。ほかを挙げるとするならばS13かS14シルビアのマニュアルですね」と、国籍やジャンルを問わずクルマが好きだということが判明した。

DODGE CHALLENGER SRT8、ダッジ チャレンジャーSRT8

DODGE CHALLENGER SRT8、ダッジ チャレンジャーSRT8

見た目的にチャレンジャーのどこが好き? という質問を投げ掛けてみたところ「、チャレンジャーはほぼ完成されているので全体ですかね(笑)」と。「でも、どちらかと言えばリアです。リアテールが繋がっているのが良くて初期型を選びました♥」。

第3世代のチャレンジャーは3.5ℓ V6、3.6ℓ V6、5.7ℓ V8、6.1ℓ V8、6.2ℓ V8 S/C、6.4ℓ V8という6タイプのエンジンをラインナップしてきた。当然、排気量がアップするにつれて車両価格が高くなり、自動車税も高くなる。これを考慮してV6を選択するパターンも多いなか、リナさんは当初からSRT8一択で探して
いたということで、搭載しているのは6.1ℓV8。

ディズニーが大好きということで、ダッシュボードの上にはプレートやフィギュアを飾っているが、これだけではまだまだ物足りないようで、アメリカン雑貨も含めてインテリアを埋め尽くすほど飾りたいらしい。

Thanks:ABE CARS Tama Garage
TEL:042-311-0041
HP:http://www.abecars.jp


関連記事

  1. 2018 CHALLENGER SXT、2015 CHALLENGER SRT8 良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境
  2. フォードマスタング、FORD MUSTANG たまたま見かけた50thアニバーサリーのマスタングに一目惚れ
  3. 1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ 個性派プリマスの中でも尖ったマッスル「クーダ」
  4. CA4R0031 日本でもっとも300Cを愛するアメ車女子 進化への情熱は止まらな…
  5. 1975y FORD MUSTANG ⅡGHIA、フォードマスタングⅡGHIA 今やマスタングシリーズの中でもっとも希少なマスタングⅡGHIA
  6. アメマガガール、2015 JEEP GRAND CHEROKEE Altitude ラングラー→グランドチェロキー、ティーン時代の憧れを実現
  7. _B0V2312-1 ミドルクラスの大衆車 1965y FORD FALCON / コ…
  8. DSC_6396 絶妙なクビレを持つシボレーコルベットC5のグラマラスボディ SA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×