ピックアップトラック

ROUSH402エンジンを搭載し500馬力を発揮するランチェロ

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

1972 Ford Ranchero

ROUSH402エンジン搭載、500馬力を発揮するドラッグ仕様

現行モデルを中心に車両販売するライオンハートだが、時折とんでもない車両を展示する。現在その“とんでもない車両”が、ROUSH402エンジンを搭載し500馬力を発揮するランチェロだ。

TCI製4速ミッションに変更し、コラムからフロアシフト化

愛知県一宮市にあるアメ車専門店「ライオンハート」は、現行モデルを中心とする車両を販売し、ノーマルから一歩進んだカスタムや、メーカーオプション装備を多く取り入れたモデルを展開することで、他店と差別化している。

そうした車両展開をするライオンハートだが、現行モデル達に混じって、異端児ともいえるモデルが突然並ぶことがある。今回のその異端児は、話題のJLラングラーグラディエーター、2019年型デュランゴが並ぶ列に、1972年型フォード・ランチェロが鎮座している。商売として現行モデルを扱うが、代表の小山内氏は実は旧車ファン。「目の保養として、1台ぐらいは旧車を起きたくなるんだよね」と笑うが、このランチェロ、お飾りの目の保養というレベルの仕様ではない。なんと、シェルビー/サリーンと並びフォード車のチューニングモデルを製作するラウシュの402コンプリートエンジンを搭載し、500馬力を発揮するモンスターモデル。アルミラジエター、TCI4速ミッション、B&Mフロアシフト、ラインロック、バケットシートも加わり、ホイールはWELD15インチ、タイヤはミッキートンプソンと、ドラッグレース仕様となっている。リアが軽くこのパワーでは、街乗りだと持て余すかもしれないが、数ある現行モデルの500馬力と比べると、ある意味走りのワクワク感は半端ない。

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

こんなモデルをしれ~っと並べるライオンハート、恐るべし。他にも黄色い特殊車両も気になるところだが、それはまた次回のお楽しみ!

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

ランチェロの中でも人気の高い、フォード・グラントリノと同じフェイスを持つ1972年型。ワゴンモデルのルーフを切った斬新なスタイルは、数あるアメ車の中でも特別な存在だ。

ラウシュ・パフォーマンス製の402コンプリートエンジン(6.6ℓ)を搭載

ラウシュ・パフォーマンス製の402コンプリートエンジン(6.6ℓ)を搭載

アルミラジエター、ラウシュ・パフォーマンス製の402コンプリートエンジン(6.6ℓ)を搭載(載せ替え後3000km走行)。500馬力を発揮する。

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

1972 Ford Ranchero、1972 フォード ランチェロ

ベースグレードではベンチシートのコラムシフトだが、TCI製4速ミッションに変更し、シフトはB&Mのフロアシフト。シートはバケットシートの2人乗りとなっている。

ホイールはWELDレーシングの15インチ。タイヤはミッキートンプソン

ホイールはWELDレーシングの15インチ。タイヤはミッキートンプソン。

Thanks:LION HEAT【ライオンハート】
TEL:0586-67-1711
URL:http://www.lionheart2005.com


関連記事

  1. 1975y CHEVROLET C-20、1975y シボレー・C-20 ’75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイル…
  2. FORD MUSTANG ディープインパクトブルーカラーにLBワークスフルコンプリートとな…
  3. 2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ ベッドにバイクを積載、さらにジェットまで牽引する圧巻のF‐350…
  4. Nissan Titan、ニッサンタイタン 特殊塗料LINE-X を用いてタイタンをクールにアピール!
  5. _HMP3345 充実装備の新車ラムトラックがライオンハートに3色到着!【ライオン…
  6. 2020 Mustang Shelby GT500 次期マスタング?SUVモデル?EVモデル?大きく変貌を遂げるマス…
  7. mustang_02_front “超希少”なブリットを手に入れるチャンスあり【ウイングオート】
  8. 1970 CHEVROLET ELCAMINO / 1983 YAMAHA SR500 特別なこだわりはなく、あくまでも自然体そんなライフスタイルがとに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×