クーペ

アーリー60’sのMOPARの主力車 独特のスタイリングが眩しいポラーラ

1963 ダッジ ポラーラ

1963 ダッジ ポラーラ

1963 DODGE POLARA

不動のDODGE
Immortal Dodge Soul ダッジの魂に魅了される

ドラッグレースでの市販車最強カテゴリーであるスーパーストック参戦車として大活躍したMOPARマッスルの主力モデルのポラーラ。賛否の割れる独特なルックスもまた、アーリー60’sのMOPARらしいチャームポイント!

ホットロッダーやハードコアなMOPARファンからの支持の高いBボディ車

ダッジのマッスルカーというと、チャージャーチャレンジャーを真っ先に連想する人が多いかもしれないが、60年代初頭にドラッグレースのストッククラスで活躍したモデルこそ、マッスルカーの原点だったりする。そのため、国内ではマイナーながらも、アーリーBボディ(62~64)車は、メイクスの枠を超えて、ホットロッダーたちからの支持が高い。

近年のマッスルカーブームによってMOPARの人気に火が付くきっかけも、この手のアーリーBボディ車を早い段階から注目していたホットロッダーたちの存在が大きい。ルックス的には賛否の割れる個性の強いデザインだが、ドラッグマシンとしての素質の高さが最大の魅力。それだけに、ストリートカーよりも、ドラッグマシンとしてアレンジされるケースが主流。結果として、出荷数が少なかった割には現存数が多いのだ。2000年代に入ったあたりから、ベテランのホットロッダーや、トレンドに左右されないハードコアなMOPARファンによって、ストックの魅力を引き出しながら、ロッダーテイストで仕上げるストリートカーも誕生した。

1963 ダッジ ポラーラ

1963 ダッジ ポラーラ

この個体もそんな1台で、往年のデザインをアップデートしたバドニック製の17インチホイールを装着。ドラッグレースでは武骨で強固なセダンが目立つ中、スタイリッシュなハードトップによってストリートカーとして10数年前に日本国内にてアレンジされている。この時代のダッジBボディ車ではグレードの高いポラーラ500のキャラクターにもマッチした上品さも兼ね備えるアダルトな雰囲気がとても魅力的なのだ。

1963 ダッジ ポラーラ

一見すると、地味ながらもアクが強いデザインだが、ルーフの形状や、ディーテールの一つ一つに、モパーならではの芸の細かさが感じ取れる。写真ではピンとこなくても、実車を見て魅力にハマるケースが多い。

1963 ダッジ ポラーラ

1963 ダッジ ポラーラ

この時代の上級グレード車らしく、標準でセパレートシート、センターコンソール、フロアシフトとなる。ステアリングも含め、オリジナリをキープ。クローム類もコンディションが良く美しい。

設定されたV8エンジンは361ci、413ci、ウエッジ426ciが主流だが、この個体は、次世代の383ciに換装。トランスミッションは、3速ATの727トルクフライト。

リアは定番のリジットリーフ、フロントはMOPARではレギュラーなトーションバーを採用。リアエンドは、ハイパフォーマンスな仕様に見合う8.75インチ。バドニック製のビレットホイールはフロントが17インチ、リヤは18インチをチョイス。

Thanks /東海カーズ
TEL:0533-86-8890

★ PHOTO:浅井岳男 TEXT:石橋秀樹


関連記事

  1. _N6I0473_opt のコピー ジワジワと来ているビンテージアメリカン、東海カーズなら最高の1台…
  2. Chevrolet Camaro、シボレーカマロ カマロのカスタムに込めた “ ワクワク感” あるカーライフ
  3. 2015y Dodge Challenger HELLCAT、2015 ダッジチャレンジャー ヘルキャット どうせ乗るなら最高を極めたい!これが俺のスーパーヘルキャット!
  4. 2012y DODGE CHALLENGER SRT8 ハマーH2から、チャレンジャーSRT8のマニュアル仕様に乗り換え…
  5. 2006 DODGE MAGNUM 06年型マグナムをゲットし、アメ車デビューを果たしたアメ車女子が…
  6. 1969 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY コルベットは非日常へと連れ出してくれるオモチャ
  7. 2015 Dodge Challenger SRT Hellcat、2006 Dodge Ram SRT-10 ヘルキャット&SRT10のハイパフォーマンスを義兄弟二…
  8. 2017 DODGE GRAND CARAVAN、2017 ダッジグランドキャラバン マジで「使える」ダッジのミニバン ダッジグランドキャラバン【ファ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×