SUV

JLラングラーが魅力的になるオリジナルパーツをラインアップするワーコーポレーション

2019 JEEP JL WRANGLER SPORT

2019 JEEP JL WRANGLER SPORT

2019 JEEP JL WRANGLER SPORT

AWESOME JEEP 4WDの原点として存在し頂点としての実力を融合する「ジープ」

ノーマルとはまるで別のクルマ!ワイドボディで逞しさを強調する

JLラングラーが北米で発売されるや否や、日本仕様の登場に先んじて輸入・販売を開始したワーコーポレーション。車両の販売だけにとどまらず、JLラングラーが魅力的になるオリジナルパーツを、続々とリリース中だ。

さりげないが圧倒的な存在感を演出する!

JLラングラーを買って、自分好みのカスタムしてみたい。でも、オフロードを走る訳ではないし、あまり派手すぎるのも…。そんな人にお勧めしたいのが、車両の販売だけでなくオリジナルパーツも数多くラインアップするワーコーポレーションの製品群だ。

その中でも独創的なアイテムと言えるのが、ノーマルのオーバーフェンダーとボディの間にスペーサー的なパーツを組み込んで創り上げた、ワイドボディエディション。ノーマルは少々クルマが細長い印象を感じるが、片側で約5cmワイドとなったことで、非常に力強く見える様になる。さらにデモカーは、ノーマルよりもフェンダー位置をアップさせたルビコンハイフェンダーも装着。ノーマルと見比べると、同じクルマとは思えない程の変貌ぶりで、さながらアメリカンフットボールのプロテクターを装着したかの様にも見える。

2019 JEEP JL WRANGLER SPORT

ベース車両はUSモデルのスポーツで、ヘッドライトなどの灯火類は全てLEDにアップグレード。サスペンションはラフカントリーのキットで2.5インチリフトアップし、フェンダーとのクリアランスが拡大したことで35インチのMTタイヤヘドサイズアップを実現。ちなみにエンジンは2.0ℓのターボだが、USにしか設定されないマイルドハイブリッドのeトルクモデルなので、タイヤの外径がアップしても非常にトルクフルな走りを味わえる。

余談だが、ここまでのカスタムを施しても国内仕様のサハラとほぼ同じプライスとのこと。さあ、キミならどっちを選ぶ?

ワイドボディエディションならノーマルよりもひと回り大きくアグレッシブ

_N6l0503のコピー

_N6l0124

ボディとフェンダーの間にスペーサー的なパーツを装着し、ワイドボディ化を実施。価格は148,000円で、白/黒/マットブラックの塗装済みも設定(20,000円UP)。またルビコンハイフェンダー(100,000円)なら、ノーマルより車高を高く見せることが可能。ヘッドライト(80,000円)やフォグランプ(18,000円)はLEDに変更。またフェンダー先端にはLEDシーケンシャルウインカー(22,500円)も備わる。

フロントバンパーは、3ピーススチールバンパー(120,000 円)に変更。ボルトを外すだけで、ロング/ショートの変更が手軽に行える。コーナーセンサー付きも設定しており、本格的にオフロードを走る時はショートにすれば、バンパーがヒットしにくくなる。フロントバンパーの下には、スチールアンダーガード(25,000円)も追加、オフロードを走る可能性がある人は、装着すべし。

_N6l0102

ラフカントリーのサスペンションキットで、2.5インチリフトアップを実施。リフトアップすればノーマルフェンダーでも35インチは装着可能だが、より高く見せるためルビコンハイフェンダーに変更。ジオランダーM/T G003(35×12.5R17)に、ビードロックスタイルのFUEL OFFROAD・COBARUTO(9.0J×17、+1)を組み合わせる。ブラック一色の中で、真紅のディスク面が際立つ。

リヤコンビランプ(35,000円)もLEDに変更。ノーマルのハロゲンだと、正直言ってJLらしさが乏しい。SPORTを購入した人も、これは装着しておきたいアイテムだ。

CROSS製ステンレス304マフラー

CROSS製ステンレス304マフラー(120,000円)を装着。4本出し形状となっており、国内仕様のリヤバンパーでも取り付けが可能となっているのがポイント。リヤ周りをスポーティに演出してくれる。

_N6l0512

JL用背面ハードタイヤカバーも発売中。各ボディ色をラインナップ。ちなみにJEEPのステッカーは付属しない。価格は6万5000円となる。

ワーコーポレーションでは、ラフカントリー製のLEDライトも各種取り扱い中。またスチールバンパーのオプションとして、グリルガード(2万5000円)も発売中だ。

独特な形状を採用する、電動格納式のEステップ。オフロードでヒット防ぐ形状でありながら、サイドステップとして非常に使いやすく、かなり低い位置まで下がってくれる。左右セットで15万円。


アンリミテッドだから似合うカイザー顔ジープ【クワドロペット】

老舗のタイガーオートならではの気配りでジープライフを後押しする

JLラングラーの走行性能を損なわない総合的なスタイルアップ【エルフォード】

日米を融合させたジープスタイルを提案【トップランカー】


Special Thanks:WHA CORPORATION
URL:https://wha.co.jp
TEL:052-523-3003


Photo ★浅井岳男
Text ★空野稜
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載


関連記事

  1. DSC_5742 全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラック…
  2. Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WD エコブースト2.3ℓのハイスペックダウンサイジングを組み合わせた…
  3. 2009 CHEVROLET TAHOE オトコ勝りなカスタムでメイクされたタホが相棒
  4. 38_JJL18US4_172 【JLラングラー】現代基準の補強・軽量のバランスを図り、伝統的本…
  5. 1996 FORD BRONCO アメ車好きな父の英才教育を受けて、初めて購入したのが同い年のブロ…
  6. JLラングラー、エルフォード、MEIWA JLラングラーをより一層スタイリッシュに!
  7. Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara Produced by JAOS 見た目ではない本当のリフトアップ、それがジャオスの提案するジープ…
  8. ジープラングラールビコン サスペンション交換により、JLルビコンのさらなる走破性アップを実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×