OTHER

ジムカーナ仕様のC3コルベット

1982 CHEVY CORVETTE

1982 CHEVY CORVETTE

1982 CHEVY CORVETTE

過激に挑め!! MUSCLE WARS

見た目はボロくてラットでも、走りはビンビンだぜぇ!

「見た目はボロくてサビサビでも、走りはビンビンだぜぇ!」というスタイルを貫く東海カーズ。もちろんお店の在庫はバリもののビンテージカーが揃うが、それでガツガツ走るのは些か気がひける。そんな人にオススメなのが、ラットスタイルという訳だ。

飾るだけではなく、乗って走ってナンボ!

ビンテージマッスルを数多く取り揃えるが、骨董品のように飾って楽しむのでなく「クルマなんだからガンガン走りを楽しもうぜ!」と声を大にして唱える東海カーズ。もちろん「走り」と言ってもそのスタイルは人それぞれ。また昨今のご時世を考慮すると、どうしても「合法的に」というフレーズは欠かせないものだと言えよう。

1982 CHEVY CORVETTE

さて、今回紹介するカーズのC3コルベットは、走りと言ってもジムカーナというジャンル。誰が決めつけたか知らないが、アメ車=直線番長で曲がらないクルマ…というイメージが染み付いている。だが、キチンと整備を施したアメ車に乗ってみると、それは間違った情報だと理解できる。ちなみにリヤセクションにはサーキット用のタイヤを自分で運べる用にタイヤラックを装着。走行時には着脱できるように設計されており、走りの性能には影響しないように考慮されている。

「せっかくのビンテージカーなのに…」と思う一部のマニア層はいるかも知れないが、そのようなフルノーマルにこだわる人に限って「雨の日は乗らない」とか「サーキットに行くと壊れる」とチキンな発言ばかりをする傾向が強かったりする…。「乗って壊れたら直せばいいじゃないか!」と東海カーズの細井さんはこれまでも度々発言しているように、まさにせっかくのマッスルカー、走らないでどうする! と言いたいね。強いて言わせて貰うなら、乗らないマッスルカーはミニカーと同じだ!」と。

1982 CHEVY CORVETTE

今回は撮影用にラジアルT/Aをラックに積むが、カーズ細井さんのオススメは、街乗りからサーキットまで万能に使えるRE71Sを推奨。もっと本気で走りたいならSタイヤという選択もアリだ。

_N6I8719

コルベットというとそのスタイリングのせいか、どうしても最高速チャレンジのイメージが強い。もちろん速さを犠牲にはしていないが、敢えてアメ車が苦手とするイメージが強いジムカーナ用にモディファイ。基本的なスタイリングは大きく崩さないが、リヤにアタック用のタイヤを積載可能としているのがポイント。

1982 CHEVY CORVETTE

コルベットのテールに2本のスペアタイヤをマウント。違和感の感じるそのシルエットは、あたかもデロリアンのタイムマシーンの様に見えなくもない。

_N6I8878

リヤセクションに設けられたタイヤラック。スペアタイヤがあれば、帰りの事を考えずアグレッシブに走れるというもの。

_N6I8883

分解可能なので、アタック時に極力車両重量がアップしないよう配慮されている。

_N6I8748

通常のブレーキはもちろん残しているが、ドリフトしやすいように油圧式のサイドブレーキを装着。縦に伸びたレバーは、さながらD1マシンのようにも見える。

_N6I8740

エンジンは350のV8を搭載。エーデルブロックのエアクリーナーとキャブレターに変更するが、大掛かりなモディファイはせず基本的なメンテナンスを行なう程度にとどめている。


いつかは「コルベット」…そう憧れ続け手にしたC2

29年型フォード・モデルAと、27年型フォード・モデルT、博物館に展示されていてもおかしくない2台。

素朴なスタイリングのなんかイイカンジな奴 プリマスヴァリアント

当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り

エアコン付きのこだわりのガレージで、V8にこだわりカマロとF100をエンジョイ!


SHOP DATA:TOKAI CARS
TEL:0533-86-8890
Mail:info@car-s-mm.com


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載


関連記事

  1. 2018 Ford Mustang V8 GT ネオマッスル復活の先鞭をつけた アメリカン・スペシャルティカー …
  2. 1998 LINCOLN MARK Ⅷ 【リンカーン マークⅧ】曲線美が優雅でモダンなパーソナルラグジュ…
  3. 2018 FORD MUSTANG SHELBY GT350 2018 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK マッスルカーを語る上で切っても切れない存在がスティックシフト。
  4. FORD マスタングGT ファストバック、右ハンドル 右ハンドルのマスタングで、妻と楽しむ最高のクルマ!
  5. 2010y フォード マスタングGT エレノアVer、2010y FORD MUSTANG GT ELEANOR Ver 一度は諦めかけたエレノアの夢を、新しい家族の誕生で実現させる
  6. チャレンジャー、BLOODY CHALLENGER produced by QUARTT FAB インパクト絶大なチャレンジャー、一度見たら忘れられない存在
  7. DSC_1993 トリプルモンスタータンドラ、アゲの勢いが止まらない!
  8. _HMP3492 ヴィンテージトラックだけの贅沢で幸せな満足感を堪能 フォードピッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×