SUV

憧れのH2ライフは自分のカースタイルを変えた

2003 HUMMER H2

2003 HUMMER H2

2003 HUMMER H2

House of American SUVs -アメリカンSUVに魅せられて-

風貌に憧れいつかは乗りたいと思っていたH2を、2020年3月に購入した浅井さん。次々とカスタムに着手するなど、今まで溜め込んだ思いを爆発させている。H2だからこそ味わえるカースタイルは、常に新しい発見ばかりだ。

カスタムはこれからもドンドンやり続けます!

2020年3月、10年ほど前に憧れ「いつかは乗りたい」と思っていたH2を購入した浅井さん。乗っていた愛車が車検のタイミングで、乗り換えのクルマを探すことになるのだが、浅井さんは様々なレジャースポーツを楽しむ趣味があり、荷物を積める広大なスペースは絶対条件。そこで頭をよぎったのがH2だった。「以前からSICさんの前を通るたびに、そこに並んでいるH2を見てかっこいいなぁと思ってたんです。思い切って訪問したら、まんまと営業トークに乗せられ決断しました(笑)」。

2003 HUMMER H2

購入後は、今まで雑誌やネットで見てきたH2を参考にカスタムに着手。購入時から引き継ぐパーツもあるが、ホイールはドロップスターズ20インチ、タイヤは35インチのM/T。LEDルーフバーを筆頭に各種ライトはLED化し、グリル・アンダー・ドアサイド・テールベントにはパープルLEDを張り巡らせ、夜はパープルカラーでボディが包まれる。他にアンダーカバー等H2ロゴをパープルペイント、RBPヒッチステップ、クロス4本出しマフラーといった内容。購入から3ヶ月足らずで次々と進化を遂げてきたが、浅井さんの思う完成形はまだまだ先。タイヤは37インチに拡大させフェンダー装着、リフトアップも3~4インチを検討しているとか。

「今まで自分のクルマが埋もれる時もあったけど、H2になったら目立ちまくり。高速ものんびり走るようになったし、カースタイルが変わりました」。憧れたH2ライフは始まったばかり。今後も新しい発見が見つかるはずだ。

撮影前日にセットしたLEDルーフバー、アンダーカバーロゴなどはパープルでアクセントを注入。クロス4本出しマフラーにRBPヒッチステップを装着する。

ホイールはドロップスターズの20インチ。タイヤはデュラターン・TRAVIA M/T(35×12. 5R20)

ホイールはドロップスターズの20インチ。タイヤはデュラターン・TRAVIA M/T(35×12. 5R20)。しかし今後タイヤ・ホイールを変更し、37インチタイヤ装着を検討している。

グリルやボディアンダー、ドアサイド、リアベントなどにはパープルLEDが張り巡らせている。夜になれば、かなりアダルトな雰囲気がボディを包み込む。

2003 HUMMER H2

OWNER:浅井広行さん


オフ仕様の人気が上昇もハマーH2の王道はラグジュアリーだ!

オールブラックのH2は安定した走りでトランスポーターとして活躍

曲名にH2と入ったヒップホップを聞いたのがキッカケ

愛車ハマーH2と楽しむ、極上アウトドアライフ


SIC
TEL:048-929-2222
HP:https://www.sic-jp.com/


写真/古閑章郎
文/相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載


関連記事

  1. CT5W2833_1 サバゲーフィールドで抜群に映える、タフ&ワイルドなフォ…
  2. CADILLAC ESCALADE エスカレードと過ごせば何気ない日常がPVの如く絵になる!
  3. アメマガガール、2015 JEEP GRAND CHEROKEE Altitude ラングラー→グランドチェロキー、ティーン時代の憧れを実現
  4. 2020 JEEP GLADIATOR SPORT S カスタムの楽しさを残すAZRの新提案【ジープグラディエーター】
  5. 2011 FORD EXPLORER XLT 海や湖は心と身体の疲れを癒し、モチベーションを上げてくれる元気の…
  6. 2020 フォード エクスプローラー ST、2020 FORD EXPLORER ST 人気は本国でも快調! 新型第6世代エクスプローラー
  7. ジープラングラールビコン サスペンション交換により、JLルビコンのさらなる走破性アップを実…
  8. 1998 Chevrolet Tahoe 昔からの夢だったリフトアップの2ドアタホは起業のご褒美!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×