オープン

マッスルカーのルーツGTOのベースモデルとなった「ルマン」

1970 PONTIAC LeMANS Sport Convertible

1970 PONTIAC LeMANS Sport Convertible

1970 PONTIAC LeMANS Sport Convertible

THE VINTAGE ビンテージアメリカンの魅力

マッスルカーと聞いて思い浮かべるのは派手なイメージ。さらに、そのルーツとなるベースモデルと聞けばなおさら。しかし、意外にもその装いは実に落ち着いた印象である。

半世紀前のモデルだがとてもキレイな状態をキープし続ける

日本国内で取り扱われているアメ車の正規輸入モデルはほんの極一部でしかない。だが、アメリカには魅力的な車種・グレードが豊富にラインナップされていることは周知のとおり。となればそれらが欲しいと思うのは自然の理。そんなアメ車ファンたちの要望に応えるべく、正規輸入モデル以外のアメ車を直接輸入し、国内登録できるように改善まで施しているのが「BUBUカリフォルニアダイレクト」。どちらかというと現行車種がメインの様に思われるかもしれないが、60~80年代のモデルを中心に取り扱う「BUBU VINTAGE」部門があり、現地法人をベースに厳選した良質な車両のみを取り揃えて日本へとインポート。BUBU横浜店はグループのなかでもとくにビンテージモデルを積極的に在庫している。その中から1970年型のポンティアック・ルマン・スポーツ・コンバーチブルを紹介していこう。

ポンティアックでもっともポピュラーなモデルと言えばファイヤーバードで、言わずと知れたシボレー・カマロとの姉妹車。そして、マッスルカーのアイコン的存在として君臨する同ブランドの最強モデルにGTOがあるが、そのベースは何を隠そうルマンである。さらに付け加えると、ルマンは元々コンパクトサイズのテンペストの最上位グレードとして位置付けられ、1961年にデビュー。

1970 PONTIAC LeMANS Sport Convertible

紹介するルマンは1970年型ということで、世代で言えば第3世代となる。一目見て驚くのは現車の状態だ。半世紀前のモデルとは思えないほど美しいだけでなく、良好なコンディションをキープしているところは〝さすが〟としか言わざる終えない。ちなみにこのルマンは日本に輸入された後で一度販売されているが、下取りで再び横浜店のショールームに並んでいる。搭載するエンジンは350で、組み合わされるミッションは3AT。ホワイトの幌を開けてクルーズを楽しむには最適な1台。

搭載されるエンジンはスタンダードな350(5.7ℓ)V8で、トランスミッションは3速AT。ボトムスには15インチのアメリカンレーシングホイールに、タイヤは定番のBFグッドリッチ・ラジアルT/A(F:P2 35/60R15 、R: P255/60R15)。

先代モデルは縦型4灯式のフェイスデザインだったものから、第3世代以降は横型4灯式へとチェンジ。さらに第3世代の中でもモデルイヤーによってフェイスデザインが異なる。

ゴールドのボディカラーと同系色のベージュでまとめられたインテリア。細部にはウッド調パネルによる装飾が施されており、実に洗練されたテイスト。ホワイトのコンバーチブルトップは電動で開閉が可能。


エアロフォルムが魅力的な第三世代チャージャー

空前のヒット作であるマスタング、最終型の1966年型は熟成の極み。

ダッジのフルサイズクーペであるポラーラ。もはやその存在自体が希有なモデル。

【BUBU横浜 1964y フォードサンダーバード】フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰

超絶ミントコンディション!!「デイ1」状態を再現した極上なC2コンバーチブル!


BUBU YOKOHAMA
TEL:045-923-0077
HP:https://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載


関連記事

  1. 1965 PLYMOUTH BELVEDERE、プリマスベルベディア 426HEMI搭載のワイルドなプリマスベルベディア
  2. 1970 DODGE CHALLENGER ダッジの象徴的なモデルの70年型チャレンジャー
  3. 1964 Chevrolet Corvette STING RAY、1964 シボレー コルベット スティングレイ 歴代コルベットの中でも特に人気の高い、美し過ぎる高性能スポーツカ…
  4. 01_AZR_MainA2_opt アメリカンの匠が提案する2つの幸せな選択肢 1969年型 シボレ…
  5. シボレーカマロRS 歴代カマロの中でもひと際人気の高い1969yカマロ
  6. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  7. _B0V9795-1 比類なきモンスター・ピックアップトラック Chevrolet C…
  8. Chevrolet C-10 シボレーC-10が最も〝ヴィンテージ〟だった時代の最終モデルと言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×