OTHER

利便性の高い4ドアでありながら2ドア同様のスタイリッシュな「ウィリスセダン」

1940 Willys Sedan

1940 Willys Sedan

1940 Willys Sedan

THE VINTAGE ビンテージアメリカンの魅力

60’sドラッグレースシーンにおける今はなきカテゴリー“ ギャッサー” を象徴するモデルにして激レアなウィリス。ストリートロッドではクーペが主流ながら、利便性の高い4ドアにして、2ドア同様のスタイリングを持つセダンこそ、ウィリス特有の魅力!

GM製400ciV8に3速ATのTH350を連結し換装したストリートロッドな個体のウィリスセダン

ドラッグレース、ホットロッド、ストリートロッドを語るうえで、ウィリスは無視できない存在。ストックの状態では、速さとは無縁なチープでコンパクトな4気筒エンジン搭載車ながら、ドラッグレースという極めて特異な直線短距離走においてのベース車としては、60年代に大ブレイクした。ニトロメタンを使用するトップカテゴリーに対してガソリン燃料におけるトップカテゴリーとなる「ギャッサー」の象徴としておなじみの存在なのである。

1940 Willys Sedan

そもそも4気筒エンジンを搭載するコンパクトで軽量なモデルに、V8エンジン最強のクライスラーHEMIエンジンを搭載したスタイルが勝つための条件として定着した。ストックのままでは単なるマイナー車であったが、ドラッグ仕様にアレンジされたものに関しては、その速さと個性的なルックスで人気を獲得。以降ストリートロッドにおいても人気のモデルとなっているが、個体数が極めて少ないため、リプロダクションパーツによる新車も誕生しているが、数千台単位で集結するアメリカのホットロッド系のイベントにおいても、数台しか見ることができないほど激レアな存在。

速さを追求するうえでは、2シーターの2ドアクーペが主流で、スタイリングの良さも含めて、続いて2ドアセダン、3ドア・ウッディーワゴンとなるが、他社のモデルと違って、ウィリスのセダンは、4ドアであっても、2ドアと共通のルックスでデザインされているのがポイント。

オーナー自身も、2ドアセダンを探していたが、限られた予算内で満足の行く状態のこの4ドアセダンにめぐり逢い、購入に踏み切った。ドアハンドルを無視すれば、2ドアと変わらぬスタイリングなうえ、使い勝手が良い点でも気に入っているそうである。

1940 Willys Sedan

リア側のドアハンドルを無視すれば、2ドアセダンに見える特有のデザインがなんとも魅力的。スチールボディからバンパーまで、ストックを保持しながらも、往年の定番スロットホイールの採用と、絶妙な車高アレンジによって、クールなレストロッドとして魅力が炸裂!

1940 Willys Sedan

ストレスのない乗り心地と、アメリカンV8 エンジンによるスムースでリッチなポテンシャルを確保しているため、戦前のモデルであることを忘れてしまう。エンジン自体のポテンシャルはマイルドであっても、車重が軽量なため、不満のない加速感が得られている。現代的で快適なシートや、エアコンも装備しているので、難なく日常使用できる。

本来は2.2ℓの4気筒エンジンのみで設定されたコンパクトなモデルに、GM製400ciV8に3速ATのTH350を連結し換装したストリートロッド。総重量で1.2t程度なだけに、余裕のあるポテンシャルを確保し、信頼性も格段に向上。パワーブレーキやエアコンも装備して、難なく日常使用もこなせる仕様。

ダッシュパネルはストックを活かしつつ、ゲージ類は社外製でアップグレード。ステアリングコラムはチルト式のGM製を流用。90年代あたりの乗用車からの流用と思われるシートによって、座り心地は現代車並み。室内は見た目以上に広いため、ロングドライブでも快適。

往年のレースシーンで多く採用されたハリブランド製スロットホイール。ストリートロッドでは定番にして憧れの逸品。前後で異なる絶妙なサイズ(F:195/70R14 、R:235/70R15)セレクトによって、クルーなプロポーションを確立する。

マスタングIIタイプの独立懸架サスペンションユニットを採用することで、V8エンジン搭載と現代的な乗り心地を成立。ステアリングはラック&ピニオン式。リアサスペンションはストックのリジットリーフ。 リアエンドはフォードの8インチにアレンジ。


Owner: 瓜生 真さん

カメラマンという職業柄、それなりの機材を運搬できることもポイント。すでに所有している2ドアセダンをワゴン化したシェビー・ノバのカスタムよりも、居住性、荷室容量の面で優れるこのウィリス1台で仕事にも対応。憧れていたモデルながら、無理なく維持できるフレンドリーな個体に奇跡的に巡り会えた事に大満足している。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載


関連記事

  1. 1968 CHEVROLET CAMARO SS 青年実業家としての慌ただしい日々を69年型カマロが解放してくれる…
  2. YAKIMA、タンドラ、オーバーランドテント ベース車両はトヨタが放つ生粋のオフローダー【タンドラ TRD P…
  3. 2012 CHRYSLER 300 【クライスラー300】カスタムの魅力にハマり、終わりなきカタチを…
  4. 01_Front73 2018年モデル最新タンドラ実物が見られるスポット発見!【フェア…
  5. 3M7A0541-1 マスタングのファストバック。クーペにはないセクシーなリアスタイル…
  6. 自分のライフスタイルに合ったビンテージカーをチョイスする
  7. B0V8232 何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC…
  8. 1966 CHEVROLET C10、1966シボレーC10 スクエアなボディシルエットが魅力の初代C10のショートボックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×