セダン

ただでさえ渋いポンティアック中でもカタリナは最上級の渋さ!!

1965y PONTIAC CATALINA

1965y PONTIAC CATALINA

1965y PONTIAC CATALINA

EXCITING60’s

C3コルベットでおなじみの横浜「マルセロ」からは、かなりレアな1台がお目見えした。1965年型ポンティアック・カタリナだ。ファイヤーバードの存在から、スポーティカーのイメージが強いポンティアックだが、こんなイカしたビッグクーペもリリースしてくれていたのだ!

1965y PONTIAC CATALINA

60年代のアメ車らしくボディも存在感もビッグ!

1950年、ポンティアックのハードトップクーペとして登場した「チーフテン」のグレードのひとつとして登場したのが「カタリナ」だ。その後、59年にはずんぐりとしたボディデザインから、フルサイズのシャープなフォルムに生まれ変わり、チーフテンの後を受け継ぐようにカタリナという車種として独立。「マルセロ」が撮影に提供してくれたのは、そのカタリナになってからの3代目モデル、65年型の2ドアクーペだ。

1965y PONTIAC CATALINA

この時代のカタリナは他に2ドアセダン、2ドアコンバーチブル、そして4ドアセダン&ハードトップ、ステーションワゴンまでラインナップしていた。しかし、タテ目4灯の個性的なマスクはもとより、サイドビューの流れるような美しいラインは、クーペならではのものなのだ!

搭載エンジンは389(6.4ℓ)V8、これに3速ATを組み合わせている。このエンジンは実はカタリナにとってはエントリー仕様で、当時のシリーズには最大455(7.5ℓ)も用意されていたから、これはもう間違いなくマッスルカーなのだ。

サスペンションはフロントが独立式、リアはコイル・リジッドを採用するが、今回の車両はエアスプリングによりローライダー風の仕様にカスタムされていた。そういえば、あえていい感じにヤレた雰囲気を出したボディペイント、キレイに張り替えられた天井、トリム、シートが、購入マインドを刺激する。ほらほら、欲しくなっちゃうでしょ?

1965y PONTIAC CATALINA

サスペンションはエアサス仕様に変更されているが、これは乗り心地というよりも上げたり下げたりのパフォーマンス重視…? と思いきや、思った以上に乗り心地が上々だ。柔らかくてリバウンド感はあるが、長大なホイールベースがそれをうち消してくれているようだった。ちなみにこのカスタム、『マルセロ』で行ったのではないそうだが、たまにはこのようなジャンルも扱うのだとか。エンジンはスタンダードとはいえ、ハイパフォーマンスで定評のあるポンティアックエンジン。今なお、交通の流れに乗る元気さを誇る。

ポジショニングとしてはポンティアックのエントリークラス。しかしホイールベース3073㎜、全長5451㎜のフルサイズボディは、かなりの迫力と存在感だ。タテ目4灯のマスクは少々コワモテだが、そこからリアに向かっていく流麗なラインは、ちょっとアンバランスではあるものの、逆にそこがカッコいい! 今回の車両はマットなグリーン系のカラーにペイントされていたが、それがちょっとヤレていい雰囲気。ドアノブやサイドミラーもスムージングされていた。

1965y PONTIAC CATALINA

インパネまわりはほぼノーマルのままのよう。横直線的なレイアウトがゴージャス感を主張する。後付けで今どきの性能を持ったエアコンも装備。ただしインパネパッドはなくなっている。シートやトリム、天井は張り替えられていて、美しい仕上がり。シートは前後ともベンチ式、ローバックスタイルだ。

撮影車両に搭載のエンジンは、ポンティアックの389(6.4ℓ)。カタリナにとってのスタンダードエンジンで、265hpを発揮する。組み合わせるトランスミッションはコラムシフトの3速オートマチック。ちなみにこの時代、トランスミッションは他に3速マニュアルと、2速オートマチックも用意されていた。またエンジンも、3代目モデルについては’70年まで続いたが、最終モデルでは360hpの455(7.5ℓ)も用意されることになった。

サスペンションはフロントが独立式、リヤがコイルリジッド。基本はコイルスプリングが採用されるが、撮影車両はエアスプリング仕様、いわゆるローライダー風にカスタムされていた。リアトランクにエアタンクを備え、スイッチで車高を上げ下げできる。タイヤはP185/75R14サイズのホワイトリボン、ホイールはアメ車にはオーソドックスなデザイン。

C3コルベットをメインに、質のいいアメリカン・ビンテージやマッスルカーをデリバリーしてくれる横浜のプロショップ。お店には常時、20台以上の車両を確保。納車時までには新車同様に仕上げてくれる信頼感は随一だ。

1965y PONTIAC CATALINA

■取材協力:マルセロ【http://www.marcelo.co.jp】

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. 2017 CADILLAC CT6 プラチナム V6 3.6ℓ AWD 世界をリードするラグジュアリー、優雅な時間を堪能できるCT6
  2. 2017 Chrysler 300C Platinum クライスラーブランドの誇る フルサイズ・ラグジュアリーセダン ク…
  3. アメマガガール、ポンティアックファイアーバード ビンテージファイヤーバードは運転が楽しい!でも化粧崩れはイヤだか…
  4. _DSC1484 ビギナーもカジュアルに付き合える仕上がりだ 1965y フォード…
  5. 1950-1960_tobira のコピー アメリカ車のイメージが確立され、ビッグ3が大躍進を遂げる
  6. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  7. DSC_3977 セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモ…
  8. 1970 DODGE CHARGER R/T、1970ダッジチャージャーR/T 何でも一番じゃないと気が済まない男が選んだチャージャー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×