SUV

全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラックエスカレード

DSC_5742

EXTREME AMERICAN
CAMOUFLAGE × Cadillac Escalade

硬派な男よりも女子ウケ抜群のフルラッピング

2017年夏以降インスタやフェイスブックを中心に露出が増え、インスタ映えするアメ車として知名度を上げてきたエスカモレード。一点豪華主義ならぬ一点突破なカスタマイズの魅力とは?

DSC_5669

どうせやるなら大胆にがコンセプト!!

カスタムシーンにおいてファッショントレンドを取り入れるのはよくある話で、以前にはハイブランドの生地や柄を用いてインテリアをメイクすることが流行った。ここ最近はというとカモフラージュ柄、略してカモフラ柄の人気が高いため、この柄を用いてドレスアップしている人たちも多い。しかし、全身カモフラ柄となれば話は別。元々カモフラ柄は軍事用に開発されただけにクルマに用いたとしても不思議ではないのだが、普段乗りでソレをやってのけるのはかなり勇気がいる。そんな大胆なカスタムに果敢に挑んだのが徳島県在住のShinyaさん。フルノーマルからホイールや車高とステップアップしていく流れを踏まず、いきなりフルラッピングという一点突破を敢行した。当初はそれこそ軍用車両の様にワイルド&クールで恐そうなクルマになるか?と予想していたものの、ファッション性の高い大柄なカモフラ柄を採用し、サイド一面に大きくキャデラックのロゴをあしらうことで思っていた以上にセンス良くまとまった。その甲斐あって女子ウケも上々な様で「写真いいですか? インスタにアップします♡」と話し掛けられることが増えたそう。ある意味カスタムに対して真面目な方からすると「ホイールも車高もノーマルやん!」といったツッコミが入るかもしれないが、それ自体がナンセンス。このクルマの最大の魅力は、全身カモフラだけど一目見てエスカレードだと分かる点にある。グリルを変更して車高を上げて、オーバーフェンダーを付けてホイール&タイヤを履き替えてと、盛り過ぎるとコンセプトを見失ってしまうのだ。アレもコレもと欲張ってゴールが見えなくなるのは本末転倒。大切なことは何を一番アピールしたいかにある。カモフラ柄が好き過ぎて全身カモフラ柄に! この潔さが最大の魅力なのだ。

DSC_5742

DSC_5661-1

クローム部分を残し、キャデラックロゴをウインドーやクローム部にかかる様に取り入れることでトータルバランスの優れたフルラッピングに。ギブソンマフラーやナイトシーンを彩るLED加工を除き、オリジナルのままであることも特筆物。

DSC_5683

OWNER
Shinya Fukutaka($hin.1.0.0.0)

DSC_5727

■Photo&Text:石井秋良

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. 1990 Jeep Grand Wagoneer 長い付き合いになると覚悟の上で相棒として迎え入れたワゴニア!
  2. 2011 CADILLAC CTS SPORTS WAGON LUXURY、2011 キャデラックCTS スポーツワゴン ラグジュアリー SUV未満セダン以上、隠れた魅力キャデラック×ステーションワゴン…
  3. 1991 GMC VANDURA、2011 CADILLAC CTS GMC・バンデューラをLAのストリートで見掛ける様なリアルスタイ…
  4. 2006y JEEP COMMANDER 7人で乗れるジープコマンダーは今もなお活躍の場面あり!
  5. Jeep JK Wrangler Unlimited Altitude 通勤から買い物までどんな時も一緒のラブラブジープLifeに迫る!…
  6. ’07 シボレーサバーバンLTZ、’07 Chevrolet Suburban LTZ、アメマガガール サバーバンに乗って、子供と一緒にドライブデート
  7. 2013 CADILLAC ATS シンプルに見えるけれど、ワンオフパーツを多用したキャデラックAT…
  8. ハマーH2、Hummer H2 オールブラックのH2は安定した走りでトランスポーターとして活躍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×