クーペ

世界が待ち望んだLBワークスの新作 2015FORD MUSTANG ECOBOOST【リバティーウォーク】

32000

LBワークス 第3弾が発売開始
モデルはマスタングだ!
LB WORKS MUSTANG DEBUT!!

1002

今年6月にLBワークス第2弾となる300が登場したのも記憶に新しいが、今度は第3弾となるLBワークスが登場した。モデルはフォードマスタング。その公開モデルをいち早く撮影したぞ!

世界中にファンが多いLBワークス

愛知県から日本全国へ、そして今では世界中にリバティウォークの「自由に歩く」のフレーズが知れ渡り、日本の伝統的カスタム「シャコタン」を現代のモデルに取り入れるLBワークスは、世界のカスタムトレンドになっているといっても過言ではない。ランボルギーニやGTⅠRといったモデルにLBワークスは設定されていたが、2015年にアメ車として初設定されたのがチャレンジャー、そして今年6月に300が登場し、その3ヵ月後の9月末、第3弾となるLBワークスマスタングが登場した。その怒涛のスタイルを初公開する!

熱烈ラブコール
LBワークスマスタング

32000

今だから言えるが、実はLBワークス300の完成披露の撮影時、第3弾の構想をスタッフから教えられていた。そのモデルはマスタングエコブーストになると。ただ、本誌でも人気のマスタングではあるが、今までのリバティウォークの車両展開から考えると、マスタングとは意外だ。聞けば「欧州にあるLB代理店や、日本のオーナーさんからLBワークスマスタングを製作して欲しいと要望があった」という。実はマスタングエコブースト、欧州では人気のモデルだ。その熱い思いに答えるのが、自身が50周年記念を迎えた加藤社長。それを記念する主催のイベントで、LBワークスマスタングを登場させるべく製作を進行。ただ残念ながらイベントは台風で中止(10月に延期)になってしまったが、LBワークス・アメ車第3弾のマスタングは完成となった。LBワークスの代名詞であるオーバーフェンダーはF6、R8㎝のワイド幅。フロントディフューザーにはカナードが加わり、それに続くデザインのサイドディフューザー、リアディフューザーと並び、ダックテールまでがワークスコンプリートキット。今回のモデルには、オプションパーツであるダクトボンネット、エアレックス・エアサス、フォージアートF20×9・5J、R20×12Jが装着されている。早速海外からもオーダーがあるなど反響は高く、今年のSEMA SHOWにも出展予定。世界のLBは今後も快進撃が続く。

116

LB WORKS マスタングコンプリートキット
680,400円
■適応車種/2015y~フォードマスタング
■セット内容/フロントディフューザー、フロントカナード、サイドディフューザー
リアディフューザー、ダックテール、ワイドフェンダー

LB PERFORMANCE マスタングコンプリートキット
496,800円
■セット内容/フロントディフューザー、フロントカナード、サイドディフューザー
リアディフューザー、ダックテール

※単品価格:フロントディフューザー/140,400円 サイドディフューザー/124,200円
リアディフューザー/124,200円 ダックテール/108,000円
ダクトボンネット/237,600円(オプション) AIRREX AIR SUSPENSION/790,000円

LBワークスコンプリートキットは、オーバーフェンダー(F/5㎝・R/8㎝ワイド)を含むすべてのパーツがコンプリート(ボンネット・エアサスは含まない)。LBパフォーマンスコンプリートキットは、オーバーフェンダー以外がコンプリート(ボンネット・エアサスは含まない)。今回装着するホイールは、フォージアート・マグリアECLのF20×9.5J-50/R20×12J-38。タイヤはF245/35/20/R295/30/20。

リバティウォークのボディキットは、オーバーフェンダーを用いたフルボディキットの「LB WORKS」、ベース車両のイメージをそのまま生かした「LBPERFORMANCE」、 国産車を中心としたエントリーモデル「LB nation」を展開する。アメ車は、2015年にLBWORKSチャレンジャー、今年6月にLB WORKS 300が登場し、世界中から大きな話題を呼んだ。

左)LB WORKS CHALLENGER / 右)LB WORKS 300

■写真/古閑章郎 ■文/相馬一丈

アメ車マガジン 2017年12月号掲載


関連記事

  1. 2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392 ボディカラーはマイカラーである青のB5ブルーのチャレンジャーSR…
  2. アメマガガール、アメ車女子 アメ車が好きというよりは、とにかくチャレンジャーが大好き
  3. チャレンジャー、ライオンハート 新車のチャレンジャー中心だが手の届きやすい価格も両立する良心派
  4. CHEVROLET CAMARO ZL1、シボレー カマロ ZL1 非の打ちどころがない、ハイパフォーマンスマッスルカーのカマロZL…
  5. 0S7A8016 V8 351搭載のホットなランチェロGT【BUBU横浜】
  6. ’64 Ford Ranchero、64 フォード ランチェロ 乗用車スタイルの2ドアピックアップのランチェロは、超がつくほどマ…
  7. 337T5386 乗って楽しんでこそマッスルカーの魅力が分かる【F-PERFORM…
  8. _DSC8390 LBワークスボディキットをまとい、広島で一番のチャレンジャーに乗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×