SUV

四角いチェロキーに興奮が蘇る。ラグジのLAX STYLE。

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE

EXTREME AMERICAN

ラグジが新たなコンセプトプロジェクトを始動。それがLAX STYLEだ!

チャレンジャーで確固たる地位を築いたラグジが、新たなコンセプトのもと、XJチェロキーをベースにしたカスタムスタイルを作り上げ、同車両を販売する新店舗「LAX STYLE」を立ち上げた。今までのラグジにはないアウトドアカーライフもLAX STYLEでは提案していくため、ラグジとはまた別のショップの動きになっていきそうだ。

市場が沸き立つために何かを仕掛けていく

かねてより話題になっていた、ラグジの新コンセプトが発表となった。それが「LAX STYLE」だ。LAX STYLEは、アメリカの最新スタイルを取り入れた車両を販売し、ロサンゼルス国際空港(LAX)のように国際色豊かな感性と人々が交わる場所として、LAX STYLEという新店舗をオープンさせ、今までのラグジにはないカーライフを提案する。その旗艦となるモデルがXJチェロキーというわけだ。

日本におけるダッジ・チャレンジャーカスタムの火付け役として、長年最先端を走り続けるラグジではあるが、ブームには必ず終わりがあることも想定し、「チャレンジャーとは別の、新しいカスタム文化やライフスタイル」を模索していた。チャレンジャーのように世間が驚き、ワクワクさせる車両は一体なんだろうか、と。

日本の輸入車販売で苦戦が続くアメ車ではあるが、ラングラーを筆頭に唯一奮闘するのがジープブランド。ジープという分かりやすいキャラクターが、アメ車に興味はなくともジープには興味はあるという声も多く聞こえてくる。もっと多くの人にアメ車に興味を持ってもらうためには、ジープモデルが一番の選択肢になる。だからといって、すでにラングラーのカスタム市場は群雄割拠。ここに今さら勝負を挑むのでは、世間を本当に驚かせることはできない。

そこで代表の島澤氏が考えついたのが「原点回帰」だ。16年前の創業当時、様々なつるしのアメ車を販売していくなか「何か独自のスタイルを出さないと、競合店には勝てない」として、ナビゲーターエスカレードが流行する市場に対し、敢えてフォード・エクスペディションのオリジナルカスタムを提案。これが多くの支持を受け、個性の重要性を認識した。

そして当時、エクスペディションと最後までカスタム候補に挙がっていたのが、スクエアなボディで軽快な走りとパワーが大きな人気を得ていたXJチェロキーだった。「僕と同じ40代やその上の人は、若いときにジープといえばラングラーじゃなく、XJチェロキーだった人も多いハズ。その当時を振り返りつつ、あの時できなかったXJチェロキーのカスタムをやるのも面白いかな、と。市場が沸き立つためには、誰もが驚く何かを仕掛けていかないとね。まさかXJチェロキーとは想像もしなかったでしょ?」と、島澤氏は語る。こうして2019年春にプロジェクトがスタートし、今夏にその全貌が明らかになったのである。

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

LAX STYLEからフルコンプリート&ハーフモデルを販売

新たに誕生したLAX STYLE のXJチェロキーは、アメリカから直輸入の4種類のパーツやホイールなどを加えたフルモデル、部分的なパーツだけを加えたハーフモデルのカスタムコンプリート車両を販売する仕組みとなっている。

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

コンプリート車両価格は150~250万円

新コンセプト&新店舗名であるLAX STYLE。そこから発売される車両はただひとつ、XJチェロキーだ。ノーマルの車両販売は無く、アメリカから直輸入したパーツなどを含む数々のパーツが装着されたフルモデル、部分的なパーツを装着したハーフモデルのコンプリート車販売となる。

まず、XJチェロキー・LAX STYLEの肝となるボディパーツが、ジープ伝統の7本スリットをさらに奥行きをだしたフロントグリル、バンパー、前後フェンダー、リアバンパー。フルモデルでは、これらパーツ装着の他に、オールペン、ホイール選択、3インチリフトアップ、LEDバーライト、JKテールレンズ、LEDヘッドライト、シートカバー、ルーフ張り替えが標準設定。ハーフモデルは、この中からいずれかの装備を外したモデルのことだ。追加オプションとして、絨毯張り替え、カラーシートベルトなども用意する。車両の初期メンテナンスとして、基本消耗品交換は実施される。しかし、あくまでもベースは20年以上前のモデルだけに、メンテナンスの心構えは必要となる。

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

気になる車両価格設定だが、フル&ハーフモデルで150~250万円を予定。選択するホイールや、特殊なボディカラーによって、価格が変動する仕組みだ。とはいえ、オールペンや各種パーツが込みでこの価格となれば、破格の安さといえるだろう。なお、今回お披露目された姿はプロトタイプ。

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

JEEP XJ CHEROKEE LAX STYLE、ジープ チェロキー

アメリカから直輸入したLAX STYLEのボディパーツが、グリル、フロント&リアバンパー、フェンダー。ジープ及び XJチェロキーのイメージを大きく変えるのではなく、グリルで言えばジープ伝統の7本スリットを残しながら、堀を深くするデザインとなっている。レンズ類はすべてLEDとなり、テールレンズはJKラングラータイプをインストール。ヘッドライトも5種類の中から選択が可能。今回のプロトタイプにはワンオフのマフラーが装着されているが、販売するコンプリートモデルではオプション装備となる。オールペンもフルコンプリートの標準設定で、基本消耗品の交換も実施される。

フルコンプリートモデルでは、LAX STYLEのボディパーツの他に、ホイール選択、3インチリフトアップ、ルーフ張り替え(モケット素材・カラーはブラック、グレー、ベージュから選択)、ベージュシートカバーが標準設定。今回の車両は絨毯も張り替えられているが、これはオプション設定となる。

What’S
JEEP XJ CHEROKEE

Jeep-Cherokee

1974年に登場した初代チェロキー(SJ)は、AMC(アメリカン・モーターズ・コーポレーション)によって開発されたフルサイズステーションワゴン。1984年に大幅改良された2代目としてXJチェロキーが登場する。87年からエンジンは、TJラングラーにも搭載する伝統の4ℓ直6に変更。93年からは右ハンドル仕様で日本でも発売され、97年にはフェイスリフトを行なっている。2001年まで発売され、同年秋に3代目となるKJチェロキーが登場する(北米では車名はリバティであったが、日本ではチェロキーに変更となった)。チェロキーといえば、01年までのXJチェロキーを思い浮かべる人がほとんどだろう。

チェロキー専門店 LAX STYLE
所在地:岐阜市北一色7-25-24
TEL:058-248-0094


関連記事

  1. 【JLラングラー】不変のアイコンを変えずに進化させる、デザインの…
  2. JEEP JL WRANGLER、ジープJLラングラー 新発想のワイドボディキット JLラングラーのデザインを高める新パ…
  3. JLラングラー 2台のJLラングラーアンリミテッドを存分に走らせて使ってみた!
  4. 2018y FORD EXPEDITION XLT、2018y フォードエクスペディションXLT エクスプローラーを超える存在感と機能性のエクスペディション
  5. 2019 ジープラングラー サハラ 、2020 ジープグラディエーター オーバーランド アンリミテッドをベースとしたピックアップトラック「グラディエータ…
  6. 2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK ノーマルと圧倒的に存在感が違う、史上最強&最速のJEEPが降臨!…
  7. ハマーH2、Hummer H2 オールブラックのH2は安定した走りでトランスポーターとして活躍
  8. _N6I0686 本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに【…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×