シボレー

無類の乗り物好きが自然体に楽しむ、アメ車&バイクのフレンドリースタイル

1979 CHEVROLET C10 / 1956 HARLEY DAVIDSON FLH

1979 CHEVROLET C10 / 1956 HARLEY DAVIDSON FLH

1979 CHEVROLET C10 / 1956 HARLEY DAVIDSON FLH

これが俺たちのAmerican Life
アメ車と一緒に素敵なアメリカンライフ

変な見栄なんて皆無、身の丈に合ったアメ車とバイクを謙虚にエンジョイする!

縁があって入手したパンヘッド・チョッパーは、愛機として20年連れ添う仲。お揃いの黄色をまとうC10ステップサイドは、趣味車のふりして実は3人家族のファミリーカーとして活躍中なのだ!

マニアックなこだわりよりも純粋に乗り物が好き!

自分好みに仕立てたジョッキーシフトのパンヘッド・チョッパーを所有している時点で、オーナーは相当のマニアという印象。そしてクルマは、ポピュラーなC10ながらも、ステップサイドだし、バイクと同じイエローの車体色だったりと、かなりの拘りを感じる。でも、実際にはマニアックなこだわりはなく、純粋に乗り物好きとしてのチョイス。身の丈を踏まえて、良い巡り合わせで出会った個体を入手したというスタンス。子供の頃からとにかく乗り物が大好きで、他のことは憶えなくても、クルマの名前は一度で憶えるようなタイプだった。修学旅行で訪れたカリフォルニアで撮ってきた写真は、すべてハーレーだったり。

1979 CHEVROLET C10

そんなわけで、バイクは何はともあれ、手軽な原付からスタートして、ステップアップをしながら、縁があってパンヘッドのチョッパーを入手。カジュアルな普段乗りから、遊びでドラッグレースにも参加したりで、所有して20年が経過。クルマは3人家族のファミリーカーとして機能することを条件としながら、VWビートル、初のアメ車としてダッジ・ダートを経て、現在のC10にステップアップ。ちなみにダートはマッスルでもV8でもなく、直6エンジンの4ドア・セダンという極めてフレンドリーな仕様だった。

対して、現在のC10は、ハイパフォーマンスな仕様のV8搭載車で、マッスルなポテンシャルを味わえる。エアコンも完備して、ファミリーカーとして活躍する信頼性も確保しつつ、購入価格も維持費もフレンドリーな個体なのだ。

以前乗っていたダッジ・ダートにしろ、クルマはあくまでもファミリーカーとして機能することがポイント。3人家族なので、フルサイズ&ベンチシートのC10は居住性的にも問題なし。ドアノブがシェイブされた状態なので、普段乗りとしては扱いが面倒。搭載エンジンは、センターボルトのコルベットモーターをホットにモディファイした状態で換装されている。ホイールは前輪に合わせて後輪もクレーガーSSを望むも、予算の関係で今のところお預け。現車は79年型だが、好みに合わせて73~78の独立したライトベゼルにアレンジ。

1956 HARLEY DAVIDSON FLH

ハーレーは、スポーツスターを経てこの56年型H-D FLHを20年前に入手。エンジンはハイコンプな1200cc。NOSのタンクは伊達じゃなく、ドラッグレース時に活躍。最近エンジンをリフレッシュして路上復帰したばかりで、そのタイミングで燃料タンクを変更。塗装前の状態の現在は、戦闘機風のグラフィックをマーカーペンにて自分で描いて遊んでみたり。2台目としてカワサキの“ゼッツー”を入手したと聞いて驚いたら、KZ200という可愛いサイズながらも北米仕様だったり!雰囲気のあるグラフィックはDIYによるもの。

IMG_1423

萩野哲治さん

無類の乗り物好きながら、変なこだわりがなく自然体なのが印象的。バイクもクルマも乗って楽しむタイプ。ちょっとした修理やアレンジは、楽しみながらDIYしている。とにかく乗り物好きで、プラモデル製作やラジコンカーもホビー。いずれも身の丈に合った付き合い方なのが素敵。


Photo & Text:石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 5月号掲載


関連記事

  1. 2015 Chevrolet Corvette Z51 ワイルドでありながら上品さも併せ持つスタイリッシュなC7
  2. メイン 〝ヴィンテージカーに安心して乗れる〟その楽しさをしっかり教えてく…
  3. 2019 FORD RANGER XLT SuperCrew 4x4 ジャストサイズなレンジャーをより魅力的にカスタマイズ!
  4. 2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー 女子ウケもバツグンのシルバラードにズームアップ!!
  5. IMG_8113 足グルマが立派なカスタムカーに変貌【1981 Chevy K5 …
  6. DSC_1493_opt フォードのセダンピックアップ「ランチェロ」という選択 フォードラ…
  7. 2019 シボレー シルバラード LTZ、2019 CHEVROLET SILVERADO LTZ シボレーシルバラードは、迫力のマスクで復権を目指す。
  8. シボレーエクスプレス、CHEVROLET EXPRESS 収容力を求めるならこれしかない大型ペットを乗せるにも便利 シボレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×