ピックアップトラック

【フォードF-150ラプター】世界中に名を馳せるパンデムのエアロパーツで更に巨体に!

2015 FORD F150 RAPTOR

2015 FORD F150 RAPTOR

2015 FORD F150 RAPTOR

アメ車で傾け -kabuke-

猛禽類を進化させた、まさに野獣!

FORDのフルサイズピックアップファミリーに属するものの、ワークホースではなくスポーツトラックと言うべきラプター。特にサスペンションはまるで別物で、ノーマルのままオフロードレースに参戦できる反則級のマシン。それをAZRがグラマラスかつエレガントに仕上げる。

縦横をサイズアップしノーマルを凌ぐ存在感

「カスタムしたF150ラプターが今回の取材車両です!」という編集部からの指示を受け、向かった先は愛知のアズールモータリング(以下AZR)。そもそもラプターはFORD自らがカスタムした様なクルマなので、もはや手を加える所なんて何もないはず…。サスペンションも純正でFOXレーシングが装着されているので、交換する意味は全くない!言わばプロショップ泣かせと言っても過言ではないモデルだ。

_N6I3774

そんな先入観を持ってAZRへ向かうと、そこに待ち構えていたのはリフトアップ&オーバーフェンダーの装着を行ない、縦横の両方向がサイズアップした仕様。まさにラプターであって、もはやラプターを超越した全く存在と呼ぶにふさわしい、個性のカタマリと言うべきであった。

ブリスターフェンダーが違和感なく調和する

そもそもラプターは、通常モデルのF150よりもリフトアップされ、35インチタイヤを標準装備。ショックアブソーバーも先述した様に、しなやかでありながら高いコーナリング性能も両立するFOXを採用するなど、走りに特化したモデル。フロントマスクは専用品となるが、その他は共通なので物足りなくないと言えば嘘になる。

2015 FORD F150 RAPTOR

2015 FORD F150 RAPTOR

とは言え、ラプター用のパーツなど世界中見渡しても無いのでは…と思ったら、まさかのジャパンブランドからリリース中。AZRがチョイスしたのは、世界的にも有名なTRA京都。ロケットバニーブランドの名を聞いた人は非常に多いと思うが、その兄弟ブランドであり、ブリスターフェンダーを展開する「PANDEM」のボディキットを装着。片側だけでフロントは約15cm、リヤは20cmワイド化を実現し、ノーマルとは全く別のボディラインを実現している。

サスペンションは4インチのリフトアップを実施するが、ノーマルの良さを損なわぬ様、ファブテックのキットを使用してフロントメンバーをダウン。ナックルをロングタイプに変更する事で、ストロークを損なわず車高をアップ。リヤはブロックとショック延長ブラケットを使用し、ノーマルよりも大きな37インチのオープンカントリーR/Tを装着する。ホイールはPOKALの20インチを組み合わせており、まさに最新のアメリカンスタイルと言うべきサイズ。実際20インチぐらいでないとホイールが貧弱に見えてしまうので、トータルバランスも考慮したカスタムと言えよう。

_N6I3910

第2世代のラプターとしては初年度モデルとなる2017 年式。V8・6.2ℓもラインアップされるが、この個体は3.5ℓのエコブーストツインターボを搭載。ボディの殆どにアルミを採用する事で、非常に軽快な走りを実現。

メーターフードのデザインなどは一般モデルのF150と共通だが、ラプターは走りを重視するためフロアシフトを採用。しかもATは10速を搭載。トランスファーの切り替えはダイヤル式で、リヤデフロックやトレーラー牽引用のブレーキシステムも標準装備。また安全性を考慮して、マルチアラウンドビューモニターを装着。

大胆なボディキットで印象を変えるがラプターの長所はそのまま活かす

_N6I4034

純正ボディに追加するだけで、全く別のクルマへと進化させるパンデムのブリスターフェンダー。フロントは15mm、リヤは20mmワイドで、エッジの効いたボディラインを更に際立たせ、他には無い存在感を放つ。

前後のオーバーフェンダーを繋ぐ、独特なスタイルのランニングバーを装着。フロントウインドウの上には、ZROADZ製の52インチのカーブしたLEDランプバーをセット。ワイルドさを強調する。

37インチのTOYOのオープンカントリーR/TにPOKALの20インチ

ラプターにはFOXレーシングのサスペンションが標準装備され、この足回りのポテンシャルのためにラプターを買うと言っても過言では無い。そのためショック&スプリングは純正で、ファブテックのキットで4インチリフトを実現。37インチのTOYOのオープンカントリーR/TにPOKALの20インチを組見合わせ、快適性も重視する。


ブラックとシルバーで様々な車種にマッチするSKY PERFORMANCE ホイール

高い品質で魅力的なデザインを追求、世界を狙うSKY FORGED

エスカレードの究極カスタム フルorハーフのフルエアロスタイル

大きなクルマに乗りたい。そんな彼女が選んだのは、可愛らしい雰囲気とは対局のJKラングラー。

愛犬優先のSUV フォードエクスプローラーを選択。


Special Thanks:AZZURRE MOTORING
TEL:0562-95-0678
URL:http://azzurre-motoring.com


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2020年 6月号掲載


関連記事

  1. 1965 Ford Mustang マスタングのもっともベーシックな仕様である、直6エンジン搭載の第…
  2. 2020 Mustang Shelby GT500 次期マスタング?SUVモデル?EVモデル?大きく変貌を遂げるマス…
  3. 2020 フォード エクスプローラー ST、2020 FORD EXPLORER ST 人気は本国でも快調! 新型第6世代エクスプローラー
  4. 2015 Dodge Challenger SRT Hellcat、2006 Dodge Ram SRT-10 ヘルキャット&SRT10のハイパフォーマンスを義兄弟二…
  5. 2012y フォードシェルビーGT500SVT、2012y FORD SHELBY GT500 SVT 誰でも乗れるクルマには乗りたくない、目指すは究極のシェルビーGT…
  6. _N6I3532 極薄扁平マッドタイヤに合わせるのは特注鍛造RBPホイール
  7. IMG_1559 ストリートロッドのベース車として、ダントツ人気のデュースこと32…
  8. '68 FORD MUSTANG、'08 FORD MUSTANG US BULLITT ストーリー性あるクルマとのカーライフ、それぞれのマスタング・ブリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×