OTHER

USトヨタのツートップ、タンドラ&セコイアを改めて眺めてみる

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition、2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition、2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition
2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

今こそ乗りたい「逆輸入車」-Now is the time to ride Reimport cars-

一時のブームは落ち着いた様相ではあるなかで、改めてUSトヨタのツートップであるタンドラ&セコイアをじっくりと検証してみたくなった編集部のリクエストに応えてくれたのは、創業当初から変わらずにUSトヨタのクルマをメインに取り扱ってきた「コロンブス」だ。


タンドラ1794エディション、マイナーチェンジで登場した最上級グレード


逆輸入車の人気を二分するUSトヨタのトラック&SUV

逆輸入車人気を牽引したのは間違いなくトヨタ・タンドラで、それを疑う人は誰もいないだろう。形状はピックアップトラックということで、ワークホースという一面はもちろんだが、アクティブギアとしての側面も持っている。それにアメリカンピックアップトラックたちと比較しても見劣りすることのないボディサイズだけでなく、デザイン的にも存在感を発揮。

それが人気を支える理由となった。それと2014年モデルから新型へとスイッチしたことに加え、オフローダーに特化したスペシャルモデルであるTRD PROをラインナップするなど、バリエーションを充実させてきた。その一方で、タンドラとプラットフォームを共有するセコイアはというと、2008年に2代目が登場して以降、2018年モデルでLEDヘッドライト、デイタイムランニングライト、フォグライトを装備したフロントフェイスを形成してマイナーチェンジを図っている以外は現在に至るまで基本的には姿形を変えていない。

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition、2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

いずれにしても、USトヨタのピックアップトラック&SUVのツートップであるこの両車を専門に取り扱ってきた唯一のショップであるコロンブスに両車の最新モデルを用意してもらい、今回は改めてじっくりと検証してみることにしたわけである。

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition

まずはタンドラだが、モデルは最上級グレードとなる「1794エディション」。このグレードはタンドラが2014年モデルでマイナーチェンジした際に追加され、現在まで続く人気のグレード。特徴はプレミアムブラウンレザーに木目調パネルを配して仕立てたウエスタンをテーマとしたインテリアで、他のグレードとは明らかに異なるデザインで特別感が演出されている。

2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

そしてセコイアはというと、2021年モデルから追加となった「ナイトシェードエディション」。このモデルは闇夜をイメージしているためブラックを基調としたコーディネイトが特徴である。そのためホイールを筆頭にモールやエンブレム、インテリアもブラックで仕立てるなど、とにかくブラックにこだわったところがポイントになっている。

久々にじっくりと両車を考察することができた今回だが、タンドラに関しては2022年モデルでフルモデルチェンジすることが発表されている。細かい仕様などはまだ発表されていないものの、ランドクルーザー300にV8の設定がないことを考慮すると、もしかしたら…とも考えられる。さらにそれがセコイアにも波及することも考えられないわけではない。たとえV8がラインナップからなくなったとしても両車が魅力的なモデルであることに代わりはない。

ちなみにコロンブスでも2022年モデルの新型タンドラに期待を寄せており、既にオーダーを入れている。日本到着が待ち遠しい。

日本未導入なジャパンブランド のフルサイズトラック&SUV

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition

ヘッドライトはLEDで、さらにLEDのアクセントライトでコの字型を描く。ボディサイドに配された1794エディションのバッジが誇らしげに輝く。足もとには20インチのプレミアム6スポークホイールにブリヂストン・デューラー(P275/55R 20)を装着。リアベッドのサイズは5.5フィートのショートタイプ。

DSC_4913

タンドラに用意されているエンジンは381hp、401lb-ftを出力する5.7ℓ i-FORCE V8の1機種のみで、1794エディションにもこのユニットが搭載されている。

DSC_4967

操作性を向上させたスイッチパネル回りのデザインはメカニカルなテイストで、頭上には解放感溢れるサンルーフを装備。ダッシュパネルやドアパネルには木目調パネルを組み合せるとともに各所にロゴを配した1794 エディションのインテリアは、これまでのピックアップトラックのイメージからは想像できないほど、ゴージャス以外に言葉が見つからない。

タンドラのキャビンはグレードによってダブルキャブとクルーマックスの2タイプからセレクトできるが、トップグレードとなる1794エディションのキャビンはクルーマックスのみ。その車内はピックアップトラックとは思えないほど広く、窮屈さを感じることは微塵もない。

2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition

ダーククロームグリル、アンダーグリルサラウンド、サイドモール、フォグライトサラウンド、セコイアバッジ、ブラックミラーキャップ、ドアハンドル、20インチブラックスプリットスポークアロイホイールがナイトシェードエディションである証。ちなみにボディカラーはミッドナイトブラックメタリック、マグネティックグレーメタリック、ブリザードパールの3種をラインナップ。撮影車両はミッドナイトブラックメタリック。

DSC_4796

ナイトシェードエディションに搭載されるエンジンは381hp、401lbftを出力する5.7ℓi-FORCE V8で、ほかグレードとも共通の仕様となっている。

DSC_4841

ナイトシェードエディションはそのネーミングどおりブラックを基調としたカラーリングで構成されており、エクステリア同様インテリアもブラックをメインに仕立てられている。シートはレザーで3列備え、セカンドはセパレートタイプとなっており、乗車定員は7人。インパネ周りももちろんブラックでコーディネイトされている(アルパインオーディオは後付け)。

スライディングサンシェードを備えたワンタッチチルト&スライドパワームーンルーフを装備する。リアゲートのウインドーはラゲッジドアのSEQUOIAロゴ横にあるスイッチにて開閉が可能となっており、ドアを開くと積載スペースが確保され、その下にも収納を用意。


16インチにも及ぶモンスター級のリフトアップによる圧巻のインパクト!


COLUMBUS【コロンブス】

TEL:042-332-0035
HP:https://www.columbus-japan.com/


PHOTO&TEXT:編集部

アメ車マガジン 2021年 11月号掲載


関連記事

  1. _N6I6048 大きなアメ車が大好き!ハマーH2  YOSHIKO☆アメマガガー…
  2. 2021 CADILLAC ESCALADE 【キャデラックエスカレード】王者の進化 今なおプレミアムSUVの…
  3. DSC_8323 ゴリゴリのカスタムするも良し ノーマルで小粋に乗るのもナイスなH…
  4. 2006y FORD F350 SUPER DUTY 【フォードF350 スーパーデューティ】アメ車に求めるインパクト…
  5. 2021 TOYOTA TUNDRA SR5 タンドラの新色キャバリーブルー、ピックアップもカラーで楽しむ
  6. 2016 GMC Sierra All Terrain X 人気のフォードF-150ラプターへGMが放つ刺客となるのか? G…
  7. 1986y CHEVROLET C10、1986y シボレーC10 ショートモデルながら十分な大きさの荷台を持つC-10。アウトドア…
  8. DSC_5228 フルサイズに引けを取らない ミッドサイズピックアップ GMCキャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×