クーペ

大人の嗜みでちょうど良い塩梅に仕立たBUBU阪神のチャレンジャー

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

AMERICAN CUSTOMS

フェンダーマット塗装とローダウンでワイドフォルムに拍車を掛ける!

BUBU阪神の在庫車両は本国モデルの希少カラーや限定モデルが中心。そんなイメージを抱きがちな読者必見。要望があればどの様な仕様にもカスタムして納車が可能。その代表作として今回自社カスタムコンプリートを施したチャレンジャーを徹底リポート。

純正然としたフォルム造型を生かすのが、大人の嗜み

カスタムと聞くとハイインパクトカラーや鍛造大口径、ディープリムにエアサス。中にはガルウイングなど、イベントで見かけるショーカー的なイメージを抱きがちではあるが、中にはさり気なくほかと差別化させたり、こっそりと個性を主張する絶妙なさじ加減を良しとするスタイルも存在する。詳しくない人から見れば純正かと見間違えるほどナチュラルに溶け込む落ち着いた仕立てもまた、カスタムの醍醐味と言える。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

そんな大人の嗜みでちょうど良い塩梅に仕立てるのが紹介するBUBU阪神のチャレンジャー。R/Tスキャットパックワイドボディをベースにリップスポイラー同色のマットな質感でワイドフェンダーをマッチペイント。さらにロー&ワイドフォルムを惹きたてるべく、H&Rローダウンキットでロワードフォルムへ。ほど良くスパルタンな仕立てとなったところで、それに遜色ない様にモパー製のボンネットフードピンを設けて、エンジンルームへと目をやるとタワーバーとエアインテークがレーシーさを引き立てる。ボトムスはデビルズリムの20インチに305/35ZR20を装着しており、ブレンボ6ポッドブレーキシステムが予め装着済。この辺りまで手を加えてしまいがちではあるが、余力を残して楽しむところも粋。カスタムの醍醐味は手数の多さだけじゃない。どの様に素材の魅力を増していくかに面白味がある。

チャレンジャーはグレードや仕様が豊富で、ディーラーメイドカスタムのクォリティーが高い個体なので、その絶妙な塩梅を見極めるセンスがスタイリングの決め手となると言えるだろう。

485hpを発生させる6.4L、V8の392HEMIエンジンを搭載するスキャットパック。そのパフォーマンスをエアインテークでさらに向上させてタワーバーで剛性を強化。ボンネットフードピンは一手間増えるが、その存在感は格別。タダモノではないオーラがヒシヒシと伝わってくる。

DSC_5904

H&Rのローダウンキットでワイドフォルムに拍車を掛けたロー&ワイドフォルム。オーバーフェンダーをマットブラックに塗装することでその造型美を鮮明に印象付ける。デビルズリムの太いホイールに装着される305/35ZR20は同等の社外品に換装するよりも、オリジナル重視がベター!


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良

アメ車マガジン 2022年3月号掲載


関連記事

  1. 2006 Dodge Magnum SRT8 わずか4年の短命に終わるマグナムだがSRT8の市場価値は高い
  2. 1979 PONTIAC FIREBIRD YouTubeが世界中のアメ車ファンを繋いでくれた
  3. 2017 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT、2017 CHEVROLET CAMARO ZL1 C7のグランスポーツと、カマロのZL1を所有する理由を聞いてみた…
  4. 2007 CHEVROLET CORVETTE、2007 シボレーコルベット ライバルである兄にはコルベットの購入をずっと秘密にしていた
  5. FORD MUSTANG、フォードマスタング、アメマガガール 18からの憧れを実現、即決購入の勢いガール。ド派手なカスタムマス…
  6. 名車68マスタングと69カマロ 名車68マスタングと69カマロのレストア&カスタムプロジェクト開…
  7. _DSC0597 ワイルド・スピードを見て親子がマッスルカーデビュー!
  8. 2015 DODGE CHALLENGER R/T マスタングからB5ブルーのチャレンジャーへ乗り換えを決断

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×