OTHER

フルモデルチェンジした3代目タンドラは、テクニカルマッスルがコンセプト

2022 TOYOTA TUNDRA SR5 4×4 CrewMax 5.5-Ft.Bet

2022 TOYOTA TUNDRA SR5 4×4 CrewMax 5.5-Ft.Bet

2022 TOYOTA TUNDRA SR5 4×4 CrewMax 5.5-Ft.Bet

テクニカルマッスルがコンセプトのクールな外観

2022年、USトヨタ最大の話題はフルサイズピックアップトラックのタンドラがフルモデルチェンジを実施したことだ。その最新モデルをいち早く日本へ導入し、販売をスタートさせたコロンブスの輸入第一号車を紹介する。


contact-or500


さらなるパワーアップと乗り心地の大幅な改善!

世界一の信頼性と耐久性を持つピックアップトラックとして、アメリカにおいて絶大な指示を受けているUSトヨタのタンドラ。ミドルレンジのタコマに対し、タンドラはフルサイズのピックアップトラックであり、迫力ある外観と豪華な装備などで人気となっている。

そのタンドラが2022年の1月に3代目となるフルモデルチェンジを実施。これをいち早く輸入し販売しているのが、東京の小平市に位置するコロンブスだ。2004年からタンドラを始めとした数多くのUSトヨタを輸入してきた実績を持ち、恐らく日本で最初に新型タンドラの輸入に成功したショップでもある。

2022 TOYOTA TUNDRA SR5 4×4 CrewMax 5.5-Ft.Bet

輸入第一号となったのはミドルグレードに位置するSR5のコンビニエンスパッケージ。これに追加オプションをプラスしたホワイトカラーのタンドラだ。ちなみに5.5ft(約167.6cm)は標準のベッドの長さで、6.5ft(約198cm)モデルも存在する。

コンビニエンスパッケージは、ヒーテッドパワーアウターミラー、ブラインドスポットモニター&レーンアシスト、パーキングアシスト&自動ブレーキ、32ガロンラージタンクがセットになったもの。追加したオプションパーツはオールウェザーフロアマット、ベッドステップ、スプレーオンベッドライナー、プレデタードロップステップ、TRDフロントスキッドプレート、TRDの20インチアルミ、ファルケン・ワイルドピークA/T3WA。標準のSR5よりも安全装備、快適装備、そしてワイルドな印象を与える装備がプラスされた1台となっている。

3M7A6482_2 の

外観は「テクニカルマッスル」をコンセプトにデザインされたもので、先代以上に迫力を増したフロントマスクが目を惹く。SR5にはマットブラックの大型グリルが付き、そこにはLEDのデイライトが付属する。

フロントグリルに加えて、オーバフェンダー、サイドシルガード、リアバンパー、リアゲートトップ&ベッドインナーなどをブラックカラーでコーディネート。さらにAピラーもブラックカラーとなっており、これは3代目タンドラの特長的なカラーリングのひとつとなっている。

パワートレーンはランクル300と同じ3.5LのV6ツインターボのガソリン。ただし、タンドラのそれはより実用域を重視したためか若干ディチューンされた389hpユニットとなり、これに10速ATが組み合わされる。先代の5.7LのV8が381hp/55.5kg‐mというスペックに対し、新型はそれを上回る389hp/66.3kg‐mを発揮しながら低燃費も実現。

駆動方式はローレンジを持つパートタイムの4WDで、その操作はシフト後方の小さなスイッチで行う。またオートマチックLSDも備わっており、タフな4WD性能を確実に進化させたと同時に、リアサスをマルチリンク式としたことで乗り心地を大きく改善。より快適なロングドライブが可能な乗り味となっている。

2022 TOYOTA TUNDRA SR5 4×4 CrewMax 5.5-Ft.Bet

室内はよりワイドでスポーティな印象。アップルカープレイとアンドロイドオートが搭載済み(スマホ接続でカーナビや音楽アプリ再生が可能)の8インチタッチスクリーンオーディオマルチメディアは、9つのスピーカーと標準装備となる。もちろんバックカメラの映像も8インチモニターに映し出される。シートは前後ともファブリックトリム。リアは6:4のスプリットフォールデン式で、アンダーボックスも備わる。

その他、快適装備も安全装備も十分以上に充実しており、フルサイズのプレミアムSUTに相応しい装備とメカニズムを持つ。この最新型タンドラ、車両本体価格は1200万円となっている。


contact-or500


排気量こそダウンしたがサイズも走りもアップ!

3M7A6363

3M7A6370

ヘッドライト、デイライト、フォグランプ、テールランプはLEDを採用。大型のグリルは横スリットデザインのマットブラック。グリル周辺のトリムもマットブラックとなり、SRおよびSR-5グレードの標準グリルがこれである。

3M7A6378

3M7A6419

サイドシルガードとステップが一体式となったプレデタードロップステップを追加装着。テールゲート左下には格納式のベッドステップも付く。プレデタードロップステップとベッドステップはコロンブスが追加したオプションパーツだ。

3M7A6440

3M7A6480

3M7A6445

3M7A6450

3M7A6568

テールゲート上部はスポイラー風のデザインを採用。ベッドとゲートインナーには、キズ付き防止のスプレーオンベッドライナーを施工。またベッドサイドにはアジャスタブル式のサイドレールも装備している。キャビン後方にはLEDのストップランプとワークランプがインストールされている。


contact-or500


3M7A6352

3M7A6357

3M7A6434

TRDの12本スポークアルミホイールにFALKEN WILDPEAK A/T3WA(265/60R20) タイヤを組み合わせたボトムス。TRDのスキッドプレートもオプションだ。リアサスはリジッド+リーフからマルチリンク+コイルへと大変更され、乗り心地は大幅に改善されている。

3M7A6375

エンジンルームに余裕がある3.5LのV6ガソリンツインターボユニットを搭載。可変バルタイ&リフト機構を吸排気に備えるデュアルVVTiシステムや高温となる圧縮エアを冷却し酸素密度を向上させる水冷式インタークーラーを採用。先代の5.7LのV8ユニットを上回る、最大出力389hpと最大トルク66.3kgmを発揮。

3M7A6516

3M7A6558

3M7A6552

3M7A6533

3M7A6560

インパネ中央には8インチのタッチスクリーンをインストール。Apple CarPlayとAndroidAutoを搭載しているため、スマホを繋げば、Googleナビやハンズフリーフォン、AppleMusicなどの音楽アプリなども楽しむことができる。

速度、回転、油温、燃料、電圧はアナログ指示となるメーター。中央には4.2インチのマルチインフォメーションディスプレーが収まる。シフトの後方には2H、4H、4Lの切り替えスイッチと、エコ、ノーマル、スポーツから選択できるドライブモードのセレクタが付く。

3M7A6537

3M7A6540

シートは前後とも明るめのカラーのファブリックトリムを採用。シートサイドにはハニカムデザインをあしらった凝ったデザインのシートだ。リアシートは座面を持ち上げて広い収納スペースを作り出すことができるフォールデン式を採用している。


タンドラ新旧モデルを検証。フルモデルチェンジでイメージを一新!!

【オーバーランドスタイル×タンドラ】タンドラ専門店「コロンブス」も注目する


contact-or500


COLUMBUS AUTO CENTE

TEL:042-332-0035
HP:https://www.columbus-japan.com/


PHOTO:清野央
TEXT:マーク清原

アメ車マガジン 2022年 5月号掲載


関連記事

  1. 2005 FORD F-350 SUPER DUTY LARIAT DUALLY トラックのなかのトラック!フォードF350スーパーデューティ
  2. DSC_6328 圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラ…
  3. DSC_5228 フルサイズに引けを取らない ミッドサイズピックアップ GMCキャ…
  4. CHEVROLET EL CAMINO、シボレーエルカミーノ 16年かけてレストモッドを実施中、まだまだ進化させ究極の1台を目…
  5. DRUGSTAR 1967 Chevrolet El Camino ドラッグ用に徹底的にカスタマイズを施したエルカミーノ
  6. 2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ ベッドにバイクを積載、さらにジェットまで牽引する圧巻のF‐350…
  7. 2006 SALEEN S281 SC サリーン・S281のデザインに惹かれ、条件に合うモデルを10年間…
  8. 1978 Dodge D100 Warlock ダッジD100ワーロックは知る人ぞ知るニッチな存在

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×