SUV

「こう使いたい」に全力で応えるハンズカーズ・スタイル /フォードE-150 OUTDOOR PKG

フォード E-150 OUTDOOR PKG

フォード E-150 OUTDOOR PKG

FORD E-150 OUTDOOR PKG

キャンピングカーの機能性には惹かれるものの、いかにも“キャンピング”なクルマはカッコ良さから遠く離れたもの。そんな不満を解決するハンズカーズ流カスタムをチェック!

利用シーンを想定した評判のカスタムパッケージをアクティブに使い倒せ!!

エコノラインから続くフォードのEシリーズは、フルサイズの迫力ある外観と広大な室内空間が魅力。こいつをアウトドアで思いっきり使いたいと考えるニーズは根強くあるものの、思い通りにカスタムしようと思っても、パーツの選択肢は少なく、コストが高くなりがちだった。

そこに解決策を提案してくれるのが愛知県北名古屋市のアメ車専門店ハンズカーズだ。同社が提案するモデルの名は「アウトドアパッケージ」で、ホイール、タイヤ、リフトアップといった足回りの基本的なカスタムのみならず、オリジナルのルーフラックとサイドオーニングが備わる。また、室内では簡易テーブルと3列レザーシートが装着されており、これは2~3列目をフルフラットにできるうえ、分割可倒式で荷室スペースを優先した使い方も可能。

ここで特に注目したいのは3列目シートだ。E‐150はもともと3列シートだが、このアウトドアパッケージでは3列目をノーマルよりも後方に配置しており、フル乗車時の快適性を重視している。つまり、純正における「物足りなさ」のようなものを、ハンズカーズが微調整して仕上げてくれたというわけだ。

こうした「実際の使いやすさ」を重視したカスタムパッケージはおよそ半年練られたもので、リリースから好評を続けているという。ユーザー目線のカスタムを展開するハンズカーズの心意気が込められた実車は、ぜひ店頭でチェックしてみてほしい。

フォード E-150 OUTDOOR PKG

フォード E-150 OUTDOOR PKG

ボディ上部には4灯フォグランプを備えたルーフラックを装着済み。このルーフラックはアメリカでオーダーメイドしたオリジナルのもので、現地で装着して輸入することにより、仕入れ価格と販売価格を抑えている。

 

リフトアップに伴ってサイドステップを装着。荷室へのアクセスを助けるためヒッチメンバー部分にもステップが備わる。20インチホイール&マッドタイヤの組合せでアウトドアの雰囲気もバッチリだ。

 

サイドオーニングは手動で展開する軽い構造のもの。E-150車体1台分ぐらいの幅を持つ広大な屋根スペースを確保できる。全席レザーのシートは2~3列目をフルフラットにでき、2列目の前には取り外し可能なテーブルが備わる。3列目シートは通常よりも後ろへ配置しているため、3列目に座っても十分なフットスペースが得られる。

■取材協力:HANDS CARS【ハンズカーズ】
HP:www.hands-cars.com

HANDS CARS、ハンズカーズ

■Text &Photo:加藤山往


関連記事

  1. 2019 フォード レンジャー、2019 FORD RANGER レンジャーラプターは北米市場に設定が無い
  2. 2018 Ford Mustang V8 GT ネオマッスル復活の先鞭をつけた アメリカン・スペシャルティカー …
  3. 1999 Ford SVT Lightning F150をベースにモディファイされた、マッスルトラック「ライトニ…
  4. _N6I1770 アメ車で アソぼう!アメ車と行くアウトドアフィールド
  5. アメマガガール、FORD MUSTANG GT 通勤で活躍するマスタング、安心感が背中をプッシュ
  6. ジープレネゲードトレイルホーク、JEEP RENEGADE TRAILHAWK アメマガガール:MIZUKI コンパスと迷ったけれど決め手はフロントマスク ジープレネゲード …
  7. 01 人生はマスタング一色 フォードマスタング 50 Years ed…
  8. 2019 JEEP WRANGLER SAHARA ノーマル+α程度の、やり過ぎないJLラングラー【ジラード】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×