ビンテージ

これしかない、と自然に感じる極上ピックアップ 1969y Chevrolet C-10 【BAYKER’S】

B0V0009

1969y Chevrolet C-10

_B0V0009

シンプルに伸びたロングボディに、その大半を占める荷台部分。アメリカンピックアップの魅力は、他のどのクルマとも似ていない、独特の存在感にある。しかも美しくレストアされ、街中から遠出までマルチに使える1台ともなれば、なかなか見つけることはできない。

シボレーのフルサイズピックアップトラックには、シルバラードにスイッチするまでC またはK という名称が付けられていた。C は後輪駆動、K は四輪駆動だ。C/K の各シリーズは、1960 年に初代が誕生し、1967 年からは2 代目、1973 年からは3 代目、1988 年からは4 代目というヒストリーを持ち、写真の1 台は2 代目にあたる。

ピックアップトラックは、日本でもかつては国産車に幾つかのモデルがラインナップされていたが、商用車のいかにもトラックといったモデルを除き、いつしかラインナップから消えていった背景がある。そうした意味で一般的な家庭で日常的に使う乗用車としてのピックアップは、やはりアメリカという風土で育まれてきたひとつの文化である。この個性は他ではなかなか真似することができない。つまり、クラシックアメリカンを堪能するなら、これほど打ってつけのクルマはないということだ。 程よくオリジナルを残し、ベイカーズによって万全のコンディションにレストアされた

_B0V0319

信頼性の高いビンテージエアーのエアコンユニットを装着。iPodなどを接続できる1DINデッキや3連メーターも備わっており、現代的なクルマとして使用できる状態に仕上げられている。内装はすべてリフレッシュしており、天井やドア内張りなども美しい状態。ドア内側には内蔵スピーカーを増設している。サイドミラーやアンテナ、バンパーやライトのレンズなど、様々なパーツが新品に取替えられており、高い完成度で整っている。

_B0V0273

前後コイルスプリングに変更されており、ピックアップでありながらも快適な乗り心地。排気系の重要パーツであるヘダースを交換済み、スムーズに吹け上がる

オリジナル350 立方インチのエンジンを丁寧にレストア。評判の高いエーデルブロックのキャブレターを装着しており、スムーズにエンジンが始動する。安心して使えるよう適切なレストアが施されており、普段使いでも遠出でも安心して使える心強さが嬉しい。ボディの状態も良好だ。

■取材協力:BAYKER‘S (http://www.baykers.com/)

■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine


関連記事

  1. 1970 plymouth barracuda'cuda 340、1970 プリマス バラクーダ クーダ340 もっとも完成度の高い70年型「クーダ」大人が乗るに相応しいマッス…
  2. 1975y CHEVROLET C-20、1975y シボレー・C-20 ’75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイル…
  3. DSC_0951 ストレートなボディシルエットのセカンドジェネレーションカマロ
  4. 1973年 シボレー・カマロ、1973y CHEVROLET CAMARO 現地で丁寧にレストアされ直輸入、骨の髄まで美しいカマロZ28
  5. _N6I2152 コルベットがスーパースポーツへと歩む転換期となったのは、このC2…
  6. 1968 PLYMOUTH VALIANT、プリマスヴァリアント 素朴なスタイリングのなんかイイカンジな奴 プリマスヴァリアント
  7. 1972 Plymouth Gold Duster、1972 プリマス ゴールドダスター アーバンシーンにもマッチするジェントルでモダンなクルーザー
  8. 150507_0066 フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰 1964y フォード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP