クーペ

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

本物の輝き

アメリカン・ヴィンテージの輸入から、レストア、メンテナンス、簡単な塗装まで手がけるファクトリーが「マッドネスモータース」。撮影に提供されたのは、超レアなマスタング、’69年モデルのBOSS429!レース用のホモロゲーション取得のため、859台のみを生産、そのうちの貴重な1台だ。

世界のエンスーも垂涎の1台が、日本の、ここマッドネスモータースにある。

1969年、マスタングは初のビッグマイナーチェンジを敢行、前期モデルよりボディはやや大型化し、ファストバックの名称はスポーツルーフに改められた。そのスポーツルーフ仕様に、レース用のホモロゲーションモデルとして設定されたのが「BOSS」シリーズだ。搭載エンジンの違いによりBOSS 302BOSS429の2タイプが設定されていて、今回「マッドネスモータース」が撮影のため用意してくれたのは、BOSS429のほうだ。

1969y FORD MUSTANG BOSS 429、1969y フォードマスタング

エンジンはその車名が示すとおり、429CI(7.0ℓ)を搭載。このエンジンはクライスラーの426HEMIエンジンに対抗したもので、375hpというビンテージ・マスタングの中でも最強のスペックを発揮するものだった。

ちなみにBOSS429は、わずか859台のみが生産された超稀少車。しかしながら撮影車は、エンジンとシャシー型式などがナンバーマッチングした、完全な“本物”。プライスは3000万円をくだらないとか…。

_MG_1657

今回のBOSS429は、アメリカからレストア済みの車両を購入。エンジンとシャシーのナンバーマッチングからしても、確実な「本物」。ほかのマスタングには見られない、このシフトノブ・デザインこそが、BOSS429の証なのである。

一度、すべてをバラバラにしていちから組み直していく。そこにあるのはお客様の想い

代表の井上忠行さんご自身、アメリカン・ヴィンテージが大好きで、数台を所有しているという。メカニック歴は16年、「マッドネスモータース」はそんなわけだから、必然的に取り扱う車種もヴィンテージ中心に。お客様も井上さんの情熱に惚れ込んだ方ばかりだ。営業内容は、本場USからの輸入、レストア、メンテナンスなどなど、多岐に及ぶ。「旧いアメ車だから、こんなもん」とは、絶対に言いたくありません。意外かもしれませんが、この年代のマスタングの部品は、ほぼ揃う。だから、あとはメカニックがきちんと仕事すれば、当時のフィーリングは取り戻せるんです」

マッドネスモータース

かといって、オリジナルにこだわっているというわけでもない。現代の道路事情や環境にマッチした仕様にモディファイすることにも、マッドネスはきちんと応えてくれる。「純正からOEMまで、部品のチョイスはいろいろです。ただ、安い部品も流通していますが、信頼性を重視して選んでほしいと思います」

レストア、そして現代仕様へのモディファイも、作業はベース車両を一度、バラバラにして、1つずつ組み上げていくのだという。手間と時間のかかる作業だ。しかし、それこそがマッドネスのこだわり。「もちろん、作業はお客様のご予算や、納期をメインに考え、そこからよく話し合ってから取りかかります」 こんなにお金が、とか、納期にこんなにかかってるなど、ヴィンテージカーの販売では、必ずそんな話を聞く。それよりも、まずしっかりとコミュニケーションを図ること。それが楽しく、快適なヴィンテージカーライフへのトビラになるのだ。

マッドネスモータース

レストアにしろ、カスタムにしろ、作業はクルマをばらし、1つ1つのパーツを吟味、そこからまた組み上げていくのが基本となっている。

アフターパーツをインストールするにしても、まずはクルマをオリジナルの正常なコンディションに整えてからの方が効果的。キャブ、水まわり、点火系など、現代車の感覚で乗るためのアフターパーツは豊富に揃っている。たとえば点火系なら、ハーネスを換えるだけでもコンディションが上がる場合もあるのだが、それはエンジンそのものが完調であることが前提となるのだ。

フルレストア、パワーステアリングの装着など、ヘビーな作業を得意とするマッドネスモータースだが、そんな重作業と同じく力を注ぐのが塗装作業。クルマをキレイに保つには重要なメニューだ。カラーバランスへのコダワリは相当なものなのだ。

マッドネスモータース

マスタングだけでなく、カマロチャレンジャーなど、ヴィンテージ・スポーツを中心に、レストア、カスタム、そしてメンテナンスを高度な技術で実施。オリジナルをキープするもよし、現代的な快適仕様とするもよし。


マスタング史上最強のBOSS 429、859台にのみ搭載された極めて希少なBOSS 9

マスタング史上もっともスタイリッシュな1969年型

歴代マスタングの中で最もポピュラーなのは、「マッハ1」デビューイヤーとなった69年型


■取材協力:マッドネスモータース
HP:http://madnessmotors.jp/


■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンビンテージvol.01


関連記事

  1. ダッジチャレンジャー、チャレンジャー、CHALLENGER カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ
  2. 2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON、2018 ダッジチャレンジャーSRTデーモン 異次元の840hpを叩き出す最強チャレンジャー 2018 チャレ…
  3. 2012y DODGE CHALLENGER SRT8 ハマーH2から、チャレンジャーSRT8のマニュアル仕様に乗り換え…
  4. 2011 FORD MUSTANG GT500E ELEANOR あの映画のシーンが蘇る“エレノア”さらに過給機を武装して走りも過…
  5. EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R 機能とスタイルを融合させたエアロ【DODGE CHALLENGE…
  6. 1970 Chevrolet C20(1968 Look)、シボレーC20 アメリカはもちろん日本でも「スクエアトラック」がキテる!!!
  7. 2008 FORD MUSTANG GT 思い出のマスタングをやっぱりもう一度手にしたい!
  8. 2016 DODGE CHARGER R/T SCATPACK、2016ダッジチャージャーR/Tスキャットパック 485hpを出力する6.4L V8のチャージャーを堪能せよ!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×