クーペ

初めてのクルマがチャレンジャーまさに“ 挑戦者” だ! 2010y DODGE CHALLENGER【AZZURRE MOTORING】

CA4R0005

チャレンジャーがアメ車業界を侵略開始!!
CHALLENGER襲撃SHUGEKI

CA4R0005

マッスルカーの本流であるチャレンジャーの人気が爆発中!
カスタムバリエーションも増え続け、様々なスタイルが生み出されている。

過去に数多くのチャレンジャーカスタムを生み出すなど、日本のカスタム業界を牽引するアズールモータリングが「期待のオーナー」と称する、オーナーの川嶋さん。なんと10代の頃に初めてのクルマとして選んだのが、この10年型チャレンジャー。最近の若い世代には少ない「熱い魂」を持ったオーナーだ。

OWNER/川嶋奏大さん
チャレンジャー歴2年。撮影の数日前が誕生日とあって、アズールモータリングからサプライズプレゼントとして撮影場所まで呼び出されたのであった。

ストリートで目立つワンランク上のカタチ

10代のときに、しかも初めて所有するクルマにチャレンジャーを選ぶ。クルマ離れが進む最近の若者の中では、ある意味「挑戦者」なオーナーが川嶋さんだ。

その川嶋さんの心意気を大切にしたいアズールモータリングが提案したカスタムは、ショーカーレベルのカスタムではなく、純正の雰囲気を残しながらも、ストリートでワンランク上に行くスタイリング。ホイールは限界の24アップではなく22インチに抑えながら、フォージアートを入れることでセンスの高さを見せつける。フェイスはストラットグリルを装着して変化を与え、カーボンラッピングのストライプがボディ全体を一気に引き締めている。ワンオフマフラーを組み込み「音」による演出も高めているのは、マッスルカーに乗るという面白さをオーナーに感じて欲しいという、アズールモータリングのこだわりの部分だ。

ちなみに、川嶋さんの唯一の後悔は、ベースモデルのグレードが低いところ。2年が経過した今、SRT8の迫力に憧れが収まらないようだ…。

SRT用の前後スポイラーが装着されているが、実はベースモデルはV6モデル。V6モデルを購入したほとんどの人が後悔するようにオーナーの川嶋さんも「SRT8にしておけば…」と語る。フロントスポイラー、リアバンパーはボディとマッチペイントされ、グリルはストラットを装着する。

CA4R0053

大きさよりもハイエンドなホイールを選ぶことが最近のトレンド。人気が右肩上がりのフォージアートの22インチをインストール。

CA4R0085

V6モデルではあるが、ワンオフの4本出しマフラーによって迫力のサウンドを奏でる。

■取材協力:AZZURRE MOTORING   ■http://www.azzurre-motoring.com

■Photo:古閑章郎 Report:相馬一丈


関連記事

  1. 2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY スタッフ自ら愛用するチャレンジャー得意店『プロスピード』
  2. 2017 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT HERITAGE コルベットらしさを継承しつつ、進化を遂げた集大成!
  3. 1975y FORD MUSTANG ⅡGHIA、フォードマスタングⅡGHIA 今やマスタングシリーズの中でもっとも希少なマスタングⅡGHIA
  4. camaro_01_main 新型カマロのデビューすぐにカスタムの理由【ウイングオート】
  5. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  6. 1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ スタイリッシュなアピアランスと マッスルカーに匹敵するポテンシャ…
  7. 1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト サテライトをベースにロードランナークローンとして仕上げたストリー…
  8. 1969y FORD MUSTANG、1969 フォードマスタング オリジナル状態をキープしつつ快適性も確保した最高のマスタング M…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×