クーペ

2010y Dodge Challenger SRT8 オーバーフェンダーとエアサスでワイド&ローなスタイルを強調!【M.S.T オートモーティブ】

RSF_94571

RSF_94571

話題のLBワークス・オーバーフェンダーとエアサスでローダウンした流麗なフォルム。足もとでゴールドに輝くレグザーニ・フォージドホイールがマッシブな雰囲気を強調するM.S.Tオートモーティブのチャレンジャーに注目!

シャンパンゴールドに輝くレクサーニホイール

以前本誌でも大々的に取り上げたリバティーウォークが手掛けるLBワークス・オーバーフェンダーをまとい、エアレックス製エアサスキットでワイド&ローなスタイルを強調したMSTオートモーティブのデモカー。ベース車となった10年型のSRT8をノーマルの状態から作り上げた、同社渾身のチャレンジャーだ。

ノーマル状態の車高だと、若干だが腰高な印象を受けるチャレンジャーを先述したオーバーフェンダーとエアサスによるローダウンで迫力あるルックスと、地面ギリギリまで迫るフォルムで魅せる。その存在感は、ぜひ実車を見て体感してもらいたいところ。MSTでは乗り心地とスタイリングを両立させるため、エアレックス製エアサスキットを組み込んだ。12段階の減衰力調整機能も備わっていて、従来のエアサスの乗り心地を一新させてくれる乗り心地だ。

足もとにはワイド化されたオーバーフェンダーに対応すべく、深リム幅が特徴のレクザーニ・フォージドホイールをチョイス。後輪ホイールのリム幅は150㎜にも及び、フロントで約60㎜、リアに至っては約80㎜ワイドとなるオーバーフェンダーに対応するホイールは限られており、鍛造のレクザーニ・フォージド20インチをMSTではセレクトした。

なお、デモカーは現在、588万円(本体価格)で絶賛販売中とのこと。カスタム内容を考慮すれば、かなりお買い得な1台といえるので注目だ。

エアサスでローダウンした状態は、ドア下部のステップが地面スレスレにまで下がってくる。フェンダーとタイヤハウスの重なり具合も絶妙で、妖艶なルックスを演出している。

RSF_9379

今回のモデルはフロントリップはSRT純正のままだが、LBワークスのフロントリップも発売中。パーツの使い分けによって雰囲気は変わる。

RSF_9346

後方から見たフェンダーとタイヤ&ホイールの出し幅は実に魅力的。リアオーバーフェンダーは80mmワイドで、今までにない存在感あるスタイルに。

RSF_9347

オーバーフェンダーとともにLBワークス製のダックテールを装着。切れ上がったスポーティーなリア周りを作り出している。

足もとを固めるレグザーニ・フォージド。サイズはフロントが「20×11J」、リア「20×12J」。なおカラーリングは24金メッキをペイントで再現。

RSF_9426

アメ車の後ろ姿を引き立てる、コルサ・マフラーエンド。マッシブなチャレンジャーに良く似合う、スクエア形状のテールエンドが特徴。

12段階の減衰力調整が備わるエアレックス製のエアサス。リモコンには四輪それぞれの空気圧状態が常に反映される人気アイテムだ。

■取材協力:M.S.T オートモーティブ (www.mst-automotive.com)

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. 2018 CHALLENGER SXT、2015 CHALLENGER SRT8 良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境
  2. 1970 Challenger ド派手すぎる旧型チャレンジャー!これぞ魅惑のストリートマシンスタ…
  3. 2015 DODGE CHALLENGER R/T マスタングからB5ブルーのチャレンジャーへ乗り換えを決断
  4. 2010 CHEVROLET CAMARO SS RS ウイングオートならではの姿勢で新たな門出を祝う納車式を開催
  5. CHEVROLET CAMARO カマロの“ プロ” によって、本当に自慢できる姿へ変貌
  6. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  7. DSC_2112 DODGE MAGNUM RT × SAVINI WHEELS【…
  8. WORK EMOTION CR 3P × EDGE CUSTOMS CHALLENGER S-LINE 【ワークエモーションCR 3P】カスタムの求道者なら3 ピース以…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×