セダン

フラッグシップセダンのネーミングとして「コンチネンタル」が復活!! 2017 Lincoln Continental

2017 Lincoln Continental

2017 Lincoln Continental

リンカーン伝統のネーミングが帰ってきた。14年ぶりに「コンチネンタル」がフラッグシップセダンのラインナップに戻ったのである。中味はもちろん最新の最高級車にふさわしいものになっている。MKXに続いて秋には発売予定だ。

最上の空間と最上の走りを実現した新フラッグシップ

2017 Lincoln Continental

「コンチネンタル」という名前には特別な意味がある。
リンカーンブランドにコンチネンタルという名前のクルマが追加されたのは1940年モデルでのこと。当時社長を務めていたエドセル・フォードのプライベートカーとしてデザインされたものがコンチネンタルの始まりだった。市販車となったコンチネンタルはV12エンジンを搭載したスペシャルカーで、職人の手によりハンドメイドで組み立てられた。

第二次世界大戦を挟んで1954年、リンカーンの上位ブランドとしてコンチネンタルブランドが創設され、コンチネンタル・マークⅡがリリースされた。コンチネンタルブランドは間もなく廃止され、様々な経緯はあったものの、その後もコンチネンタル自体はリンカーンブランドのフラッグシップモデルとして存続した。

そのコンチネンタルが2002年モデルまでで廃止されて14年、フルサイズセダンとしてのコンチネンタルの復活が正式に発表された。先に発表されていたコンセプトモデルほぼそのままである。発売時期は今年の秋。

フロントマスクは、これまでのリンカーンのアイデンティティであったウインググリルを廃止し、中央にリンカーンスターを配置したメッシュグリルを据えた。グリルメッシュがリンカーンスターの外枠が連なったデザインになっているのも特徴だ。先に発表された新型MKZと同様である。

アウタードアハンドルはEラッチと呼ばれる窓枠下端から突き出た掛け金となった。この下側のボタンスイッチを押すとドアが開くのだという。人が近づくとライトアップして迎えるセンサーも装備されている。

今回コンチネンタルのために用意されたのが「パーフェクト・ポジション・シート」。これはなんと30ウェイの調整機構を持ったシートで、座る人の体に合わせてピッタリと調整可能となる。これはプライベートジェットやハイエンドオフィスにヒントを得たもの。
搭載エンジンは新開発の3・0ℓV6エコブーストのツインターボで、テストでは400hp/400lb︲ft(55・3㎏︲m)を発揮したという。駆動方式は、ダイナミック・トルクベクタリング機構を備えたAWDを選ぶことも可能。また、リンカーン・ドライブ・コントロールなどの制御システムなども合わせて、最上の快適な走行を楽しむことができる

1940 Lincoln Continental coupe (neg 130692-001).

1940コンチネンタル・クーペ

1956 Lincoln Mark II

1956コンチネンタル・マークⅡ

1961 Lincoln Continental Fordor Hardtop (neg C1045-010).

1961コンチネンタル・4ドア

1979 Lincoln Continental Mark V (neg CN26009-056).

1979コンチネンタル・マークV

1997 Lincoln Continental (neg CN325011-102).

1997コンチネンタル

web

http://www.lincoln.com


関連記事

  1. 01_GC_Main2_opt カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】…
  2. DSC_1899 彼女の愛車はクール&スタイリッシュな漆黒のチャージャー…
  3. 2019 キャデラックCTS、2019 CADILLAC CTS 上質、かつ流麗なプレミアムセダン 2019 CADILLAC C…
  4. クライスラー300LTD、ダッジチャージャーSXT、カーズスパーク カーズスパークはアメ車の品ぞろえが豊富なカーショップ
  5. 2007 キャデラック DTS、アメマガガール 「キャデちゃん」を手に入れて、ブランドのファンに染まる
  6. 2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー チャージャーを選んだ理由は「周りにクーペが多いから被りたくない」…
  7. CA4R0031 日本でもっとも300Cを愛するアメ車女子 進化への情熱は止まらな…
  8. _B0V5903 大人のカスタムでジェントルに乗る!クライスラー300C【メタルク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×