クーペ

初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/A 392」

IMG_0712

ACCELERATING
DODGE CHALLENGER
進化&人気が加速するチャレンジャー!

ダッジ・チャレンジャーはトランザムレース参戦を前提として1970年に新設計で投入されたスペシャルモデルである。三重県に店を構えるバーニーズでは、ホモロゲモデルとしてラインナップされたチャレンジャーのルーツに直結した「T/A」の2018年版の「T/A 392」を投入。その渋いアピアランスとスペックを紹介することにしよう。

2018 CHALLENGER T/A 392

IMG_0712

初代「T/A」のイメージを踏襲した新型「T/A 392」

創業54年を誇る三重県内では唯一のGM認定サービス工場である「バーニーズ」では、アメ車のあらゆるモデルに対応。車両販売においても同様で、ストックにない、または、そもそも日本に輸入されていないモデルであっても、オーダーでアメリカより輸入してくれるのだ。今回紹介する、この「チャレンジャーT/A 392」も、ユーザーの依頼によりバーニーズが輸入したものだ。 2017年モデルより新グレードとしてGTと共に追加された「T/A」は、チャレンジャー誕生に深く関わる重要なモデル。チャレンジャーはそもそも、Trans‐Am(トランザム)レース参戦モデルとして1970年に新設計で投入されたダッジ初のポニーカーだ。プリマスのバラクーダとはEボディを共有する兄弟車の関係ながら、ホイールベースなども異なる。 T/AはSCCAが主催するトランザムレース参戦車として、70年型にだけラインナップされた。ホモロゲーション取得規定台数の2500台(出荷数は2399台)が市販されたスペシャルモデル。ファイバーグラス製フード、前後スポイラー、サイドマフラー、6バレル・キャブレター、クイックレシオのステアリングギアボックスなど、専用パーツとMOPARらしいインパクトのある独自のカラースキムで武装。この2018年型「T/A 392」は、そんな初代T/Aのキャラクターを色濃く反映したモデルなのである。

初代チャレンジャーを彷彿とさせる
ハイインパクトカラーがクール過ぎる!

往年のMOPARの雰囲気を絶妙に再現

マイナーチェンジを受けた2015年以降にラインナップされている現行モデルには、様々なグレードが存在するが、「T/A 392」は、AWDのGTと共に2017年より投入(復帰)された往年のスタイルを色濃く反映したMOPARマッスルを象徴するパッケージである。初代のT/Aはホモロゲモデルだが、現行のT/Aは初代のキャラクターを復活させたトリビュート的なアプローチとあって、搭載エンジンや仕様はトランザムレースの規格とは関係なく、5.7ℓHEMIを搭載するR/Tベースと、ここで紹介する6.4ℓの392HEMIを搭載する 「R/T SCAT PACK」ベースとの2ライン。 目を引くサイドストライプは初代のデザインを採用。ブラックアウトされたフードやリアスポイラーも、初代T/A同様に専用デザインによる軽量な樹脂製を装備している。軽量化フードの装着に伴って、専用のダンパーと、MOPARのMマークが刻まれたフードピンが備わっている。さらにブレンボ製6ピストンブレーキや、ビルシュタイン製サスペンションなどで足回りを強化。 モデルのキャラクターに見合う高いスペックも魅力だが、何はなくとも、往年のMOPARマッスルを象徴する「ハイインパクトカラー」が採用されたT/Aのカラースキムのカッコ良さは格別!

R/T SCAT PACKベースとなるT/Aでは、最高出力485hpを発生する6.4ℓの392HEMIを搭載する。トランスミッショッンは8速AT。マニュアルモードでは、ステアリング・パドルシフトによってスポーツ走行が楽しめる。

シートはT/Aの文字が刺繍で入る専用アイテム。アルミニウムインテリアベゼルやホワイトメーターは、T/Aでは標準装備。内装はブラックで統一。

初代T/Aのカラースキムを採用しつつ、デッキリッドもサテンブラックで統一。専用の軽量な樹脂製フードの先端には、MOPARのMマークが刻まれるフードピンを装備。ヘッドライトの内側2つは、リングタイプを採用し、エアインテークとして機能する。車体色は往年のMOPARマッスルにラインアップされていた“Go Mango”だ。

ブラックアウトされた純正ホイールは軽量なアルミ鍛造製。20インチ直径×9.5インチ幅。タイヤはピレリ製Pゼロ(275/40ZR20)。ブレーキは前後共にブレンボ製(F:6ピストン/R:4ピストン)。アンチスピンディファレンシャル、ハイパフォーマンスサスペンション&ビルシュタインショックを装備。

IMG_9615

Contact:BERNESE
TEL. 059-227-6365
URL. http://bernese.co.jp/

撮影&原稿◆石橋秀樹

アメ車マガジン 2018年 8月号掲載


関連記事

  1. 2013y CHEVROLET CAMARO Hot Wheels EDITION ホットウィールと、シボレーがコラボしたモデル。カマロ・ホットウィ…
  2. 2014 FORD MUSTANG ボディとレンズのカタチで、6代目後期型マスタングにロックオン
  3. 2014 シボレーコルベット フォルテスタイル C3のコークボトルボディを想起させる、グラマラスなフォルテC7ワ…
  4. 1968 CHEVROLET CAMARO RAT STYLE、シボレーカマロ ラットスタイル クルマは走ってナンボ! 走れるカマロが欲しいなら東海カーズへ行け…
  5. 2018 DODGE CHALLENGER SET HELLCAT ステップアップするオーナー続出中、チャレンジャーの大本命!
  6. 1978 ダッジ D100 ユーティーライン ラムの先祖であるDシリーズ、70’sなカラースキムも…
  7. 1970 Plymouth Hemi ‘Cuda、1970 プリマス バラクーダ クーダ 圧倒的なポテンシャルを誇るバラクーダ「クーダ」
  8. 1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム 映画の劇中車として人気に火が付いたイーグルマスクのファイーバード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×