アメマガガールズ

男子にも負けたくないから,最先端カスタムを取り入れる!【アズールモータリング】

239

とことんモダンマッスルと戯れる!!
AMERICAN MODERN MUSCLE CARS
2016 CHEVROLET CAMARO RS
パーツはアメリカから自分で探し出す!

カスタムで世界進出も果たす愛知県のアズールモータリング。そんな同ショップが「凄い気合の入ったオーナーがいる」とまで言わしめるのが、16年型カマロに乗るまゆみんさんだ。「男子にも負けたくない」と言うカスタム熱は、とにかく熱過ぎる!

2016 CHEVROLET CAMARO RS

121

初めてのアメ車となる2016年型カマロ・RSを購入したまゆみんさん。何となくカッコイイクルマを探していて、目に留まったのがカマロだったとか(笑)。当初からカスタムをする予定で、ノーマル状態から1年も経たない期間でこの仕様に変更させるなど、カスタム熱は高い。

239

可愛いより、カッコイイと言われたい

37

「クルマは単なる移動手段。カスタムなんて必要ない」。そんな声が大きくなりつつあるなかで、この16年型カマロの攻めのスタイルを作り上げるとは、オーナーのカスタム熱の高さが伺える。そして驚くべきことにオーナーは、イケイケの男子でもなく、会社経営のオジサマでもない。まゆみんさんという女性なのだ。車両を担当したのは愛知県のアズールモータリング。ZERO DESIGNやSKYフォージドなどで世界進出も果たす、日本を代表するカスタムショップだ。そんな同ショップが「最近では珍しい骨のあるオーナーですね。大体カスタム案は僕らが提案してその通りに行なうオーナーさんが多いんですが、今回は彼女が主導。ボディパーツも彼女が探したものです」と言うように、ショップが率先してカスタムを進めたのではなく、彼女自身がカスタムを求めて行なったのだ。「自分のクルマだし、自分の好きなように変えたかったんです。でもカスタムは初めてだったし、プロの意見を聞きたくて、カスタムでは日本で一番だと思っていたアズールさんにお邪魔しました」と、まゆみんさん。大きく盛り上がったボンネットやエアロは、アメリカSEMA SHOWのウェブをくまなく検索して見付けたANDERSON製。それをレッドカラーのリアルカーボンにするのも、SEMAに登場していたやり方を導入。ホイールはSKY FORGED・S209のF24×9J、R24×10J。ブレーキはCSDのビッグ6ポット&400mmローターの組み合わせ。エアサスはエアフォース。マフラーはワンオフタイプ。装着するこれらパーツのブランドチョイスも、もちろんまゆみんさんが決めたものだ。「パーツの細かいセッティングとかはアズールさんにお任せしたんですけど、やっぱりプロって凄いですね(笑)。思ってた以上に仕上げていただきました」。インテリアもこだわりで、ブラック&レッドのコンビレザーに張り替え、オーディオもJLオーディオ&ブルームーンでまとめ、それらシステムがトランクに鎮座する。購入から1年未満という期間でここまで仕上げたが、彼女的にはまだ未完成。トランクスポイラーも変更してレッドカーボンにしたいなど、まだまだやりたい事があるようだ。まゆみんさんは、とにかくカスタムでは「女性だから…と言われたくない。男子にも負けないカスタムにしたいんです。可愛いと言われるより、カッコイイっていわれたいかな」と言う。世界のアズールも舌を巻く、まゆみんさんのカスタム熱。男子諸君、これに負けじとカスタム熱を奮い立たせてみようじゃないか!

140

インテリアやオーディオも、まゆみんさんの大きなこだわり。シートはブラック&レッドのコンビレザーに張り替え、オーディオはJLオーディオのアンプ&ブルームーンスピーカーでまとめトランクに設置。イルミネーションも取り入れている。

まゆみんさんがSEMA SHOWのウェブを見て、装着しようと決めたのがANDERSONのボンネットと前後スポイラー&サイドエアロ。それをリアルカーボンに変更してレッド塗装。マフラーはワンオフとなる。大きく盛り上がったボンネットのスクープはかなりの迫力。ただ「前が見えにくい…」と苦笑い。慣れれば問題なくなるかも?

ホイールはアズールモータリングオリジナルの、SKY FORGED・S209のF24×9J、R24×10J。ブレーキはCSDのビッグ6ポットキャリパーに400mmローターをフロントに装着する。エアサスはエアフォース。

57
171

■Thanks:AZZURRE MOTORING
tel.0562-95-0678
http://azzurre-motoring.com

■Photo:古閑章郎 ■Text:相馬一丈

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. DSC_0435 彼女の笑顔とタフガイなGMCユーコンXLデナリは、まさに最強コラ…
  2. RSF_4598 アメリカを代表するスポーツカーといったら「コルベット」。
  3. 000 家族の理解は得られなくとも我が道を行く シボレーアストロ / サ…
  4. 2020 CHEVROLET CORVETTE C8 これまでのモデルとは一線を画す大進化を遂げたC8コルベット
  5. DSC_2576 アクティブな私にピッタリのラムバン。納車した翌日には九州までトリ…
  6. 2019 CHEVROLET BLAZER RS、2019 シボレーブレイザーRS カマロ譲りのディテールで、スポーティ感が際立つブレイザー
  7. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  8. DSC_1843 現在はランエボとマスタングを2台所有する筋金入りのクルマ道楽。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×