クーペ

キチンと調教されたように見えつつ、アクセルという鞭で野性が目覚める 2015y フォード マスタング

_N6I2452

2015y FORD MUSTANG

_N6I2452

本当にアクセルを踏み込めるマッスルカー造りに定評のある、広島のカーボックス。V8の潜在能力をフルに引き出し、スポーティというよりもむしろ、戦闘機的なマスタングを紹介しよう。

見せるためでなく走るために車高調を選ぶ!

マッスルカーの醍醐味を味わいたいなら、やはり大排気量エンジンは不可欠。そうは言っても税金が…とか、見た目はエコブーストとほとんど変わらないし…と思う人は多いだろう。だが、V8の産み出すトルクフルな走りは非常に快適で、大人しくクルーズすることもできるが、その気になればいつでも前に出られるので、ゆとりのある大人な走り方ができる。そうは言っても、せっかくのマスタング。その野性味も体感したいと思う人がほとんど。カーボックスの山西社長もその1人で、見た目のローダウンではなく、一般道からサーキットまで幅広いシチュエーションで走れるように、BCレーシングの車高調をセット。ジェントルに街を流す際の乗り心地は快適だが、それでいて中速域からの強烈な加速もしっかり受け止め、グイグイと前へ進む。その強烈なGと安定感を体感すると、「これぞマッスルカー!」と思わず笑みが溢れてしまうほどだ。エクステリアは、CERVINISのエアロキットを中心にボリュームアップ。さらにカーボックスのオリジナルスプリッターを追加することで、どう猛さもにじみ出ている。また、ブラックにグレーを加えることで、レーシーと言うよりもファイターのような独特なオーラを醸し出している。今後はボーテックのスーパーチャージャー装着や、リヤブレーキをウィルウッドへの変更を検討中とか。トータルバランスを考慮しつつ、マスタングの本性をまだまだ追求してゆくそうだ。

_N6I2411

フロント周りからボンネットやサイドへと、流れるようなラインを作り上げるCERVINISのキット。サイド出しマフラーとのセット装着を前提としたスカート形状は、今までにない独創的なスタイル。とはいえ、今後ワンオフのマフラーに変更を予定しているという。

 

_N6I2395

バネ下重量を軽減し、運動性能を向上させるためにHREのFF01をチョイス。メタリックオレンジはカーボックスのオリジナルカラーで、NITTO NT555G2をセット。タイヤステッカーで個性も追求する。

_N6I2519

フロントマスクだけでなく、リヤビューも圧倒的な存在感を放つ。一目見たら忘れられないほどで、間違っても追いかけようとは思わないだろう。リヤ&サイドウインドウには、往年のマッスルを彷彿とさせるルーバーを追加するが、視認性も決して悪くない。

 

基本的にはノーマルのままでスッキリとしたインテリア。シフトノブをレッドに交換し、さりげなくスターターボタンをSHELBY GT350の物に変更。コアなマスタングオーナーなら気がつくかも?

Produced ◆ CARBOX
HP ◆ http://www.bs-carbox.jp

撮影◆浅井岳男
原稿◆空野稜

アメ車マガジン 2018年 8月号掲載


関連記事

  1. 1991 FORD BRONCO ブロンコの第4世代は今が狙い時!
  2. 2013 CHEVROLET CORVETTE ZR1 C6コルベットばかりを3台乗り継いだ、生粋のC6フリークに迫る
  3. 1980 FORD BRONCO 大きなアメ車が大好き!ブロンコは乗っていて楽しいの!
  4. 1971 DODGE CHALLENGER よりインパクトのあるスタイルの71年型チャレンジャー
  5. 1969 Ford Mustang Boss 429、1969 フォード マスタング Boss 429 マスタング史上最強のBOSS 429、859台にのみ搭載された極…
  6. 2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス マスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。…
  7. 2014 シボレーコルベット フォルテスタイル C3のコークボトルボディを想起させる、グラマラスなフォルテC7ワ…
  8. 1973 Pontiac Firebird Trans Am、1973 ポンティアック ファイアーバードトランザム ファイヤーバードのトップグレードがトランザムだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×