クーペ

手頃になった今こそ手に入れたい第5世代マスタング

IMG_0921

王道のV8搭載モデルか
エコノミーなV6かどちらを選ぶ?

FORD MUSTANG FIFTH GENERATION

スポーツモデルとしてのポテンシャルやコストパフォーマンスとのバランスに優れたフォード・マスタング。中でも第5世代中期型マスタングの魅力が今こそ際立つ!今回はSPORT名古屋アメ車専門店がオススメするV6とV8のフィフス・マスタングを紹介しよう。

ユーズドカーを含めて現行モデルのアメ車においては、何はなくとも日本ではSUV系が主流となっている。多様な使用目的や、幅広いニーズに対応できる万能性はもちろんのこと、日本車にはない存在感やステイタスが得られ、高い人気を誇っている。それと同時に、コルベットを筆頭に、各メイクスよりカマロ、チャレンジャー、マスタングなど、日本車ではラインナップの少ないスポーツモデルが充実しているのもアメ車の魅力だろう。中でもチャレンジャーの人気が以前にも増して高まっているだけに、街中やイベントなどでもチャレンジャーが目立っている。往年のデザインを落とし込んだレトロモダンなアプローチという点でも共通するカマロやマスタングと比べて、初代のイメージが色濃く反映されている点で魅力が高い。知名度ではナンバー1のマスタングは、現行第6世代のスタイリングが往年のデザインから少し離れたことや、フォード正規ディーラーの撤退などネガティブな要素もあり、新車の流通はスローだ。そんな中、第5世代中期の魅力が際立っている。スタイリング、ポテンシャル共にバランスが取れており、中古市場でのバリューも手頃となった今こそカジュアルに付き合えていいのだ! そこで、大量のストックを誇る「SPORT名古屋」の特選車の中から、王道のV8とエコノミーなV6ながらグラスルーフ車とで、異なる黒い2台のマスタングを紹介しよう。

IMG_0921

V8 or V6 which will you choose?

2012 FORD MUSTANG V6 Coupe PREMIUM THE BLACK

IMG_0997

経済性に優れた軽快な「V6」

スポーティな印象が強調されるブラックで統一された内外装は、特別仕様の「Mustang THE BLACK」ならでは。通常ならブラック内装であっても、ドアパネルの一部などにサドルブラウンが配色されるが、特別仕様車では、全てがブラックとなる。また、ルーフも特別仕様ならではのグラスルーフなのがポイント。内外装が全てブラックなので、着座した時の開放感は、全く別のクルマといえるほど違う。紫外線、赤外線ともに、90%以上カットする。この特別仕様車は、V6クーペ(20台)、V8クーペ(15台)合わせて35台の限定でリリースされた(新車時の車両価格は435万円)。

IMG_1033

 

アメ車においてV6車というと、引け目を感じる人もいるかもしれないが、実際のポテンシャルは必要にして充分。V8車よりも軽量なのはもちろん、カマロ、チャレンジャーに比べても特に軽量なマスタングは、軽快なドライバビリティが味わえて楽しいのだ。マフラーがデュアル式なうえ、アップグレードされていることで、V型エンジン特有の息づかいの荒いエンジンサウンドを奏でる。

2012 FORD MUSTANG V8 Coupe 5.0 GT PREMIUM

IMG_0925

充実装備とハイパワーな「V8」何はなくとも「V8パワーのスポーツモデルに乗りたい!」という人にはオススメの1台。4.6ℓから5.0ℓに排気量アップされた“コヨーテ”エンジンは、DOHCとなり418hpを発揮する。トランスミッションは5速AT。装着するホイールは、純正品の19インチ。ドライビングポジションを細かく設定できるパワーシートも装備している。センターコントロールパネルには、SDナビを装備し純正のように違和感なく設置。フルセグTV、DVD、ミュージックサーバーやブルートゥース等、充実機能。バックミラーには、内蔵型のフルカラーモニターを装備。充実した装備も魅力的だが、全体的にコンディションが良いのが高ポイントな個体。

IMG_0963

 

DOHC化され5.0ℓとなったV8エンジンは、「Ti-VCT」と呼ばれる吸排気独立制御の可変バルブタイミング機構を採用することで、従来型に比べて99hpアップの418hpを発生する。滑らかでシルキーなフィーリングも、力強いトルク感も、どの領域でもレスポンス良く発揮してくれる。エンジンのパワーアップに伴って、スタビライザー径が拡大され、ストラットタワーバーも強化されているのだ。

SPORT 名古屋アメ車専門店
愛知県尾張旭市渋川町3-2-3
Tel:0561-51-4092
HP http://www.sport-inter.com/

在庫車両は全てアメ車で、マッスルカーからSUVまで幅広いラインアップを誇る。走行距離が明確な正規輸入モデルをメインに取り扱っており、特にフォード・マスタングとJeepブランド車に力を入れている。モダンマッスル&SUVファンは絶対に注目すべきプロショップなのだ。

 

SPORT 名古屋スタッフからのインフォメーション

Sport 名古屋のムーミンこと廣瀬です。私の名古屋のオススメスポットを紹介します。今回は「マスタングでお出掛けこのお店!」。オススメは名古屋市中区丸の内にあります「レイヤーズ」です。手作りの拘りハンバーグを是非食して下さい! お休みにアメ車に乗ってブランチを求めてドライブなんて最高ですよね。次回の裏話もお楽しみに!

PHOTO & REPORT ■石橋秀樹

アメ車マガジン 2018年 8月号掲載


関連記事

  1. 0S7A9635_opt マーキュリーが放ったマスタングの姉妹車クーガー【オートレイド】
  2. 2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス マスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。…
  3. 2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ ベッドにバイクを積載、さらにジェットまで牽引する圧巻のF‐350…
  4. 1989 CHEVROLET CAMARO RS、1989 シボレー カマロRS 入手困難になりつつあるサード・カマロ ミントコンディションの美し…
  5. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  6. Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WD エコブースト2.3ℓのハイスペックダウンサイジングを組み合わせた…
  7. FORD MUSTANG GT Fastback、フォードマスタングGT ファストバック 若くしてマスタングを乗りこなす彼に、愛車の魅力を聞いた。
  8. _N6I2959 ラプターであってラプターに非ず! 猛禽類を恐竜クラスにアップデー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP