クーペ

チャレンジャー・デーモンのカスタムを担当するラグジが選んだホイールはMEISTER M1R

ラグジ、チャレンジャー、ワークマイスターM1R

ラグジ、チャレンジャー、ワークマイスターM1RWORK × LUXZ 2018 CHALLENGER SRT DEMON

日本のチャレンジャーカスタムをリードし、世界進出も果たすラグジ。日本最速となるチャレンジャー・デーモンを導入させ、いち早くカスタムに着手。厳選されたパーツを選ぶにあたり、真っ先に選んだホイールが、世界最高グレードのプロダクツを世に送り出してきたWORKだ。世界を狙うラグジとWORKのカスタムプロジェクトが発動!


ダッジチャレンジャーSRTデーモンは異次元の840hpを叩き出す


最強モデルのカスタムに選ばれしホイール WORK MEISTER M1R

アメリカから発信されたカスタムスタイルである、ラグジュアリー、サウススタイル。その特徴である大口径ホイールの装着は、24、26インチと、年を追うごとにインチ数は拡大し、30インチオーバーというモデルまで登場してきた。しかしここ最近では、走りを純粋に楽しむことを前提にしてカスタムを行なうアメ車オーナーが増加。その代表車種が、ダッジ・チャレンジャーだ。

チャレンジャーSRTデーモン、WORKマイスターM1R

走りを重要視するだけに装着するホイール選びも重要で、デザインはもちろんながら軽量・高剛性という優れた特徴があるモデルが選ばれる。そして今、多くのユーザーから支持されているホイールが、メイド・イン・ジャパンの高い品質を誇る「WORK」だ。そのなかでも、伝統あるブランド「MEISTER(マイスター)」シリーズの「S1R」と「M1R」の2モデルが、デザイン&走行性能に優れたモデルとして大注目となっている。

時代に流されない普遍的なデザインを受け継ぎ、従来品よりさらに軽量化と高剛性化を実現するなど、サーキットやストリート走行で大きなアドバンテージを得ることが可能だ。840hpという桁違いのパワーを叩き出すチャレンジャー・デーモンの、世界最速となるカスタムを担当するラグジが選んだホイールは、MEISTER M1R。


WORK MEISTER M1R【ワークマイスターM1R】

レーシングシーンで培われた普遍的なメッシュデザインは、時代を超えて愛される究極の形。リムエンドをシャープにしたDAG LIP形状を採用し、ノーマルリムよりアドバンテージがあるSTEP RIM形状により剛性強度も向上。従来品よりさらに素材重量を軽量化しているため、スポーツ性能もアップ。さらに9パターンのリムアレンジ、16種類のセミオーダーカラー、幅広い車種に対応する特殊P.C.D.といった、様々なアレンジができるカスタムオーダープランを設定しているので、オンリーワンのホイールを手に入れることも可能だ。より個性を強調できるオプショナルカラー「カラリズム」など、特殊なカラーリングにも対応しているので、そちらも要チェックだ。
ワークマイスターM1R

■ホイール:WORK MEISTER M1R
■サイズ:F20×9.0J-30・R20×12J-20
■タイヤ:NITTO INVO F275/40R/20 ・ R345/25ZR/20
■カラー:ラグジオリジナルペイント


世界最速となるデーモンカスタム始動!

2018年5月に日本第1号となるダッジ・SRTデーモンがラグジにやってきたが、ノーマル状態の期間はわずか1ヶ月。エアフォースの4輪独立エアサスを組み込み、WORK・MEISTER・M1Rの20インチをセット。フロント・サイド・リアアンダーにある樹脂パーツ部分はボディ同色ペイント。グリルにはラグジのカスタムブランドエッジカスタムズのロゴパネルを入れ、フォグランプにはデーモンを象ったライトカバーを設置する。

第1弾の進化形態はここまでだが、2019年のオートサロンに向けてさらなる進化が予定されており、ワイドフェンダーなどワンオフパーツ製作が進行している。ホイールはWORKの新モデルに履き替え、ワイドフェンダーに合わせてフルオーダーで装着するという。

エアフォースの4輪独立エアサス


WORK【ワーク】

TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)


LUXZ【ラグジ】

所在地:岐阜県岐阜市長森本町2-1-4
TEL:058-259-3922
営業時間:9:00 – 19:00
定休日:火曜日

ラグジに関する記事一覧


撮影:古閑章郎
文:相馬一丈
アメ車マガジン 2018年 9月号掲載


関連記事

  1. 憧れの地、ボンネビルにチャレンジした一人の日本人がいた
  2. 1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ 人気のファストバックではなく、マニアックなノッチバックを敢えてチ…
  3. 1970 Pontiac GTO Judge、1970 ポンティアック GTO ジャッジ ポンティアックを代表する名車にして、マッスルカーのアイコンである…
  4. 2006 CHEVROLET CORVETTE Z06 幼稚園から追い続けるコルベット、夢は必ず実現させる
  5. そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも
  6. FORD MUSTANG GT Fastback、フォードマスタングGT ファストバック 若くしてマスタングを乗りこなす彼に、愛車の魅力を聞いた。
  7. チャレンジャー、BLOODY CHALLENGER produced by QUARTT FAB インパクト絶大なチャレンジャー、一度見たら忘れられない存在
  8. ジープラングラーアンリミテッドルビコン、KMC XD137 FMJ JEEPに求められる力強さに加え、華やかさも追求したのがKMC …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×