ビンテージ

映画『アメリカングラフィティー』の劇中車として、世界一有名なデュース・クーペ をオマージュ

IMG_1658

1932 Ford 5 window1932 Ford 5 window

STREET ROD ECSTASY

「アメグラ」の劇中車をオマージュしつつ昇華

映画『アメリカングラフィティー』の劇中車として、世界一有名なデュース・クーペをオマージュしながらも、スタイリング、ポテンシャルの面で、正常進化させた現代版! スーパーチャージャーで武装したV8モーターが露出したルックスは、正にHOT RODを象徴する憧れのスタイル!


ストリートロッドのベース車として、ダントツ人気のデュースこと32年型Ford


30年代のモデルは、とりわけ軽量なため、ストリートロッドとしてアレンジした状態でも1t程度。それだけに、エンジン出力は200hpもあれば、十分な速さを感じられるのがポイント。その点この個体は、スーパーチャージャーで過給するシボレー350に換装されているだけに、トップレベルのマッスルカーを凌ぐ、ホットな体感が味わえる。

しかも、ミッションは4速マニュアルを搭載しており、その体感はATでは得られないほどダイレクトに味わえる。発熱量が多いスーパーチャージャー車なので、渋滞は避けたいが、撮影時も渋滞に見舞われながらも、快調にポテンシャルを発揮していた。

1932 Ford 5 window

日本では、非日常的でマニアックな印象のストリートロッドは、カーショーなどに行かないかぎり、なかなか目にする機会が少ないのが実情。それでも、ストリートロッドそのものが何か分からないという人であっても、映画『アメリカングラフィティー』の劇中車として登場する「グラフィティー・クーペ」は、お馴染みの存在だろう。

それだけに、ダイキャストなどでリリースされたモデルは人気が高く、競争率も高くプレミア価格が付くほど。この個体は、そんなグラフィティー・クーペをイメージして、5ウィンドー・クーペをベースに、かれこれ20年以上前に、日本でアレンジされたもの。

昔からストリートロッドに憧れていた現オーナーが、近年入手したうえで、自身が理想とするスタイルを織り交ぜながら、アップグレードしている。チョップトップ&サイクルタイプにアレンジされたフェンダーによる引き締ったボディは、グラフィティー・クーペ特有のスタイルとして保持しつつも、ストックよりも縦方向に短縮されるラジエター&グリル、はスーパーチャージャーの導入に伴い、熱対策を考慮してストックのスタイルでリメイクしている。

結果として、マッシブなポテンシャルを獲得すると同時に、全体のシルエットは、グラフィティー・クーペ以上にスタイリッシュに纏まっている。劇中でのオーナー、ジョン・ミルナーに思いを馳せながらも、スーパーチャージャーならではのマッシブなV8パワーをマニュアル・ミッションで味わえるという、なんとも贅沢な仕様なのだ! 関東でのイベントに参加するなど、乗って楽しむストリートロッドの奥義を貫くオーナーの心意気が、この個体の魅力を輝かせている!

1932 Ford 5 window

1932 Ford 5 window

1932 Ford 5 window

30年代初頭のモデルでは、ルーフの中央部分はスチールではなく、木材が使用されていたため、レザーシートで化粧されている。

チョップトップによって引き締ったフォルムは、疾走感があるだけでなく、空力に優れるホットロッドではお約束の手法。映画「アメリカングラフィティー」は1962年の設定となっており、キャッチーなイエローの車体色や、クロームしたスチールホイールの装着など、全体的に50’sスタイルとなっている。特徴の1つであるグリルの短縮は採用していないが、むしろ、その方がルックス的バランスは優れている。

エンジンは、定番的なシボレー350を採用し、ルーツタイプのスーパーチャージャーでモディファイ。3連Vベルト式のクラシックなスタイルが、この個体のキャラクターにマッチしている。平均的なハイパフォーマンスV8でも、軽量なデュースクーペではホットな走りが味わえるが、スーパーチャージャーを追加したうえに、マンシー製4速マニュアルの組み合せは、トップレベルのマッスルカーをも凌ぐマッシブな仕様!

IMG_1632

インパネのスチール部分はブラックでペイントし、室内全体にマッチさせている。ゲージ類はクラシカルなスチュワートワーナー製。王道のグランツ製ステアリングも良く似合う。“グラフィティー・クーペ” を意識してシフトハンドルはピストンタイプを採用している。

タイヤは定番のBFグッドリッチをチョイス。サイズはフロントは155/80R15、リアは235/75R15という往年のスタイルならではのセットアップ。フロントサスペンションはオールドスクールなIビームながら、リアはコイルオーバー式にアップグレード。リアエンドはFord9。


Special Thanks ◆ Deuce Factory
Phone ◆ 045-333-4877


Photo & Text ◆ Hideki Ishibashi

アメ車マガジン 2018年 9月号掲載


関連記事

  1. 1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2 希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィン…
  2. 2018y フォード ラウシュステージ1 マスタングエコブースト ハイパフォーマンスブランド「ラウシュ」プロデュースモデルのマスタ…
  3. 1965y フォード マスタング ファストバック GT350H、1965y FORD MUSTANG FASTBACK GT350H フォードマスタングの専門店「ガレージK&M」の2台の6…
  4. 352 お得なV8コンバーマスタング この開放感がたまらない!【ガレージ…
  5. 1969 Chevrolet Camaro、1969 シボレー カマロ スタイリングを含め完成度の高い初代カマロ最終69年型
  6. 1969y CHEVROLET CAMARO 69年型カマロが持つ本来の魅力がフォーカスされた好感の持てる1台…
  7. 2022 FORD F-150 Lightning 【2022 FORD F-150 ライトニング】本格EV化が進む…
  8. 2019/2020 FORD RANGER XLT SuperCrew 4x4 フォードレンジャーはジャストなサイズにアメリカンテイスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×