アメマガガールズ

愛犬優先で選んだエクスプローラーでアメ車デビュー

AM3I0043

フォードエクスプローラー、アメ車女子

FORD EXPLORER

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
#アメ車女子のライフスタイル 02

職場の先輩の強引な勧誘?愛犬優先のSUVを選択

クルマの買い替えを相談した先輩に連れられて向かった先は、アメ車がずらりと並ぶアズールモータリング。本当は国産SUVが欲しかったゆうこさんだが、アメ車を目の前にして心が動くことになる。

セダンが好きだけど愛犬が大きいからSUV

「私1人じゃなく、2人で撮って欲しいんです。あ、人間じゃなく犬ですけど…」。そう語る、ゆうこさんの最愛のパートナーが、ボーダーコリーのアルバだ。これまで所有してきたクルマはずっと国産セダンという大のセダン好きの彼女だが、初めてのSUVにシフトチェンジしたのは「アルバと一緒に乗れる大きなクルマが欲しかった」と、愛犬優先でクルマを選んだのだ。

SUVにしようと決断した際、彼女の中で候補に挙がったのは国産SUV。だがクルマをどこで買えばいいのか悩み、大きなSUVを愛車にしている職場の先輩である「のぞみさん」に相談。するとのぞみさんが「知り合いのお店に連れて行ってあげる♪」と言ってくれて、一緒に訪れたのが愛知県のアズールモータリングだ。しかし、そこに並んでいたクルマは…。「欲しいクルマがお店にあるかと思ったら、全然どこにもないんです(笑)。あるのはアメ車ばかりで…」。そんな困惑するゆうこさんに対し「ね、アメ車買っちゃいなよ」と、ニヤリと笑うのぞみさん。まさに策士。

実はのぞみさんが所有する「大きなSUV」は、同ショップで購入したナビゲーター。国産SUVがお店に無いことは無論承知で、ゆうこさんにアメ車を勧めるためにアズールへやってきたのだ。「やられたって思いましたよ(笑)。でも、目の前で見るアメ車はカッコよかった。そんなに大きくないエクスプローラーなら乗れるかもって、そのまま決めちゃいました」。強引な先輩の行動もありつつも、アメ車デビューを果たしたゆうこさん。広い車内に、きっとアルバも喜んでいるはずだ。

ゆうこさんにアメ車を強引に(?)勧めたのが、ナビゲーターに乗るのぞみさん(写真左)。職場の先輩でもあり、アメマガガール掲載の先輩でもある。「クルマの大きさなんてすぐ慣れる」と、とても頼もしいアドバイスをゆうこさんに送る。

アメ車女子、アメマガガール

カスタムにも少し興味があり、グリルやリアをブラックアウト。ホイールもそのブラックに合わせてジオバンナ・ヴェルディの22インチブラックを装着。ラゲッジルームはアルバのゲージやお散歩グッズが並ぶ。暑いなか、アルバも撮影頑張りました!

AM3I0090

車内のドアポケットすべてに置かれている芳香剤は「ガネーシャ8番」。クルマのみならず、自宅でも使用するほどお気に入り香りなのだ。

フォードエクスプローラー、アメ車女子

OWNER:YUKO


Thanks: AZZURRE MOTORING【アズールモータリング】

TEL:0562-95-0678
HP:http://azzurre-motoring.com


Photo:古閑章郎
Text:相馬一丈

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. ワークエモーションCR 3P、WORK EMOTION CR 3P、立花未来 WORK ホイールの製造現場へ、クオリティの高さを肌で体感
  2. 2012 FORD SUPER DUTY F-250 POWER STROKE TURBO DIESEL、2012 フォード スーパーデューティーF-250 強烈な立体感と幅広感を手に入れられるハニーDのオーバーフェンダー…
  3. FORD MUSTANG GT CALIFORNIA SPECIAL CONVERTIBLE ネイリストとして活動するアメマガガールの愛車はマスタングGTカリ…
  4. 1928 フォード モデルA セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムで魅せる FORD …
  5. リンカーンマークLT、LINCOLN MARK LT、アメマガガール 試乗車で体験してほしい、アメ車は「意外と乗りやすい」
  6. Ford RANCHERO、フォードランチェロ ランチェロを毎日乗り回せる、その秘密とは FORD RANCHE…
  7. 2020 FORD MUSTANG Shelby GT500 キャロル・シェルビーのDNAを感じる、究極マスタング!
  8. AM3I0150 高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×