クーペ

赤い目のヘルキャットは797hp。最強のマッルスカー『レッドアイ』。

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

最強のマッスルカー「レッドアイ」

話題の「ヘルキャット」「デーモン」をラインナップして、日本国内でも人気絶頂のダッヂ・チャレンジャーだが、2018年の後半にリリースされる2019年モデルには、ヘルキャットのパワーアップや新ラインナップの追加など、注目すべき話題が盛りだくさんだ。

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody - fender badge

モダンマッスルカーによるパワーウォーズが繰り広げられる中、現状で頭ひとつ抜け出しているのがダッジ・チャレンジャーだ。言うまでもなくヘルキャットデーモンの成果である。パワーウォーズの頂点に立ったチャレンジャーであるが、2019年モデルでもその歩みを休める気配を見せていない。

2019年モデルでは、ヘルキャットを707hp→717hpとパワーアップ。さらにヘルキャットの上位モデルとして「ヘルキャット・レッドアイ」を新設、こちらは797hpエンジンを搭載しての登場となった。デーモンは2018年モデル限りの限定車だったので、現状では、最強のマッスルカーはこの「レッドアイ」ということになる。

パワーアップしたヘルキャットもヘルキャット・レッドアイも、エンジン自体は6.2ℓ V8 HEMIのスーパーチャージャー付きで、トランスミッションは8AT。ピークパワーの差は、スーパーチャージャー容量、ブースト圧、最大許容エンジン回転数、フューエルポンプの違いなどによるもの。

ヘルキャット・レッドアイの場合、フルスロットル状態を11分間続けると燃料タンクが空になるほど燃料充てん効率が高いという。もちろん通常の高速走行では22mpg(9.35km/ℓ)という燃費性能を持っているので極端な浪費家というわけではない。

これら、チャレンジャー2019年モデルのラインナップがディーラーのショールームに到着するのは2018年の10月以降になる。

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. ラングラー 2ドア ルビコン、Wrangler Rubicon ジープブランドの大黒柱「ラングラー」がモデルチェンジ。新型ラング…
  2. DSC_8443 参加したアメ車ミーティングでダッジチャージャーに一目惚れ! YU…
  3. _N6I5941 インジェクション式の唯一のC3【1982 Chevy C3 Co…
  4. 1969年 シボレー・カマロ ドラッグ専用マシンのCOPOを完全に再現したシボレーカマロ
  5. DSC_6478 マッスルカーのアイコンでもあるシェイカーフードを取り付けた黒いダ…
  6. 2018y フォード ラウシュステージ1 マスタングエコブースト ハイパフォーマンスブランド「ラウシュ」プロデュースモデルのマスタ…
  7. main エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタン…
  8. 12 眠っている能力を開放させて、チャレンジャー本来の走りを体感せよ!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP