ダッジ

白いボディの各部にゴールドの差し色を施したダッジラム。

DSC_3881

ショーカーのようなオンリーワンのラムに

DODGE RAM

とにかく目立つ、迫力満点のラグジースタイルで作り込まれた2005年型ラム。外装だけでなく、足回りからオーディオまでオリジナルのカスタムが施された超ド級のカスタムカーなのだ。ダッジラム

迫力のスタイリングとゴージャスさを両立

白いボディの各部にゴールドの差し色を施したパーツやピンストライプでラグジーな雰囲気を漂わせるラム。オーナーの山野さんはピックアップトラックが好きということで、愛車にこのラムを選んだ。3代目ラムの前期最終型である2005年型をベースにしているのもコダワリなんだとか。購入から約5年が経った現在、このスタイルに仕上がったというが、とにかく細部まで手が加えられていることに驚かされる。カスタムショーなどでの入賞を目指し、迫力あるラグジースタイルに仕上げてきた。ガルウイング化したドアなど目立つ外装だけでなく、ラフカントリーの足回りにもペイントが施され、普段はあまり見えない部分にまでラグジーな雰囲気を追求している。さらにショーカーのような出で立ちに見せているのが、ピックアップトラックの特徴でもある荷台部分。そこには、これでもかと感じさせる複数個のウーハーが搭載されていて腹にまで響くような重低音を奏でるのだ。この荷台部分、ショーカー的な要素と普段使いでの機能性の両方を満たしている点にも注目したい。荷台にはバギーを積むことを考慮し、縞鋼板が敷かれている。積載時の利便性を考慮して、リアのサスペンションにはエアサスが組み込まれていて、載せやすいようになっているのだ。

ダッジラム、DODGE RAM

ラムの特徴でもある大きなフロントグリルは、スポーティなメッシュタイプのグリルに交換されているが、メッシュ地はもちろんゴールドで仕上げられ、ラグジーな雰囲気を主張する。これに合わせてヘッドライトのインナー部分もボディカラーの白色とゴールドで仕上げ、サイドミラーやドアノブなどもゴールドに。クルマ全体にゴールドを差し色として大胆に取り込んでいることで、ラグジュアリーさを盛り上げているのだ。

このラムのカスタムで注目すべき箇所の1つが荷台部分に積まれたウーハー。これでもかというほど多くのウーハーが搭載され、ショーカー的な要素を漂わせている。迫力ある重低音でイベント会場などで自車の存在を大きくアピールしてくれるのに効果的。

DSC_3797

奥行きのあるリム幅に驚かされるホイールは24インチのスペシャリティーフォージドをチョイス。スポーク部分にも、もちろん白×ゴールドの差し色を施す。なおタイヤサイズは305/35R24。

DSC_3825

ラフカントリーのサスキットをベースに、ワンオフで製作された足回り。ここにも白×ゴールドでペイントが施されている。リーフサスも24Kゴールドで仕上げるなど、そのコダワリは半端ない!

車内はインパネ回りにも全面的に手が加えられ、ボディ同色の白色でコーディネート。ピックアップトラックの実用性重視のインパネとはガラリと雰囲気を変え、ショーカーらしさを引き立てた。後部座席にはオーディオ関係の機器を積み、システムを構築している。

■OWNER:山野 初

■PHOTO & TEXT:相場恒弘

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. アメマガを読んでいると、衝撃的なクルマに出会う。それがエルカミー…
  2. Nissan Titan、ニッサンタイタン 特殊塗料LINE-X を用いてタイタンをクールにアピール!
  3. DSC_3209 ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K…
  4. 2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ 赤い目のヘルキャットは797hp。最強のマッルスカー『レッドアイ…
  5. DSC_3977 セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモ…
  6. 2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8 チャレンジャーSRT8をエアサスでもガンガン走れる仕様へ
  7. 198 銘酒・越乃寒梅を作り上げる極意は、伝統と新しい発想を生む“遊び心…
  8. DSC_2507 もっとDEEPに楽しむべく、300Cからチャレンジャーへ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×