SUV

エコブースト2.3ℓのハイスペックダウンサイジングを組み合わせた理想系

Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WD

もっともアメリカンスピリットを踏襲するアメ車 AMERICAN 4×4
タフでパワフルなアメリカン4×4 真の魅力を味わう時は今しかない!!

大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド、たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適、これからがアメリカン4×4最大の長所。まさにアメリカらしい世界観。今一度戯れたいアナタに贈る大特集。

ミニバン感覚で使える万能性と威風堂々の存在感が魅力!

3列シート7人乗りが昨今のSUVではスタンダード。そこにエコブースト2.3ℓのハイスペックダウンサイジングを組み合わせた理想系が、紹介する新型エクスプローラー。

Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WD

Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WD

アメリカン4×4を語る上では欠かせない

1990年にブロンコの後継モデルとして誕生したエクスプローラー。フォードが日本から撤退するまでは正規ディーラーで販売されていただけでなく、国産SUVと同等のボディサイズだったこと、2代目と3代目モデルには右ハンドルがリリースされていたことなどが日本国内でヒットした理由である。

そんなエクスプローラーが革命を起こしたのが2011年のモノコック化である。それと同時にエコブーストが登場したことも特筆物。ラダーフレームの強靭な骨格にV8のパワフルなエンジンフィールがかつてのアメリカン4×4の醍醐味だったが、それらをあっさりと脱ぎ去ってオンロードからオフロードまでをスマートにこなすプレミアムSUVへのドアを開いた瞬間と言って良いだろう。

先陣を切ってモノコック化やダウンサイジングを進めた当時は良くも悪くもさまざまな反響を呼んだが、あれから7年の時を経た現在では硬派な4×4の代名詞でもあるラングラーまでもが2ℓエンジンを搭載するなど、エクスプローラーはある意味4×4の未来を見据えた先駆者だった。

フォード エクスプローラー エコブースト 4WD

フォード エクスプローラー エコブースト 4WD

シャープで先鋭な印象のヘッドライトにはLEDを採用。グリルとの一体感も見事で昨今のトレンドである存在感溢れるフロントマスクとしながらもアメリカンSUVらしさをストックする。

 

ベンチレーテッドディス クのブレーキシステム

ベンチレーテッドディスクのブレーキシステムやモノコックボディにFF駆動の乗り味はもはや別次元。荒々しい走りよりも街乗り重視の設定。

 

新型エコブーストの直4直噴ターボエンジン

2.0ℓから2.3ℓとなった新型エコブーストの直4直噴ターボエンジン。高速では加速時に少々物足りなさのあった旧型に比べ、体感できるレベルで大幅に改善されているのも特筆物。

 

上質な黒革レザーシートを採用

サードシートはラゲッジ横にレイアウトされるボタンをワンプッシュで電動格納するなど嬉しい装備も充実。

セカンドシートを倒せば完全フラットになり広大な積載スペースに。

欧州プレミアムSUVと何ら遜色のない上質な黒革レザーシートを採用する同モデル。サードシートはラゲッジ横にレイアウトされるボタンをワンプッシュで電動格納するなど嬉しい装備も充実。セカンドシートを倒せば完全フラットになり広大な積載スペースに。

最先端システムが惜しみなく導入されるイン テリア。

マルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイに新たに加わった空気圧モニターやMy Ford touchモニター。さらには速度計の左右表示などをステアリングスイッチで多彩に変更できる機能など、最先端システムが惜しみなく導入されるインテリア。

 

デュアルサンルーフにバックカメラ、ナビゲーターなどで採用されたピラーの認証番号なども至れり尽くせりな装備の一つ。贅を尽くした装備がプレミアム感を高める。

Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WDそんなエクスプローラーの新車が元正規ディーラーで、現在もフォードの看板を背負い続けるフォード松阪で販売され続けている。ディーラー撤退で購入を迷っていた人はぜひフォード松阪へ足を運んでみてはいかがだろう。

■問い合わせ先
エフエルシー株式会社 HP:http://www.f-l-c.jp
フォード松阪 TEL:0598-56-5220
フォード岐阜 TEL:058-254-0330
フォード四日市 TEL:059-346-5322

■Photo &Text:石井秋良

アメ車マガジン 2018年 12月号掲載


関連記事

  1. _N6I1178 ジープのスタイルや個性を守りながらも性能や機能が進化した新世代ラ…
  2. ジープラングラーアンリミテッドルビコンハードロック、JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON HARD ROCK 40インチのMTタイヤを装着しても、普通に走れるポテンシャルを実…
  3. _N6I3704 豊富なストックの中から選ぶ喜び SUV買うならSPORT名古屋【…
  4. 1969y FORD MUSTANG、1969y フォードマスタング 本物の輝き。1969y FORD MUSTANG【マッドネスモー…
  5. _HMP8585 カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由
  6. _HMP3469 トラックのなかのトラック!F350スーパーデューティ【ハンズカー…
  7. クライスラー300、シボレーC1500、ジープグランドチェロキー クライスラー300に乗る夫と、シ ボレーC-1500を乗りこなす…
  8. ジープグランドチェロキー、JEEP GRAND CHEROKEE SENS CUSTOM BRAND『BCD』 プレミアムSUV用エアロブランド「BCD」は、派手すぎず、シンプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×