GMC

カジュアルにも使える豪華装備充実のデナリ

GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ

もっともアメリカンスピリットを踏襲するアメ車 AMERICAN 4×4
タフでパワフルなアメリカン4×4 真の魅力を味わう時は今しかない!!

大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド、たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適、これからがアメリカン4×4最大の長所。まさにアメリカらしい世界観。今一度戯れたいアナタに贈る大特集。

スタイルもバツグン装備も充実の使えるSUV

フルサイズSUVの象徴的存在であるユーコンのラグジュアリーバージョンの「デナリ」は、 機動力と快適性を兼備えたGM最強のフルサイズSUVとしてシークレットサービスでも採用される。リンカーン・ナビゲーターと肩を並べるハイエンドモデルながらカジュアルに使えるナイスなフルサイズSUVなのである。

GMC Yukon Denali

GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ

カジュアルにも使える豪華装備充実のデナリ

フルサイズSUVであるシボレー・サバーバン、GMCユーコンは、シボレー・C/Kシリーズなどのフルサイズピックアップトラックとプラットフォームを共有して92年にデビュー。日本でも人気モデルとなっている。98年にリンカーンがナビゲーターをリリースしたことで、GMはユーコンをベースとした豪華版の「デナリ」で対抗した。

ダッシュボードの木目調パネル、革張りの内装、パワーシート、ヒーター付きシート(前後)、ボーズ社製オーディオシステムなど、スタンダードなユーコンにはない豪華なオプションでアップグレードされているのがポイント。外観においても、フロントクリップおよびロッカーパネル部に専用デザインを採用し、ユーコンとの差別化が図られている。

99年からはブランドバリューの高いキャデラックより、デナリのリバッチ車としてエスカレードが導入され、00年のモデルチェンジによるセカンドでは、プラットホームもGMT800に移行。翌01年にはエスカレードもモデルチェンジを受け、独自のデザインが採用され、ユーコンと差別化。

ステイタスという意味ではGMのみならず、世界を代表する高級車ブランドのキャデラックが上手だが、SUVとしてカジュアルに付き合いながらも、豪華装備が充実したデナリのセカンドこそ、現在のバリューならではのお得感も含め魅力が高いといえるだろう。

GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ

GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ

クロームのブルバーや24インチ・リムの装着の他、ドアハンドルはすべて社外のビレット製にアレンジ。光り物のパーツが盛り込まれ、ブラックのボディが際立つ。lexani製24インチ・クロームホイールの装着に合わせて、グランドフォース製サスを導入し、車高スタンスを調整。装着タイヤもlexani製(295/35R24)。

ウッド調パネルはデナリならではの装備だが、この個体は、社外パーツを追加することで、すべてのパネルをウッドで統一している。レザーシートをはじめ、ヘッドライナーまでクリーンにキープされ、年式を感じさせない。サンルーフ、Wエアコン、後席フリップダウンモニターなど充実装備がポイント。

搭載エンジンは、ラインナップ中最大かつ最高出力300hpを誇るVORTEC 6.0ℓ。トランスミッションは4速ATの4L60-E。歴代モデルは全てFR駆動が基本ながら、オプションによって4WDを選ぶことができ、この個体は4WDモデルとなる。

BERNESE【バーニーズ】

ocation:三重県津市藤方530番地
Tel:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp/

三重県内唯一GM認定サービス工場の指定を受けており、陸運局認定工場としても、自社工場にて信頼性の高いサービスを提供する。また、GM車をメインに特選中古車のストックも充実している。販売車両は保証付きなので安心なのだ。

■Photo &Text:石橋秀樹

アメ車マガジン 2018年 12月号掲載


関連記事

  1. 1991 FORD BRONCO ブロンコの第4世代は今が狙い時!
  2. ジープラングラー、JKラングラー どんな場面にも映えるスタイリッシュなラングラー!
  3. Tiger Package type A 2018 ラングラー アンリミテッドの能力を引き出すコンプリート【タイガー…
  4. ブレインストームオリジナルペイント、マッドジガー、エスカレードEXT ブレインストームオリジナルの強靭塗料MAD JIGGER(マッド…
  5. ジープ トレイルホーク ジープの中でも高いオフロード性能を持つトレイルホーク
  6. RAM CHARGER、アメマガガール 日本に数台!? 超マニアックなラムチャージャーに乗るアメ車女子た…
  7. 1985 GMC Sierra Classic 2500 ブルー×シルバーのツートンカラーが、絶妙な雰囲気を醸し出すスクエ…
  8. 1982 AMC JEEP CJ-7 / 1981 CJ-8 Scrambler 人生は楽しくCJと共にそれぞれのオーナーの遊び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×