アメマガガールズ

WORK ホイールの製造現場へ、クオリティの高さを肌で体感

ワークエモーションCR 3P、WORK EMOTION CR 3P、立花未来

チャレンジャーをラグジに託した翌日。場所を大阪に移して、ホイールのサポートを担当してもらうWORKの工場にお邪魔して、製造現場を見学。

立花未来チャレンジャーカスタム計画
MIKI’s DODGE CHALLENGER

CUSTOM PROJECT
Produced by LUXZ / WORK

ワーク、WORK

普段は決して見られないホイール工場内部に潜入

ラグジへチャレンジャーを入庫した足で、その翌日に訪れたのがWORK堺工場。サポートしてくれるWORKのホイールがどの様に生産されているのかを、目で見て肌で感じることは重要なことと捉え、実現した工場見学だ。WORKの工場は大阪と岡山に2拠点ずつあるのだが、今回はリム製作と製品の組立てを担っている堺工場を見学させてもらうことに。ちなみに担当編集が工場見学に訪れたのは、数年前に姉妹誌の取材でトヨタの工場を見学して以来。一方、未来ちゃんはというと「小学生以来かもしれない…」とのこと。いずれにしても久しぶりとなる工場見学にドキドキ。

早速、堺工場の工場長である北野さんに案内してもらいながら製造ラインを拝見すると、まず目に飛び込んできたのが膨大な数の2ピース用のリム。2ピースはリムとディスクを繋いで一体化させることは知っていても、繋ぎ合わせる前の状態をこれほどの数目にすることはまずない。2ピースホイール製造の作業工程としては、まずはエアバルブ用の穴開け→ディスクの加工→リムとディスクの接合→接合部分の強度を高めるための溶接→重量バランス確認→検品→出荷という流れで作業が行なわれている。ちなみに3ピースホイールは、アウターリムとインナーリム、ディスクの3つを固定して組み立てる仕組みだけに、これを堺工場では1本1本手作業にて組み立てを行っており、熟練スタッフたちが丁寧に組み上げていたのが印象的だった。

WORKホイールの製造現場を目に焼き付けたところで、今度は場所を移してさらなるWORKホイールのレクチャーを広告企画課の吉川さんよりしていただく。未来ちゃんのチャレンジャーに装着しようと候補に挙げていたホイールは「マイスターS1R」と「ワークエモーションCR 3P」。マイスターS1Rの構造は2ピースで、ワークエモーションCR 3Pの構造は3ピース。この違いは先ほどの工場見学の際に確認しているとあって、未来ちゃんも違いをしっかりと理解していた。そしてさらなるWORKホイールの特長はというと、リムアレンジ/セミオーダーカラー/特殊PCDをアレンジできるカスタムオーダープランを設定している点。要するに、いかなる要望にも応えてくれるということだ。これができるのも自社で一貫して製造を行なっているWORKだからこその強み。

吉川さんからのレクチャーを受けて未来ちゃんが最終的に下した決断はというと、3ピース構造のワークエモーションCR 3Pだ。

WORKホイールならではの特長は、特殊アルマイト加工による9パターンのリムアレンジ、淡いトーンから重厚感のあるダーク系まで11色から選べるセミオーダーカラー、幅広い車種への装着を可能にした特殊P.C.D.の3つ。これらを軸に様々なリクエストに応えている。

社名及びブランド名が刻まれるセンターキャップはカラーバリエーション豊富に用意されているだけでなく、フラットタイプとハイタイプの2種類から選べる。リムとディスクを繋ぎ合わせるピアスボルトも好みに合わせてカラーを選べるなど、まさにオーダーメイド。

数多くのブランドを展開しているWORKだけに、すでに候補が絞られていたことはある意味助かったかもしれない。全ブランドが対象だったとしたら決めかねるところだ。そして未来ちゃんが最終的に選んだモデルは「ワークエモーションCR3P」。

ワークエモーションCR 3P、WORK EMOTION CR 3P、立花未来

ワークエモーションCR 3P、WORK EMOTION CR 3P

取材協力
★LUXZ http://luxz.jp

★WORK https://www.work-wheels.co.jp

アメ車マガジン 2018年 12月号掲載


関連記事

  1. CHEVROLET CAMARO ZL1、シボレー カマロ ZL1 非の打ちどころがない、ハイパフォーマンスマッスルカーのカマロZL…
  2. 1964 シボレー コルベット C2、1964 CHEVROLET CORVETTE C2 いつかは「コルベット」…そう憧れ続け手にしたC2
  3. 2020 Chevrolet Corvette Stingray 第8世代コルベット「C8」は革新車として新時代を切り拓く
  4. 1965 Buick Riviera、1965 ビュイック リビエラ ずっと憧れていた65年型リヴィエラをネットで発見し、現車を見ずに…
  5. 2012 CHEVROLET CAMARO 日本国内限定16台のみリリースされた学生時代からの憧れのカマロを…
  6. DSC_8479 カスタムするたびに愛車がカッコよくなる クライスラー300C H…
  7. アメマガガール、JEEP GRAND CHEROKEE US仕様のグランドチェロキー・サミットと同じ様に、バンパーを塗装…
  8. 2020 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK [FROSTBITE]、2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK [B5 BLUE] チャレンジャーに新たに採用された“フロストバイト”を同系色の“B…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×